JA1WBYのアンプ製作記 
「AD995xのTEST-V1」
(私にも使えるのか?・・・簡単なICの実験記・その1)
(中華AD9851モジュールの活用例。 AD9851使用 FRA-modoki Ver10)の完成)



2015/06/20 1st 製作構想開始
2015/06/30 AD9851 MDL Oeder
2015/07/13 AD9851 MDL 着(約2WK)
2015/07/16 AD9851 MDL TEST=OK
2015/07/30 AD9850 MDL 着(約1カ月、TEST=OK)
2015/07/31 自作のソフト着手
2015/09/04 PT-Oeder
2015/09/06 AMP-TEST
2015/09/12 PT基板完
2015/09/15 「FRA-modoki-Ver10」の完成
2015/09/16 「FRA-modoki-Ver10」ソフトUP
2015/09/21 「FRA-modoki-Ver10ab」ソフトUP
2015/10/06 余剰PT基板の配布
2015/11/26 誤記訂正
2016/01/15 余剰PT基板の配布終了

1)まずは(概要)を・・・・!
・「とにかくこのICが手に入るのかと色々調べて見ました。」
・RSオンラインで検索しましたらこのICは取扱い終了と出ました・ん〜残念。
・デジキーで検索しましたら有りました。@4453.-($42.6)円安で輸入部品は・・・高いの〜・・・・。
・貴田電子のDDS-MINIが安くて丁度いいね。5000円くらいで半田付け品のPT基板が入手できます。
・ん〜・で考えた・・・そうだ「KEM-FRA」があるではないか、多分AD9953だったよなあ〜・・・と言うことで。
 (貴田電子では「DDS-ミニ」と言う名前のものがこれに相当する。)

これは趣味の製作実験記録です。応用には自己責任でお願いします。



1)2015-0620)
 まづは何のPICでテストするか?だが。
 もちろん、PIC24F・・・でいくことに致します。
 (案の定、手持ちのKEM-FRAはAD9953を使用していました。CONT-ICはPIC24F64GA002でした。)
 (PIC=3.3V、DDS-IC AD9953=1.8Vで使用)
 このKEM-FRAは活用される機会が少ないのでチヨット実験に借用致します。
 DDSのドライブだけに使うつもりだが・・・安上がり・・になるのか壊すのか?だが。Hi。

2)KEM-FRAをちょっとばらします。・・・備忘録写真を。




3)2015-0629)
 下記の様に生基板に固定いたしまして準備が出来ました・・・。
あら〜っ、貴田電子のDDS-MINI2となって8K円に値上げになっていました。
(ま〜当然だよね、ICが4Kもするのだから・・・・・・。もう1個GETしておけば良かったな〜。 )
 壊したら8K円か〜高。これでは他人にお薦め出来なくなってしまった・・・残念・・・・。



4)2015-0630) おおっ・・・、ン〜上手くいかないな〜・・・。
・そんな簡単にうまくいくものか・・・?と。
・となるとこの虎の子のPTを壊すのはちょっと躊躇するな〜・・・。
 と言うことで最近は円安なのでちょっとどんなものかDDS-ICの値段を調べてみました。


2年前と比較すると、やはり円安でかなり高価になっています。・・・AD9835あたりで2倍くらいの値段になっています。こりゃ〜大変だ〜あ・・・。


2015-0630-2)
・では、どうするのかと言えば安い中華製のAD9850/1の基板を購入して長期戦のテストに備えるのがいいかな・・・。
 (で、早速・・・にて下記の物とAD9851の物を1個・・・ポチリましたが多分・・・2WK待ちかな・・・。しばらく充電とするか・・・ それでもxxkeyでAD9850を買うより安い・・・・が・・輸送のリスクは?だが。




2015-0713)
・で、やっと安い中華製のAD9851の基板が届きました・・。
こんな簡単な梱包で、$18.3の内〒$3.0 掛ってますね。(CHINA POST 経由で2週間)
・基板の裏のシルク印刷ではAD9850となっているが表に載っているのはAD9851です。XTL=30MHz

・(で、もっと安価なAD9850基板の方はまだ来ません・・・
同じEbeyなのだが・・・送付先は違う・・・のだった。まだ、しばらくかな〜・・・)



2015-0714)
・早速簡単に動作テストを行いました。
まづは動いているのかを確かめるので確実に動く先輩達のお知恵を拝借致しました。
まずは一番簡単に回路が組めるソフトを探しました。NETでこんな処(VK5TM)のソフトを使っての動作確認です。
(DDS-VFO(5MHz帯)のPIC12F675のHEXソフトを利用。)

