JA1WBYの電子工作 
「DSP-FM-Radio-TEST-V1」
(簡単なDSP-Radio実験記)


2016/06/20 1st 製作構想開始
2016/06/24 DSP-PT-MDLをorder
2016/06/26 ブレットボードでテスト開始
2016/06/28 音声出ずNG HP-UP
2016/07/02 音声が出ました・・・・
2016/09/23 NEW-PT
2016/09/24 PT組み立て
2016/09/29 途中・・・・でEND?・・
1)まずは(概要)を・・・・!
 aitendoのFMラジオのPT-KITが安いのでGETして組み立てて見たら以外といい音だったので、 それではとBK1088のMDLをGETしたのだが・・・・動かない・・・でいます。
これはその制作?の備忘録です。

これは趣味の製作実験記録です。応用には自己責任でお願いします。



2016-0620)
2)FM-KITをGET 

2016-0618日の備忘録に記したようにMPLAB XIDEが使えるようになったので
手始めにaitendoでGETしたAKIT-5807Bと言うFMラジオキットを組み立てたら 簡単に動いたので・・・さらに・・・UPを・・・



と欲張ったのがいけなかった・・・・受信はしているものの音が出ない・・・・トホホ・・・とりましたが・・・
  このモジュールを使用したものだったが・・・(BK1088-102BC-1.5V I2C基板付き 490円)


まあ〜気を取り直して備忘録にしたためます。・・・・。
(参考にしたサイトは実績のあるサイトなので・・・たぶんに「MPLAB-X-IDE」の使い方が悪いのだろうと思います・・が。)
 (なにしろ今回、初めて使うものですからね〜・・・WIN-10でだ・・・)


3)まづ試したのがこれ・・「はじめてのPIC」さんの・・・。
ここの(BK_FM)これで上手くいくと思ったのだが・・・
PIC18F14K50を使用したものです・・・


が、信号(音声)が出てこなかった・・・・でなぜ????。
まあ〜ここのXIDEのバージョン1.32だがうちのはUPしているが・・・?
ん〜、ともスン共言わない・・・無言だ、電源投入時のポップ音は聞こえる・・・音量大大にしてもノイズすら 聞こえて来ない・・スケルチ機能があるのか〜・・・



4)で、また次に試したのがこれ・・「フルート吹きのMIDI工房」さんの・・・。
ここの(PIC18F DSP-BK1088_FMラジオ)こんどはと期待してのだが・・・
これもPIC18F14K50を使用したものです・・・どちらも電源は3.3Vを使用しています。


が、やはり信号(音声)が出てこなかった・・なぜ・・でなぜ????だ〜。
まあ〜ここもXIDEのバージョン1.32だがうちのはUPしているが(V1.37)・・・?
ん〜、ともスン共言わない・・・無言だ、電源投入時のポップ音は聞こえる・・・音量大大にしてもノイズすら 聞こえて来ない・・スケルチ機能があるのか〜・・・
ここまでで、解ったこと。
1)LCDにはFM受信局名とFが表示される。Inter-FMから・・・最後まで・・トグルとなる=OK
2)LCDに表示の信号強度は全局とも7Fのままである・・・ANTをGNDに落としても変化なし=NG
3)勿論、んともスンともいわない・・イヤホ−ンでだが・・・NG
4)勿論、LCDとBK1088MDLにもI2Cの波形は同じものが行っている、来ないともいけないのだが・・ここは何とも???=?
5)I2CのプルUP(CLK,DATA)は5.1Kになっているのだが何か?あるのだろうか。かなり強いプルUPだが・・=?

