JA1WBYのロジアナ製作記 
「PIC32MX340F256H使用のロジアナの制作記」
(私にも出来るのか?・・・簡単な実験記)


2015/08/03 1st 製作構想開始
2015/08/05 基板オーダー
2015/08/11 基板到着
2015/08/12 組み立て完
2015/08/15 PT基板配布 0円 予定
2015/09/01 PT基板配布 終了
2016/03/22 ソフトVer-UP

1)まずは(概要)を・・・・!
・「必要にせまられて作ることに致しました。」
 (DDSのIFの観測の為に・・・〜役立つか、残念、無駄となるのか・・わからんが。)
 勉強の為に追試することに致しました。

これは趣味の製作実験記録です。応用には自己責任でお願いします。



1)2015-0803)
 まづはCADでの構成を思案・・・・。
 もちろん、WEBにあるものをhexソフトを探して・・・・することに致します。
 案の定、参考回路はあったがhexが無い、PICKIT2では焼けないん〜・・・どうしよう。
 (そろそろPICKIT3を購入していいかな・・・?とその気になってきました。)



3)2015-0805)
 「フルート吹きのMID工房」さん (実験テーマ56)を参考にして。

 こんな形に基板のCADデータをUP(oeder)いたしました・・・。








4)2015-0806)
 まづは主な部品を発注・・・・。
1)PIC32MX340F256H RS-オンライン @844.-
2)TC74HC541P 秋月 @60.-
3)PICkit3 秋月 @4500.-
4)Color-LCD  「UL024TF」 aitendo 1個 1480.-
5)P-2274(DIP-SW) 秋月 2個で 300.-
6)C-5779(ピンフレーム) 秋月 @80.-
7)C-167(ピンヘッダー) 秋月 @40.-
8)P-7542(チップコン) 秋月 @150.-
9)P-5002(100uF/16V) 秋月 200個/1600.-(現在は1個売りになりました)
10)その他・・抵抗は1/6W品・・・押釦SWは千石品だが・・秋月にも代品あり・・・



2015-0808)
回路図をUP。参考文献を参照してイーグル用に変換しました。
(R1=0R0。未実装 部品=VR1,SP1)
拡大すると液晶の端子をイメージした回路図になります。




あとはPT基板が出来上がって着てからのお楽しみ・・・か・はたまた・・・??となるのか。



2015-0809)
 基板より先にPIC-IC PIC32MX340F256H(RS)とPICkit3(秋月)が着ました。
このセットで上手く行くのかな?・・・。





2015-0811-1)
 基板が到着いたしました。お〜早いDHL(発注してから7日間、いいね。)
 (だが、$16も盗るだけあるな〜。こんな気持ちも湧く)。




2015-0811-2)
 出来上がって着た、基板の様子、いつもと同じ様だ。
 今回はAUTOで配線が出来なかったので初めて100%の手書き?だった。ん〜いい出来だ。




2015-0811-3)
 早速、組み上げました、部品が少ないので簡単です。
注意)
・R1=0R0。(まあ〜1〜2Ωでも差支えないが実験用です)。
・未実装 部品=VR1,SP1
・P-SW,SW1,SW3は1mm位浮かせて取り付ける。
 (SW1,SW2,SW3,SW4は押釦でも良い)好みの問題。
・OSC1がチョット寸法違いみたいだがま〜入るので許容範囲か。


・PICのクローズUP写真。
・チップコンは2014タイプ。いつも私がやる手法、勿論リード部品でもOK。
 (チップコンのC8,C9,C11,C13は0.1uFでもOK。)
・電解コンは背の低い16V100uF。


・組み立て完成品(LCDユニットを載せるだけで簡単です。)。
 (このPTの特徴は既成品のLCDユニットを載せるだけで完成となることかな。)




2015-0812-1)
 出来上ってICSP端子でのテスト。「PICkit2 V2.61」でもICを認識致しました。
(1・ハード=PICkit2、ソフト=PICkit2用の Programmer V2.61で書き込みOK)
(2・ハード=PICkit3、ソフト=PICkit2用の Programmer V2.61ではハードを認識NGで使用できません。)
(3・PICkit3用の Programmer ソフトもあるらしいが探していません。必要性がないので。)




2015-0812-2)
 そして書き込みとリード、ベリファイも出来ました。
 ただし、「MPLABIDE V8.92」ではPICkit2は使えません、(認識無し)
 (「MPLABIDE V8.92」ではPICkit3のみ使用可能)




2015-0812-3)
 そしてテスト風景。消費電流は5V/140mA(約)


