JA1WBYのアンプ製作記 
「AC-Voltmeter-AMP-V3c」
(簡単なAMPの製作&実験記)


2016/03/15 1st 製作構想開始
2016/03/21 PT-LME49720-mV-AMP-V3c 基板をoeder
2016/03/31 PT-LME49720-mV-AMP-V3c 基板が到着
2016/05/01 組み立て完
2016/05/12 誤記訂正
1)まずは(概要)を・・・・!
 前回の製作記で一応は完成致しましたがPT基板に改造が入ってしまったので PT基板を新しく起こしました。
・・・とにかく簡単?にできる「AC mVメーター」(アナログメーターを)作ってみました。
これはその制作?の備忘録です。

これは趣味の製作実験記録です。応用には自己責任でお願いします。



2016-0321)
2)又もやってしまった、基板の再製作 Ver3c 

 ん〜、先の基板(V3)に改造が入ってしまったので再チャレンジすることに致しました。
が、同じ基板では芸がないので今回は基板を一回り小さくいたしました、抵抗は1/4W 1%の小型品(外形は1/6W形)にしました。 また、高抵抗は小型品が簡単に購入出来ないのと面倒なので普通の大きさの1/4Wにしました。
(基板はまあ〜安い、某国製なので1パツ目は試作と思えばいいのだが・・・)
(前回の回路を参考に、アナログメーター使用を意識して作りました。部品などは前回を参照。)

これで上手く行くのかは?だが・・・楽しみとしよう・・・・




電源は下記の3種類から好きな方を選択致します。排他です。
1)外部電源から±12Vを供給する方法があります。(DC-DC1は不要です)パターンを参照
1)Power-INに+5Vを供給する方法、DC-DC1を使用する。
1)Power-INに乾電池を使用する方法、DC-DC1を使用する。
 (DC-DC1の規格では4V〜9V 電池(単3x3、又は単3x4)でも可能)
2)L1、L2は10uHのマイクロインダクターです。
3)D1ダイオードは未実装。
4)D2,3,4,5,6ダイオードは1N4148相当品。
5)値の記入無きチップコンは0.1uF〜1uF/25V
6)C18は未実装(取り付ける場合は耐圧50V品のこと)
7)C10,13,14 は47uF/16V,又は100uF/16V(私のは100uF/16V品)
8)C7,8,9は470uF/16V,又は 1000uF/16V
9)他に2.2MΩx4、4.7MΩx2、2.2KΩx2、等(回路図等参照)



3)(回路図(PT基板のCAD用)、入力のATT部分はぺるけ氏の記事を参照)



3-2)入力のATT部分のメモ)



2016-0331)
4)プリント基板が出来上がって着ました。
ん〜。抵抗が小さく(コマカク)て組み立ては大変そうだね。




2016-0402)
5)部品(1/4W 誤差1%の小型抵抗 と C)も着ました。
ん〜。抵抗も小さいな〜(1/6W相当の大きさです。)・・・だが高価だね。
 (小型の抵抗 (1/6W相当)の購入時のコピーです。無保障ですが参考にどうぞ。)




2016-0402)
6)もうひとつの部品も着ました。(大型のアナログメータ 100x80mm 980円 送料込み)
ん〜。いつもながら(某国の荷物は)よく潰れているな〜・・・大丈夫かいな・・・?。
 ん〜、ぶつの概観は大丈夫・・・あとは通電してみないと後・・・に。
 (無い時は秋月の「M-8189、 DE-670 100uA 1000円」が使えます。)




2016-0415)
7)取りあえず部品の実装が終わりました。
部品実装はPT板 1枚でも2枚でも手間はは余り変わりません・・・Hi。
A)電解コンの大きさだけを変えてみました。470uF/16V 品(自立)
B)電解コンの大きさだけを変えてみました。1000uF/16V 品(寝かせて)
C)DC-DCコンバータを直付けにすれば問題が無いのだが・・・
今回はICソケットを使ったのでコンバータは寝かせておきました。
D)R-SWは前回の残りの手持ち品の同じ「CK1060 413円 ショーテングタイプ。チップワンストップ」
E)と「SR26」2回路6接点品 Nonショーテングタイプ。150円 アイテンドウにあった物を使ってみました(人柱)
(見た目はほとんど同じです。CK1060が軸が丸棒タイプ、SR26がローレットタイプ。)
 (どちらのタイプも使用出来ました。)