 ん〜BK1088のMDLを疑った・・・代替品を購入しよう〜・・・・

しばし・・・休憩・・・・・
ん〜、色々とWEBを探してみてもPIC18FでHEXフィルがあるところは見つからない・・・AVRなら・・・あるのだが。



20160701
5)さらにで、ブレットボードではまづいのかな〜とも・・思ったりして・・。
 で、今度はしっかりしたPT基板で組み立ててみることにしました。
これなら申し分ないだろう・・・と・・・

追加注文しておいたBK1088のMDLが来ました。早速・・試して見よう・・・

1)おぉっ、FMの信号強度の数字が変化する・・・良いみたいだ・・


2)おぉっ、この局が最強の数字がででいる・・良いみたいだ・・


3)が、やはり信号(音声)が出てこなかった・・なぜ・・でなぜ????だ〜。
4)まあ〜ここもXIDEのバージョン1.32だがうちのはUPしているが・・・?
5)ん〜、ともスン共言わない・・・無言だ、電源投入時のポップ音は聞こえる・・・今度はノイズは聞こえるようだが〜・・・
6)まだ、なにか?あるのか〜・・・I2Cの問題?かな〜・・・・?。
7)今度はBK1088MDLの問題ではないだろうS強度は読み取れる(返してくる)のだから・・・
8)BK1088MDLのOSCは発振している800mmVppくらいだが・・・
9)今回はAMP部分は省略してあり、電解コンでの出力ですが問題は無いと思いますが・・・
10)それとも「MPLAB XIDE V3.30」の問題かな〜・・・?。PCの環境・・・?。
11)I2Cは解らないが波形は見て置く必要がありそうだ・・・何かのタイミングだろうね・・・
12)「はじめてのPIC」さんと「フルート吹きのMIDI」さんの両方ともXIDEで動かないのだから 私のXIDE(XC8)の使い方に何か問題があるのだろうかね・・・。



6)  しばし・・・休憩・・(脳内環境を整えよう・・)・とするか・・ヘルプの為にHPにUPしておこう・・・





2016-0701-b(ソース元の方々勝手にUPしてごめんなさい。)
7) 求人柱。 試してくれる方が居りましたら宜しくお願い致します。

自己解決済2016-0702)
 ですが原因究明してくれる方がいたらお願い致します。
原因はXC8のコンパイラVerの違いでした。

以下の項目はWin10-home+MPLAB X IDE Ver3.3+ XC8 V1.37コンパイラでのNGになったもの。
1)「PIC18F_DSP FMラジオの、製作実験記」のものを へるぷの為に私がビルドした(NG)HEXフアィル」

2)「XC8 Ver1.37 ビルド後の画面」

3)「XC8 Ver1.37 HEXを書き込み後の画面」


2016-0702
ちょっと自作のロジアナでPIC-ICの波形を捕って見ましたが・・・ドウダロウ・・?
 赤=11pin(SCL) , ミド=13pin(SDA) だが 特段変なとこ無いように見えるが・・・
1) 2)

 オシロでSDAの波形、まあ〜変な(0.45V位の) 波形もあるが・・。CLKは綺麗な波形でした。
3)




8)PCをノートパソコンに変更して。
 SDAのまあ〜変な波形もあるが・・。を気にしつつもWin7のパソコンにMPLAB-X-IDE 2.2をインストール。
 XC8もアーカイブでVer1.32があったのでインストール。

1)前のと同じソースをXC8(V1.32)でビルドすると簡単に完成(Build=OK)
  ワーニングが2件。BK1088の動作も=OK、信号(音声)も出ています。

2)パソコンも元の物(Win10)に戻ってテスト。XC8 V1.32をインストールし、選択しでOKとなりました。
下記はWin10にての参考画面(Win10ではワーンイングが沢山でましたが・・・)
3)

 書き込みも、勿論OKです。
4)

5)「PIC18F_DSP FMラジオの、製作実験記」のものを 私がビルドした(OK)HEXフアィル」




9)*** 感想を *****
 MPLAB-X-IDEは初めて使うものなので面喰いましたが、どうやら動作するようになりました。
 取り合えづ喜びの声を・・・バンザーイ〜・・・・。
 
原因はXC8のコンパイラーのVer違いでした。(しっかりソースフアィルに従いましょう・・。)

まあ〜コンパイラは曲者と心得よう〜と・・・
Verの違いなので・・・・ERRが出れば・・解るのだが・・・対処できるのかは別として・・
ワーニングが良いのか悪いのかの判別は中々難しいね・・・初心者なので・・・・
(ワーニングでなくてタイミング関係だと・・・なお・・わからんね〜・・)