・(で、もって電源投入はOKでした・・・約110mA)



2015-0714-2)
・電源を入れて早速簡単に動作テストを行いました。

・(簡単に出力波形の確認をしておきます。OK・・・・です。)



2015-0716)
・簡単に別の回路でもテストして見ました。
・電源を入れて早速簡単に動作テストを行いました。
・(こちらはVFOでは無くてHAM-BANDです135K〜28MH、50MH帯です、がこのHEXフアィルはAD9850用なのでF-OUTは違いますが 取りあえずは動いているようです。OK・・・・です。)
 参考文献。
1) 電子工作の実験室
2) ON1BES Project Pages
3) VK5TM Home Pages







2015-0716-2)
・電源を入れて早速簡単に動作テストを行いました。

・(簡単に出力波形の確認をしておきます。OK・・・・です。)



2015-0716-3)
・こちらはDDS-ジェネレータとして1Hz〜60MHzまでのHEXソフトで動作テストを行いました。



・(SWの機能が?ではあるが・・・簡単に出力波形の確認をしておきます。OK・・・です。)



2015-0716-4)
・ここまではDDSモジュールを購入した時の基板テスト用のソフト探しの顛末です。
・DDS基板を購入したら、即テストが出来ます。・・・って・さらにこれから基板をGETするかあ〜・・・?。



2015-0727)
・ん〜、安い方のPT基板(AD9850)は未だに届かず・・・・?・そろそろLimtの1ケ月だ、メール出すか・・?。
 (購入時点では到着は7〜40日となっていましたので。まだ・・・我慢か〜。)



2015-0729
・で、自作のソフト(PIC24に移植?)だが、色々と試行錯誤・・・だいぶ悩んだがやっとAD9851のPT基板から波形が出るようになりました。 ・まだ、まだおかしな点もあるが・・・・
まあ〜この基本が出来ればあとは・・・・何んとかなるかな〜・・・?。
AD9851=5V。PIC24F=3.3Vの関係もあるのかな〜・・・と

・(簡単に出力波形の確認をしておきます。OK・・・・です。)



2015-0730)
・ん〜、安い方のPT基板(AD9850)が届きました・・・・?。簡単な包装で・・
 (遅いと聞いていた「Swiss Post」経由で・・・1ケ月だ。XTL=125Mhz)
(eBAYは色々な品物が安くていいのだがどこからの発送なのかを知るのは難しい・・・ね。)


2015-0731) 基本回路図-1
・ん〜、なかなか安定して動いてくれない・・・・困ったものだ・・・・
・で、AD9851-PT基板のVCC+5VとPIC24Fの+3.3VのDDSドライブ信号に起因するものかも。
・それで下図の様な回路でブレットボードでテスト出来るように致しました。
・これで色々とVCCの組み合わせのテストが出来ます。


ん、これで5V to 5Vの時は誤動作は無くなった模様だ・・・?。やはり信号線・・・か。



・PICの種類・・・。もしやPICの交換も視野・・・と思って探して見ました。
一番容量の大きい4620は秋月には無かった。PIC18F4525で良いかな?。



・PIC18F4525の端子名のメモ。
 これなら5V to 5V のインターフェイスが確保できますが。
 まだ夢の先だがAD9951だと3.3VのPICの方がいい気も致しますが・・・



2015-0801
・そこで上のFig1のインターフェイスにHC04のバッハーも入れて見ました。



2015-0801
・PIC24での動作風景。
HC04のバッハーのお蔭でこちらも誤動作もなくなりました。



2015-0804
・PIC24で動くようになったがまだおかしい?・・・。
Fの設定が時々変わるのである。たぶんにソフトが悪いのだろうが・・・?。
IFのタイミングでも見るかな〜・・・。
ん〜、そう言えばロジアナが欲しいな〜・・・・・
一層のことロジアナでも作るかな〜・・・・、別に期限があるものでもないので・・・・
CADで基板でも作ってガーバを送っておくとして・・暑いのでしばらくは・・・休憩とするか・・・・・。



2015-0819
・PT基板の輸送にDHLを指定したら約1週間で届きましたので意外と早く完成致しました。
・折角のLogianaができましたのでチョット波形を採って見ました。
・中々、シングルトリガーがかかりずらくて上手くいきませんでしたが何がしかの波形が・・・。
(PWR=ON時の SYNC=トリガー)


観測画面。起動時のFが揃っていないので・・・適当のFです。
(これで良いのかな・・・・・なんか私のイメージとチト違うような・・・・が。)





