JA1WBYの基板の製作記 
No,20 「PIC32MX ・・・BASIC-ゲーム-ボード-V3 の実験」
   「MachiKania-Zのゲーム基板の小型化(SMT部品化)」 
(私にも出来るのか?・・・なるべく小型化になるようにしましたが・・動くのか・・・どうなるやらのPTの試作記)


2017/05/05 1st 製作構想開始
2017/05/10 PT order
2017/05/17 PT 着
2017/05/22 組み立て@完
2017/05/29 組み立てA完
2017/05/30 誤記訂正 随時〜


1)まずは(概要)を・・・・!
最初のTEST-PT試作動作や、  前回の追試のPTが どうやら動くことが分かったので更なる小型化(SMT部品化)を目指して見ました。(Ver3)

原典はここです。ケンケンのホームページさん。


これは趣味の製作実験記録です。応用には自己責任でお願いします。

最近は中々面白いものが出てきましたね。
 これや TetrisR MicroCard モノクロLCD。
 手の平サイズのMZ-80C「PasocomMini」これなど。


そんな物を観ると益々・・・SMT化(薄型化)したくなりますね。


1)2017-0508)
・)ではと・・・今度はLCDとの一体化を目指して版下(SMT版)を描いてみました。
 (あり合わせの部品(CADで未対応部品・・・?)で・・・たぶん これでいいかなと思います。)
 まあ〜全部品をSMT化しても大変なので手持ち部品とで適当に・・・・

今回は・・・LCDをArduino UNOシールドのADP形式では無く。
プリント基板にLCDを直接に載せてみました、これの方がスマートに出来ます?、ほんとかな?。)
 (LCDの高さとSW類の高さのバランスが良くなる?と思うので。)


2)裏面  これでオーダーとしよう。
 チョット IC1のPIC32MXの SSOP のサイズが気になるところだが・・・。



3)実装図


4)おもな部品。(まあ〜全部品がSMT部品ではありません。)
・)LCD_ut=2.4’ S95417AAA  @950 aitendo
・)PIC32MX250F128B-I/SS-ND @439 ・・SMT・・Digi-Key
・)TC74HC541AF(ELF)CT-ND @95 ・・SMT・・Digi-Key
・)Micro-SDソケット  @140 SMT・・秋月 C-2395
・)Micro-USBソケット  @30 SMT・・秋月 C-10398
(・)統一ジャック#2 730 @100 千石電子 上のUSBとの排他利用となります。)
・) IC3=3.3V AVR @50 SMT・・Low drop 秋月 I-02247
・)ブザーBZ1  @xx 秋月 P-10128 排他利用 外形が小さ。音量が小さい、蚊の鳴くような音量。
・)ブザーBZ1b @30 秋月  BZ1=PKM13  P-4118。排他利用 外形が大きい。音量が最適品。
 (リードを折り曲げて表面の BZ1bの所に実装する。)
・)C6,C7 電解コンデンサー @10 33〜100uF/16V 6.3mmx5mm(H) 秋月 P-5002 ルビコンMH5シリーズ品
・)R1〜R8 チップ抵抗 10KΩ 1608 or 2015タイプ
・)R9 91Ω  1/4W(10Ωと間違え易いので変更、適当に10〜1000Ω好みで)
・)R10 10Ω  1/4W(これは間違えないこと)
・)C4 チップコン 10uF 16V
・)C1,2,3,5,6,7,8,9 チップコン 0.1uF 16V(0.1uF〜1.0uF)1608タイプ
・)タクトSW=xxx   P-3651 〜 ほか
・)その他・・・・


4)2017-0517)
 基板が到着。
 一応イメージ通りの出来栄えになりました。
勿論、マイクロSDカードソケットを付けました。必須条件ですからね。



5)0519)組み立て完・・・・まづは裏面のIC類。
マイクロUSBの受電 と マイクロSDのソケットも付けました。
 取り付けには 先端が1mm位の細い半田コテが必須です。




6) プリント基板のALL完成の表面




7) では部分的な組み立て画面を。 
 PICのIC類の半田つけ。マスクを忘れづに。ICの1番マークも確認。


8)先の細い半田ごてがGood。


9)フラックスを除去して綺麗に。




10-A) 部分的な組み立て。 LCDの取り付け画面を。 
 LCDはしっかりと位置合わせを。


10-B)こちらのLCDは裏が金属性なのでスルーホールとの絶縁が必要です、絶縁フイルムを忘れづに。
  又、LCDのタイプ別による「IMO」端子の設定も忘れずに。(LCDが違うので追加写真。)




