JA1WBYの基板の製作記 
No,21 「PIC24FV32KA302 ・・・トラ技付録のマルチメータ基板」
(私にも出来るのか?・・・個別の部品集めと・・・組み立て記)


2017/05/15 1st 製作構想開始
2017/05/16 カタログ検索
2017/05/26 組み立て完
2017/06/01 誤記訂正 随時〜


1)まずは(概要)を・・・・!
*付録にマルチメーター基板がつくと言うので触手が働き・・・が・・
  トラ技のWEBの立ち読みだけではよく判らなかったので6月号を購入してしまった。


原典はここの6月号。CQ出版のホームページ

これは趣味の製作実験記録です。応用には自己責任でお願いします。


1)2017-0516)
・)ではと・・・どんな部品が使ってあるのかな〜・・・とちょっと部品を拾い出して見ました。
 (かなりの・・・あり合わせの部品もあれば、無いものもある・・・・・たぶん これでいいかなと思います。)保障はしませんが。
(抵抗は面倒なのでAll 1/4Wで書き出しました。)



案の定? BNCソケットが抜けていますね。(秋月にあります。C-134 @120.-)

 トラ技・・GET・・PT関連(ADCQ1706A)・・・

2)ではと・・・・・これらの部品は何処で手に入るのかな〜・・・とちょっと部品を検索して見ました。
 保障はしませんが。


1)ここには基板の完成品の販売があります。bit-trade-one@7980.-
2)ここには部品キットの販売もあります。bit-trade-one@6480.-

個別部品・・・?
@ RS-ONLINE 送料450円 8000円以上で送料無料になる。
3)IC1=PIC24FV32K302-I/SP) @396.-
4)IC2=AD8039A @222.-
5)IC3=ZIF 14Pソケット @2670.-
6)IC4=XTL 8MHz TTL_OUT @294.-
7)IC5=MCP3422A0-E/SN @353 2個単位 706.-
8)IC6=MCP1702-3302E/T0 3.3V @59.4- 10個単位 594.-
9)LCD1=SB1602B -----検索しても無い。
10)VR1= 10K ----


A Digi-Key 送料2000円。 6000円以上で送料無料になる。
3)IC1=PIC24FV32K302-I/SP) @-----
4)IC2=AD8039A @392.-
5)IC3=ZIF 14Pソケット @-----
6)IC4=XTL 8MHz @-----
7)IC5=MCP3422A0-E/SN @353.-
8)IC6=MCP1702-3.3V @58.-
9)LCD1=SB1602B @-----検索しても無い。
10)VR1= 10K @-----


B MOUSER 送料2000円 8000円以上で送料無料になる。
3)IC1=PIC24FV32K302-I/SP) @380.-
4)IC2=AD8039A @380.-
5)IC3=ZIF 14Pソケット @-----
6)IC4=XTL 8MHz @-----
7)IC5=MCP3422A0-E/SN @382.-
8)IC6=MCP1702-3.3V @63.-
9)LCD1=SB1602B @-----検索しても無い。
10)VR1= 10K @-----。


C AITENDO 送料無料の会員登録制度がある。要1200円初回。
3)IC1=PIC24FV32K302-I/SP) @-----
4)IC2=AD8039A @-----
5)IC3=ZIF 14Pソケット @200.-
6)IC4=XTL 8MHz @-----
7)IC5=MCP3422A0-E/SN @-----
8)IC6=MCP1702-3.3V 相当品 ME6209 @30.-
9)LCD1=SB1602B @-----検索しても無い。
10)VR1= 10K @-----


D 秋月 送料500円。
3)IC1=PIC24FV32K302-I/SP  @370.-
4)IC2=AD8039A @----- :相当品 単電源 SOP8 OPA2353UA 44MHz I-2330 @300.-
5)IC3=ZIF 14Pソケット P-12073 @120.-
6)IC4=XTL 8MHz P-3922 @300.- :相当品 3本足 P-10388 @200.-
7)IC5=MCP3422A0-E/SN @-----
8)IC6=MCP1702-3.3V GOI @----:相当品 リード違い OGI XC6202 @50.-
9)LCD1=SB1602B @-----検索しても無い。
10)VR1= 10K @50.- P-6110

11)ICソケット 28P P-1339 @70円 :他にも M-11007等
12)USB-RS232変換KIT M-8461 @600円 CN2端子にモジュールを裏返しで取り付けでOKかな。

あれれ・・・プリント基板を良く診ました・・・部品面が=VDD=3.3Vベタ。あれれ 注意しないとね。
あれれ・・・プリント基板を良く診ました・・・半田面が=GND=GNDのベタ。いいよね、普通だね。
+5Vの入力はCN3端子から・・・USBからいただく(供給する)。
ん〜、これで部品でも壊したら・・・リスク大き過ぎ。普通は完成品の購入が推奨だね。


ん〜、どうも中々1か所の通販では足りないようだ。
お店によって1個単位では購入できなかったりと・・・なかなか複雑だ。

2000円の送料を気にしなければ MOUSERがいいようだ。主要部品が揃う。

下この2種類のICが調達できれば他の部品は何とかなりそうだ・・・・。
4)IC2=AD8039A @392.- 代替品がありそう・・・・
7)IC5=MCP3422A0-E/SN @353.- これさえ入手できれば・・・
マイクロチップの無料サービスにも該当していないようだ。