2015-0824
・上のロジアナで波形を観測しながらおぼろげながら段々・・波形に慣れてきた・・・。
・色々なサイトを訪れてソフト作りの参考にさせていただいた。
・色々なサイトでも皆さん方が結構手こずっていることが解りました。
・ASMのソースの開示も多々あったが私には解らんのでスルー・・・・。
・AVRのソース、CCSのソース、マイクロC、が・・マイクロチップ(MPLAB)のC、が以外と無い・・・などなど・
 (私がやりたいのはMPLABのC言語で作ることである。)
・色々と試食?して視たが未だ、これだと言うものは無い・・・・がこの1週刊の間にC言語の 知識も少しずつ増えて来たようだ・・・・・・。


2015-0825
・取りあえず腰を据えて始めようと後閑氏のサイトのPIC18F2320を使った回路を(0730の回路図等を) ブレットボードに作った。(氏のソフトは多分「CCS-M」かな・・・・私もだいぶ前に買ったことは有ったが高価だし、CCS-H?は無いし・・・)CCS-MからマイクロチップのC言語に変換を・・・だ。がだいぶ目処もついてきました。



2015-0826  PIC18F2320動作時の写真。
・折角のロジアナなのでこちらも波形を採っておきます。
一応・・・ワンショットのトリガーで波形が取り込めます、OK時の画面




ここまでの備忘録
1)Fig1のバッフアは無い方が良い。IF=トレラント・・・で大丈夫である。(むしろバッフアの遅延が問題?。)
2)AD9851のMDL(モジュール基板)とPIC18は共に5Vで動作した。XTL 30MHz=発振もOK(基本動作1)
3)AD9851のMDL(モジュール基板)とPIC18は共に3.3Vでも動作した。XTL 30MHz=発振もOK
4)AD9851のMDL=5VとPIC18は3.3Vでも正常に動作した。(基本動作2)
5)不具合の原因はソフトの型変換のミスか?。
6)AD9851とPIC18F2320の時にPIC=OSCは3.59M、6M、10M、16M、20MHzでもOK。5V=Power。
7)AD9851=5VとPIC24F=32MHz(3.3V)でも動作OKである。(基本動作2)
注)PIC18F2320は2.0V〜5.5V。PIC24FJ64GA002は2.0V〜3.6V動作品。
  (動作テスト時=3.3V、or 5.0V)

 (備忘録)AD9851モジュールPTの端子名の写真(例)端子名称が我流?。
・ D0,D1は10KΩで+5VにPll-UPされています。(基板内で)
・ D2=GND、RESET=GNDで使用(基本回路図-1でシリアル動作可能になる。)
・ D3,D4,D5,D6=GND、または解放でも動作=OKでした。
・ D7はDATA-INに接続されています。
・ XTL=30MHzが搭載されています。(AD9850-PTの時は125MHzでした。)




2015-0827
・動くようになったのでストックのPIC24F基板に変更してTEST開始だ・・・・が。
一応・・・の動作風景だがまだまだ・・・・と。


ん〜、AD9951、AD9851モジュールがもう1個欲しいな〜、で今日はチョット円高か〜・・・で、ぽちっと。



2015-0831
・動くようになったので画面構成を考えて作って見ました・・・・て言うかV9と同じ・・・だが。
一応・・Log画面は大変なので見送った・・・・・・このリニア画面で。Gainは仮・・・線


1)ん〜、だがSW機能がうまく機能しない・・・再測定SWやSTART-SWで画面CLRしてしまう・・・?。
2)だらだらとかいたのでメモリが一杯近くになってきました・・・・ん・・どうしようと。
3)どこかでプログラムミスがあるのだろうな〜・・・
4)まあ〜LFとHF帯のこの2画面でも充分な気が致します・・・・が。1項のSW機能が上手く動作しないことには 完成とは言えないなあ〜・・・と。



2015-0904
・動くようになったがソフトの方はあまり進展が無い・・・・・・・が。
で、脳内リフレッシュの為にEagleで遊ぶことに・・・・・・
そして下記のPTをあまり検証もせずにオーダーしてしまった、・・・どうなるやら・・・。




2015-0906  AMP ICのテスト
・本来ならPT基板のオーダ前にやらなくてはいけない訳だがそこは・・モチベーションのちがいで・・・と。
 で、下記の様な回路でテスト致しました。
・AD変換のAD8307の入力回路は下図に致しました。未だ0db(1Vppではない・・・)仮のHiインピーダンス。
・まずはAD9851の出力を100Ωで終端してLoopテストしました。約0dbになりました。
・LOOP-TESTのF特を撮って見ました