2015-0812-4)
 テスト画面2。(オリジナル画面)取りあえず5CHの写真です。
 トリガーは1CHのみかな。トリガ-はシングル/AUTOの切替があり。
 スロープの切替は有り。& ホールド機能あり。




2015-0812-5) -- 雑感想 --
・今回は、「泥棒を捕まえてから縄をなう」式で、これが活用できるかどうかは判りませんが。
・簡単に制作、無事に完成致しました。原作者に感謝です。

・しかし、64pinのPICとhexフアィルがないので制作にはチョット敷居が高いかな。
・今回はプリント基板の改造は有りません。
・出来ればホールドした画面を拡大(縮小は置いといて)する機能が有るといいね(2倍とか5倍位に)難しいね。



2015-0815) -- PT基板の配布 (下記のリスクもご理解できる方)--
 今回は、余分のPT基板が有りますので廃棄するのは「もったいない」ので希望者がいれば差し上げます。
注意1)
1)基本 「SASE」です。(定型郵便、保障無。)
2)まずメールで在庫確認をして下さい。多数の場合は、私のPCの到着時間で受付。
3)折り返し可否のメ-ルを差し上げます。
 (リアルタイムではありません、5名分決まってからか、配布期限(8月末)が来た時)

注意2)
1)配布名「PIC32MX340F256H-LOGIANA-Ver1」PT基板(99x80x1.6mm) (実験用基板)1人=1枚。
2)配布についての条件はSASEを厳守して下さい。(不備のものは対象外と致します。)(没収、返信も致しません。)
 (返信用の封筒は「長形4号(90x205mm)を推奨」 92円切手もお忘れなく 約40gの定型郵便)
 (〒No、住所、氏名 記入の92円の切手貼り付けの返信用封筒)

3)プリント基板代金、手数料は無料です。「0円」
4)このサイトを見て組立出来る方、個別サポートはありません。
5)HEXファィルはこの私のサイトには有りません。(今回はソフトの変更はしておりませんので。)
 「フルート吹きのMID工房」さんのHPの (実験テーマ56)を参考にして下さい。でもここにも 「HEXフアィルは」有りません、自分でコンパイルして下さい。

6)配布期間は8月末まで、無くなりしだいに終了。(早い者順 5名分)
7)発送後にメール連絡を致します。(予定)
8)配布はJA1WBY個人が致しますのでアクシデントが発生した時は予告無く中止になります。
 (アクシデントが発生した時はSASE送付後のリスクも含みます。切手分の返却もなし。)
9)組立&使用については自己責任です。
10)メ-ルは「ja1wby@jarl.com」にアットマークを小文字に修正してから送信して下さい。
11)発送は梱包準備がありますので数日後になる予定です。
12)(注意、メ-ルは私が読める日本語TEXT文とする。)
13)(注意、私の迷惑メ-ル(フォルダ)に入ったものも対象外とする。)

「基板の配布は終了致しました。ありがとうございました。2015-0901」



今回は「バイナリーフアィルが無い」ので希望者はいないだろうな〜・・・どうするかな〜・・・・・



2015-0815-2)
 少し考えました結果、私のTEST用に変更したHEXファイルをここにUPすることに致しました。
 (まあ〜、自分用に横線を点線にして弱冠・・・見易く?したつもり。)参考LCD画像


2015-0815)
 今回の「バイナリーフアィル」V1c。テストにご利用下さい。(期間限定 〜9月30日まで。)
2015-0814-ok-pic32mx-test-v1c.hex

2015-0901)
 今回の「基板の配布は終了致しました。ありがとうございました。」

(No 13)たぶん_END


2016-0320)
 今年になって「フルート吹きのMIDI工房」さんを 覗いていたらこの6CHロジアナのソフトのVer-UPがありました。
「私が望んでいた拡大機能(X軸の2倍、5倍、10倍)が追加されていました。うわ〜いバンザイ〜。
早速、私も使わせて戴きました。ありがとうございます。感謝。
下記にテスト写真をUPしておきます。



2016-0320)
 今回の「バイナリーフアィル」。テストにご利用下さい。(期間限定)
2016-0317-ok-pic32mx-test-v1a1.hex
(今回のPT配布では、まあ〜64ピンのPIC-ICの為か希望者は1人だけでした。気がついたらお使い下さい。)


(No 13)たぶん_END


100):参考文献
1)春日無線のカタログ資料
2)実用真空管ハンドブック(誠文堂新光社)
3)ラジオ技術2009年12月号(アイエー出版)
4)真空管規格表/CQhamradio 2001年11月付録
5)「フルート吹きのMIDI工房」
6)手作り真空管アンプのページ
7)その他。


前に戻る

All right Reserved, Copyright(C)JA1WBY 2015