注)RV1,RV2は今回はPT基板の裏側に取り付けています。
(PT基板の上に取り付けるとパネル等に実装してからでは調整出来なくなります。ま〜自分の好みで)



2016-0417)
8)簡単にテストが出来るように・・・入力ATTも作成して、アンバラ用で。
 INPUTの端子を1〜3を逆挿しにすればもう、一方のCHもテスト出来ます。


アンバラ用に〜。・・・・大丈夫かいな〜・・・?。







2016-0421)
9)周波数補正等を除いてだいたい簡単な基板テストは終わりました。
 で、あのでかい100uAのメーターも台に固定してテストも・・・・



10)心配していたアナログメータの動きも大丈夫みたいだ・・・あとはゆっくり・・・。



11)調整は回路が解る方はそれなりにご自由に。
ここでは私なりの簡単な方法を。
1)まづは上の写真のATTを作ります。(この抵抗をストックしているかどうか?ですが。)
2)必要な抵抗。180KΩ、18KΩ、1.8kΩ、200Ωを直列につないで写真の様なATTとします。
3)これで発振器の出力を1Vに合わせておけば・・・
  (1Vレンジ以下は、・・・接続点の組み合わせで1mVレンジまで簡単にテスト出来ます。)
4)これで発振器の出力を3Vに合わせておけば・・・
  (3Vレンジ以下は、・・・接続点の組み合わせで3mVレンジまで簡単にテスト出来ます。)

5)ま〜OSCを持っていない方もいると思うし、
ましてや10V以上の出力の出るOSCなんて持っている方は少ないと思いますので写真の様な小型の電源トランスを利用して作って置くと便利に使えると思います。(0V〜30V/AC 50Hz(関東地方の場合))
 (まあ〜それ以上のAC電圧は危険が伴いますので各自の責任で・・工夫を・・・どうぞ)




12)バラックではまづい?ので秋月のプラケースに入れてみまし。これで当分はこのままで使えます。
のでアルミケースの注文は先になりそうだ・・・・。
 お〜中々のルックスに見えませんか・・・・と自己満足(アナログメーターGETのお陰で)
(mV/Vの位置が逆になったようだが使い方・・・で。)



13)
2016-0501) もしや・・欲しい方が?・・
ん〜余剰のPT基板があるが欲しい方はいるのかな〜・・・
余剰品PT基板の処分ではもったい無いのと、また原典の作者(ぺるけ氏)に感謝の意を込めて 欲しい方に「SASE」で差し上げたいと思います。
欲しい方はメールを。
 配布名:(プリント配線板 「LME49720-mV-AMP-V3c」を1枚、) 数名分。
(前の方にも書いたが実験基板です。ノーサポート、無保障です。定形(長形4号相当品) 送料込み=92円 のSASE 厳守)

 2016-0606。 この件は終了致しました。ありがとうございました。

 

99)   *** 雑感想 ***
 1)テスターを使わないのが希望でしたから、アナログメーター使用でうまく出来ました。
 回路&CAD-PT共に素晴らしいね・・・・。ぺるけ氏に感謝です。
 (CADでPT基板が出来たから制作いたしましたがユニバーサルPTだと、たぶん作らなかっただろうね。)
    (それなりの誤差も出るがそれなりの使い方・・・でね。)
 2)これで簡単にmVを測ることが出来るので測定が楽しくなります。これも「スタンドアロン」のおかげです。
 3)DC-DC電源の影響も無いようなので一安心しました。
 4)この測定機と「FRA-modoki-V9」があると測定するのが楽しみでいいね。
 5)スタンドアロンの測定機が段々増えてくるので楽しみです。


(No.17 「AC-Voltmeter-AMP-V3c」) たぶん_END





100):参考文献
1)春日無線のカタログ資料
2)実用真空管ハンドブック(誠文堂新光社)
3)ラジオ技術2009年12月号(アイエー出版)
4)真空管規格表/CQhamradio 2001年11月付録
5)ぺるけ氏のHP「情熱の真空管 / PassionateTubeAmplifier」
6)手作り真空管アンプのページ
7)その他。


前に戻る

All right Reserved, Copyright(C)JA1WBY 2014-2016