2015-0906-2  AMP ICのテスト(uPC1651)
・今度は古いが手持ちのICを使ってAMPを接続してテストしてみました。
・下記の様な回路でテスト致しました。
・入力抵抗=50ΩでAMPのF特を撮って見ました


・まあ〜4〜10db位のGainが期待できそうです・・・・・・が?。
・まあ〜DDS出力の出力差が大きいのが使い難いですな〜・・・・・。
まあ〜古いので入手性はどうかなと思っていたらここに有りました。(ebay)いつまでかは定かで無いが?。
で、国内のここにも有りました。



2015-0906-3  AMP ICのテスト(MAV-3)
・こちらも古いが手持ちのICを使ってAMPを接続してテストしてみました。
・下記の様な回路でテスト致しました。出力はインバータです。まあ〜Sin波なら関係無いか?
・入力抵抗=50ΩでAMPのF特を撮って見ました
・MAV-3が手持ちにあったので試したらF特がダメダメでした・・・。(何か測定方法が間違っているのかな・・・。)
・カタログでは電源5VではRは省略できるとあったが0Ωでは出力出ずNG。
 で、この会社の上位?のMAR-6 ってまだ入手出来るのかな・・?。(有りました Minikits.com $2.95)



簡単なテストなので単なる1例です。
実用には色々と微調整(部品等の最適化)が必要と思われます。



2015-0911) プリント基板が到着
・今度はDHLにしたので早い1週間での到着でっす。国内製とあまり変わりませんいいね・・・。




2015-0912)プリント基板のテスト
・早速部品を付けて(少ないので簡単)基板が完成致しました。
・がパターンちょんぼがありまして改造を致しました。
 (あまり検証せずがあたってしまったが・・・まあ〜・・いいっか。)
・一連の写真をUP致します。
表面。 LCDはピンソケットに挿して半田付けすると楽に組み立て出来ます。

 裏面。
AD9851モジュールには誤挿入防止機能は有りませんので向きに注意を。
(外形線に合わせてXTLが左側にくるように。)


 合体後の写真。3段重ね・・・高さ約40mm?。(20mmの六角スタック使用)





2015-0912-2) 改造その1。 改造後の写真。
・R14,R15,R16の抵抗の3.3VにプルUPすべきところがGNDに落ちていました。(パターンミス)
で、下記の様に改造致しました。(2通りの改造方法が有ります。)
・GNDをざぐって配線する方法。
 GNDを2mmのドリルでざぐって抵抗に収縮チューブを被せて裏面で配線する。写真を参照。


 裏面の様子。




簡単な改造の方の写真。(こちらを推奨)
 写真の様に裏面に抵抗を取り付けると簡単に改造できます。
 抵抗を写真の様に3.3Vラインに半田付け(プルUP)致します。




改造その2。
表の抵抗R9は取り付けないで
裏面に抵抗R9を写真の様に取り付けます。(R1の5Vラインに半田付け致します。)




改造その3。(AMPを使わない時は改造は不要です。)
表のIC4の出力にCX1を追加(挿入)
(CX1の下のパターンはカットして置くこと。ここは配布基板はカット済)
下の写真の様にCX1(0.1uF)チッコンを取り付ける。




2015-0912-3) 動作写真。
 写真の様にAD9851が動いています。
 詳細はこれからデバック致します。出来るかなあ〜・・・・。




2015-0913) 回路図等(改造後のメモ、ん〜改造後の正式図面類と言った方がいいね。)。
 簡単に・・・かなり・・いいかげんなのでPT基板を参照。
 詳細はこれから・・・。出来るかなあ〜・・・・。

1)回路図


2)プリント基板端子名図


3)PIC24FJ64GA002-IC端子割り当て図


4)部品(表&裏)実装図(1)  改造ヶ所も記しています。
1)FIL=スルー。のL1-L2のジャンパー(Fil未使用時)
2)パターンカットx1表面 してCX1を追加。(IC4の出力のDCカット)
3)R9は裏面に取り付ける。(IC1を+5V供給に変更)
4)R14,R15,R16は裏面に取り付ける。(3.3VのPll-UPに変更)
5)L3=10uH。
6)R12 削除?。?中


5)部品面だけの実装図(表)(2)(9月4日の画像も参照のこと)