9)LCD1=SB1602B @667.- ストロベリ-リナックス しか無いようだ。
5)ZIF 14Pソケット は秋月の他に千石@210円、イトウ電子部品にもある@230.- 〒200.-

注1)XTL1は互換品は注意 3.3V用
注2)3.3VのAVRの互換品は注意 3本足のTO-92 足の配列に注意
まあ〜電子工作人だったら他のLCR類は揃えることが出来るでしょう。
まあ〜電子工作人だったらRS232変換も手持ちがあるかも。スタンドアロンなら要らないが?。

送料の安いRSでMCP3422A0-E/SN をGETしておけばあとは秋月で何とかなる。
まあ〜電子工作人だったらどうにか揃えることが出来そうです・・・・?・・・GO・・・

まあ〜どうせ、いろんな部品をあちこちで購入しているので急がなければ自力での部品購入で組み立てが出来そうです。


2017-0525)
3)まづは L,C,R は手持ちの部品で組み立て・・・を
  トラ技本の写真と付録のPT基板には部品配置に大きな違いがあります。
 (まあ〜、雑誌とではタイムラグが大き過ぎだものね。あまり写真が参考にならない?かと。)

A) 抵抗はすべて 1/4Wの金属被膜抵抗 1%品を使用。(自己責任です。)
B) 注意(販売の完成品では1/6W と1/4Wの混在です。パターンもそのようになっています。)
C) IC6=ME6209A33TGを使用。
D) IC2=OPA2353UA (自己責任です。帯域幅44MHz)



4) LCDは手持ちの完成品からの物をちょっと拝借してテスト。ほぼ組み立て完




5) 問題無く火入れは終わりました・・・動作致しました。 
 HEXファイルを書き込みました。取りあえず動作の画面。検証はのちほどに・・・・。 





6)手持ち部品でAll 完成となりました。
・BNCコネクターは自分用にRCA端子に変更、部品面がVDDベタなので絶縁が必要(要注意)



7) USB-RS232変換は手持ちのモジュール(AE-FT234X)で。M-8461 




8)ちょっと手持ち部品で測定して見ました。
 測定の前に本ボードの電圧を。USB供給電圧=5.04V。VDD=3.32V

1)電圧測定/DC
・被測定電圧5.08V(市販品テスター測定値)---->ボードの測定表示値 5.09V おおむね良いね。
・被測定電圧10.2V(市販品テスター測定値)---->ボードの測定表示値 10.71V おおむね良いね。
 (前回の測定値がおかしかったのはR24の抵抗の相違でした。)


2)電流測定
・R27(1Ω)の両端の電圧10.7mV(市販品テスター測定値)---->ボードの測定表示値 0.0108A おおむね良いね。
・R27(1Ω)の両端の電圧50.6mV(市販品テスター測定値)---->ボードの測定表示値 0.0505A おおむね良いね。


3)抵抗測定
・被測定1KΩ(997Ω)(市販品テスター測定値)---->ボードの測定表示値 995Ω おおむね良いね。
・被測定820KΩ(821KΩ)(市販品テスター測定値)---->ボードの測定表示値 809.6KΩ まあ〜おおむね良い?ね。


4)コンデンサー測定
・被測定C 104表記5%品(0.18uF)(市販品テスター測定値180nF)---->ボードの測定表示値 172nF おおむね良いね。


5)周波数の測定 IC2が原典と相違するので目安程度の確認 VRの最適値で
・OSC f(1KHz)(DDS-OSC値)---->ボードの測定表示値 1000Hz おおむね良いね。
・OSC f(1MHz)(DDS-OSC値)---->ボードの測定表示値 1000000Hz -20Hz おおむね良いね。
・OSC f(10MHz)(DDS-OSC値)---->ボードの測定表示値 10000000Hz -80Hz おおむね良いね。
・OSC f(12MHz)(DDS-OSC値)---->ボードの測定表示値 測定不能。


*) ん〜、大体の予想通りでおおむねOKですね。
*) ん〜、あとはPCに接続してのテストになります・・・・Hi。 あとで・・・・

6) USB-RS232変換は手持ちのモジュール(AE-FT234X)で。M-8461 
 COM_Noは使用するパソコンによって変わります。ここではCOM3。概ね良好。
 (Cの測定では少量のCではうまく測定出来ない・・・時がある。)





90) **** 感想  ****
1)一応、動作いたしましたので・・ほっとしています・・・・。
(個別部品の収集で動作致しましたので・・・・自己満足、大げさだね、今回もボケ防止だよね。)
 PCの表示画面では大きさが変更できないのはちょっと寂しいいね。





**** No,21  END。 ****






100):参考文献
1)春日無線のカタログ資料
2)実用真空管ハンドブック(誠文堂新光社)
3)ラジオ技術2009年12月号(アイエー出版)
4)真空管規格表/CQhamradio 2001年11月付録
5)「フルート吹きのMIDI工房」
6)手作り真空管アンプのページ
7)はじめてのPICのページ
8)ケンケンのホームページ
9)その他。


前に戻る

All right Reserved, Copyright(C)JA1WBY 2017