10)2016-0703)
 一応完成写真を1枚。




11)2016-0703)
 また、完成後のロジアナの写真も。
 何か違いがあるのだろうかXC8Ver1.32と1.37の違いが・・・・。






 まあ〜あまり見ないと思うがHPのTOPページにリンクを張りましたので・・・一応期待しておこう・・・
・・・・・・
 ・・・・まあ〜残念ながら・・・・情報は・・・無かった・・・・・




12)2016-0923)
 で、こちらは、 オーダーしておいたテストPT基板が到着しました。
今回はOCSにしたので出荷メールから3日で届いた、早いね〜。$1でこの差は凄いね。




13)2016-0924)
 早速に組み立て始めました。
 まずBK1088のモジュールから・・・・。




14)2016-0924)
 まずBK1088のモジュールから・・・・。
 手持ちの部品でやり繰り致しました・・・・・大丈夫かな・・・
1)R8は取り付けません。
2)R17=10Ω。(取り付けません。)必要な方は取り付け。
3)RC11=0.047uF(は取り付けません。)必要な方は取り付け。
4)電解コンデンサはAll=220uF/16V(面倒だったので。)




15)2016-0924)
 早速に組み立て始めました。
 まずBK1088のモジュールから・・・・。



LCDもバックライト付に変更して見ました。これなら暗くても見えますから・・・・。




16)
 さて2枚を組み立ててみましたが・・・・・・。




17)2016-0929) *** 新PT基板 の感想を *****

 放送局名が表示出来るので、もう1枚 作りたくてPT基板を起こしたのだ・・・・が
2枚を組み立ててみたが1枚はうまく動作したが、もう1枚は音声出力が極端に低い・・・・
ん〜・・・とうなってしまったBK1088(MDL)が悪いのかな〜・・・?
MDLの載せ替えは大変だし・・・・MDLの追加購入もなんだかな〜・・・と言う感じ・・・
・・・・さらに追加投資してもな〜・・・このMDLの感度は良く無いし?・・・でどうしたものか・・・このままENDにしようかな〜・・・と。

まあ〜携帯するには市販の物の方がカッコーイイシ・・・・と。
据え置き用ならFPGA使用のデジタルFMチューナ(多選局可能になった)も背伸びすれば手が届く範囲にあるし・・・と
 (もともとはこのチューナーは1局受信専用だった、のでスルーしていましたが・・?
 (・・・・折角の備忘録なのでURLをメモ。しておこう・・・・)


林氏が開発したFPGA FMチューナユニットの完成品ならここにあるが高い。まあ〜それなりかもね。

林氏が開発したFPGA FMチューナユニット氏のホームページ
 (トラ技 2013-11号にも特集あり。)

専用コントローラ製作者 ひろくん氏のHP
多選局用・専用コントローラ・The Nice Control RE2 for FPGA tuner 

まあ〜ここは気まぐれとモチベーションしだいなので・・・まあ〜それとホビーですから・・・?。
 手始めにaitendoでGETしたAKIT-5807B(@950)と言うFMラジオキットの方が感度は良かったね。でおしまいかな。

まあ〜一度はトライしたい方は「フルート吹きのMIDI工房」 さんのHPが参考になります。

18)参考資料(WEB未)
1)0923-300dpi-buhin-jitusouzu-img-bb-hanten-img.png
2)0923-300dpi-fusen-f1-img.png
3)0923-300dpi-fusen-f16-img.png
4)0923-300dpi-fusen-img.png
5)0923-300dpi-sch-img.png



100):参考文献
1)春日無線のカタログ資料
2)実用真空管ハンドブック(誠文堂新光社)
3)ラジオ技術2009年12月号(アイエー出版)
4)真空管規格表/CQhamradio 2001年11月付録
5)ぺるけ氏のHP「情熱の真空管 / PassionateTubeAmplifier」
6)Easy audio kit libraryのページ
7)「はじめてのPIC」
8)「フルート吹きのMIDI工房」
9)手作り真空管アンプのページ
10)Aitendo
11)その他。


前に戻る

All right Reserved, Copyright(C)JA1WBY 2014-2016