11) 動作テスト画面。 
 電源を入れる前には+5.0V-GND。+3.3-GND間のショートチェックをいたしましょう。




11-2)注意。 邪魔なICSP端子用のピンヘッダは取り付けないこと。 
 普段は邪魔なピンヘッダは要らないね。
 下記の写真のようにして書き込んで下さい。(プリント基板の下から差し込んでも出来ます。)




12) 動作テスト画面。問題無く動作致しました。 




13) 動作テスト画面。 3Vでのテスト。
 IC3=AVRがLDO(ロードロップタイプなのでPOWER電圧が3Vまで低下しても問題無く動作致します。)
 (実使用では単4x3本で4.5V、1本が1V位まで低下しても使えます。)





14) ケース探しは・・・。(まだ売っていました。TB-59-B)
 カタログやWEBで色々なケースを探しましたが中々いいのが見当たりません。
 ・・・・ふとジャンク箱を探したら・・・結構・・・丁度良い物が出てきました・・・・値札からいってだいぶ古いね。
・・・・これをちょっと加工致します。チョットやすりで削るだけ・・・とアルミ板の加工を・・・で。


15)アルミ板をちょっとL字型に加工して止めます。
プリント基板が上手く入るように高さは基板厚だけ削り。幅も基板が入るように削りました。




16)これでバッチリです。電源は単4電池3本です。
 ケースの高さも単4電池が余裕で入ります。
 まあ〜、電池交換は大変だが・・・我慢してね。ねじを外して交換。




17)これでバッチリです。中々いい具合に収まりました・・・Hi。




18)これで完成です。中々いい、いやとても良い具合に収まりました・・・Hi。




19)CAD回路図。WEB  非公開  (オリジナルは参考文献元を参照)
こちらはCAD用の図面です。(過不足があります。)




20)違うプラケースを使った完成例A

 ケースは 秋月のABS樹脂ケース 117-TM P-7401 @130 を使用。



21) 電池は単6 3本を使用しました。コイン電池ではちょっと寂しいので。
 上のケースの半分だけを使用致します。
 2Pのコネクタを使用して誤接続を防止致しました。
 電池は単6 3本を使用しました。コイン電池ではちょっと厳しいので。
 (単6形電池使用の場合は電池BOXでは無いので絶縁には気を付けて下さい。自己責任で)



22) 動作画面。
 黒いケースならもっと良かったが。



23) 2台の 動作画面。
 左は単4x3本。 右が単6x3本 での動作例。





90) **** 感想  ****
1)一応、動作いたしましたので・・ほっとしています。・・・・作者に感謝です。
2)SMT部品を使用したお陰でPT基板は小さくて綺麗になりました。(高さが低くなった。)
(まったくの自己満足の世界だが技術向上になります。大げさだね、たんなるボケ防止だよね。)
3)ソフトは参考文献の「ケンケンのホームページ」さんをご参照下さい。
4) また、基板が余ってしまったが欲しい方はいるのかな?・・・欲しい方はメールを。




91) また、基板が余ってしまったが欲しい方はいるのかな?・・・欲しい方はメールを。
 と言っても SSOP(0.5mm)のSMT部品では、おいそれと 手を 上げる方はいないよね。

A)そこで下のPIC32MX250F128B・・・と 74HC541を半田つけしたPTを2名様に。
 (チップ抵抗R1〜R8は半田つけ済。C4 10uFも半田つけ済)
 (C6,C7 とチップコン 10個を添付)



B)プリント基板のみ欲しい方。 2名様に。
 いや〜、やっぱりこの位は自分でやるよと言う方のためにプリント配線板のみでも可能。
 (チップ抵抗R1〜R8 を添付)
 (C4 10uF、C6,C7 とチップコン 10個を添付)
 (余っているので74HC541(SMT品)も添付)



C)プリント基板のみ欲しい方。 2名様に。無料
 いや〜、やっぱりこの位は自分でやるよと言う方のためにプリント配線板のみ。
 (部品は無し。SASE厳守 92円?切手 6月1日から郵便料金改定)



 上記のいずれの場合でもメールでお問い合わせ下さい。

 メールはこちらまで。先頭の0を削除して下さい。



**** No,20  END。 ****






100):参考文献
1)春日無線のカタログ資料
2)実用真空管ハンドブック(誠文堂新光社)
3)ラジオ技術2009年12月号(アイエー出版)
4)真空管規格表/CQhamradio 2001年11月付録
5)「フルート吹きのMIDI工房」
6)手作り真空管アンプのページ
7)はじめてのPICのページ
8)ケンケンのホームページ
9)その他。


前に戻る

All right Reserved, Copyright(C)JA1WBY 2017