JA1WBY
7: RS232C活用 (データ収集ボード)
MS-DOS時代の資料なので削除(2012-6月)しました。
(スクリーンショット付の見出しのみに致しました。)
基本部と
治具 1

基本部分とI/O CHK 基板
(改造とD/Aコンバータの組み込み。)
基本部分とI/O CHK へ
治具 2
POWER CHK ANALYZER基板
(各種電源の電圧対電流測定。)
Power CHK Analyzerへ
治具 3
AF・SPECTRUM ANALYZER
(各種のFIL特性測定に。)
AF.Spectrum Analyzerへ
治具 4
HF・SPECTRUM ANALYZER
(2〜40Mの測定に。)
HF.Spectrum Analyzerへ
治具 5
DDS・SPECTRUM ANALYZER
(DDS使用リニア目盛:1〜35Mの測定に。)
DDS.Spectrum Analyzerへ
治具 6
ダイオード・簡易カーブトレーサー
(MAX13V 15mA )
Diode CHK Analyzerへ
治具 7
簡易 バッテリーCHKER
(MAX15V 3.0A )
簡易バッテリーCHKERへ
(WEB=非公開)
番外編 
PC9821-LT2のDOSのMENU画面集
(動作中のスクリーンショット )
DOS画面集
(WEB=非公開)
治具 9a
TR・簡易カーブトレーサーの製作
(TR・FET?も測定に。)
TR・簡易カーブトレーサーへ
2006-12-29
治具 9b
周波数特性、入出力特性装置の製作
周波数特性、入出力特性装置へ
2007-02-07 WEB=非公開
Home Page Topへ