6)AD9851 モジュールの端子名付きの写真



7)部品表 たぶん未
おもな部品
1)専用プリント基板 :「PIC24FJ64GA002-DDS-OSC-Ver5」
2)カラーLCD :UL024TF(aitendo)
3)AD9851 DDSモジュール:写真の物(いちぶではDDS-60とも言っています)
4)IC2 :PIC24FJ64GA002
5)IC1 :AD8307
6)IC3 :定電圧IC 3.3V品



ハードの改造も無事に終わり・・・次はソフト作りに・・・・



2015-0915) プログラムの完成?。操作釦の動作について。
プログラムは解らない頭で悩みましたが何時までも悩んでいても仕方ないので踏ん切りをつけます。
下記の条件で使えるようになり。下の写真の様にAD9851が動くようになりました。

・・・おもな動作仕様・・・。(名称 FRA-modoki-V10とします。)操作はV9に似ています。
1)PWR=ONでプログラム選択画面(P0)が出てF特画面の選択が出来ます。
2)操作ボタンは、MCLR、2ST、STOP、START。
3)多重測定が出来るようになりました、が下記の条件付きです。
4)(2ST)多重測定はPWR=ON、またはMCLRから3回までです。それ以上はMCLR(初期)動作となる時がある。
5)(START)クリアして測定はPWR=ON、またはMCLRから3回までです。それ以上はMCLR動作となる時がある。
6)測定入力は約1KΩHi-Z、(このへんは色々と・・・あるが。)
7)グラフ表示は絶対値を表示するものでは有りません。目安としてご利用下さい。
8)STOP釦でもその時点のF(周波数)が出力されています。
9)その他・・・・まだ色々ありそう・・・?。まあ〜実験基板だからいいっか。



2015-0915-2)動作写真
1)初期画面。このP0画面時にはOSC=1MHzの出力が出て居ます。
 (1MHz〜50MHz)と(100Hz〜10MHz)の2画面。


2)多重測定は3回まで・・・。
3)ATTの参考画面。
 (0db?あてにならないが目安程度に、0=1.0Vpp、MAX=+4db位)



4)LOOP-TESTの画面。S1出力、100Hz〜50MHz、こんなに良いのかな。
 S2出力にはFIL回路とAMPが接続されているからかね。



5)AMP(uPC1651G)のF特画面。
 約Gain=20db、当然に低い周波数では悪いね。が100KHzでもGainが採れているのはごリッパ。



6)LOOP-TESTの写真。一瞬、見たとこV9と同じ?です。裏面を見なければ・・・。




7)これで安い(今は円安なので・・・?)中華製のAD9851モジュールの活用方法の1つが 完成致しました・・・・。そうですパソコン抜きでである。


2015-0916-1)
 AMP出力の波形がまだ少しつぶれているので入力レベルを下げました。
(まだだが・・・我慢どころ・・・?。手持ちの抵抗で手を打った)
FIL部分を利用してATTを挿入して診ました・・・。(C2=100Ω、C3=100Ω、L2=50Ω、L1=ショート)
(さらに赤線のように変更(改造)しました。これで綺麗な(真っ直ぐな)F-得で取れます。2015-0922)


2015-0916-2)
LOOP-TEST時(入力Z 1KΩ)の出力レベル(参考です)
OSC=1MHz時
1)S1=約460mVpp。
2)S2=約120mVpp。
3)AMP=約1.4Vpp。

OSC=10MHz時
1)S1=約400mVpp。
2)S2=約100mVpp。
3)AMP=約1.2Vpp。




2015-0916-3) ん〜何か変・・・腑に落ちない・・・。(確認作業)
 S1出力のF特は非常に良いのに・・・・
AMPを載せないでS1出力と、S2出力を見て見ました。
S2は前回と同じようだな・・・MDL内に何か・・・?有るのかな?、でも追及はせず・・。
L1--L2のスルーのストラップのみ。

 ん〜、FILやAMPがつながっていなくても同じでした。深追いはせず・・・。




2015-0916-4)
では又、改造してS1の出力にAMPを接続して見ましょう。
 (ここの改造(AMP入力変更は)一斉の図面類には記載していません。あしからず。)
 クリックすると改造写真UPが出ます。又、S1-S2が逆になります。(2015-0923)


 ん〜、納得 素晴らしい・・・・ね。Gain=20db (1MHz〜50MHz)これでよしよしと。


 まあ〜低周波はAMP-ICが未対応だからね・・でも50KHzからGainが出るとは素晴らしいね。




2015-0916-5)
では、(2015-0918-v10af-ok-pic64ga002-mia.hex)の周波数5分割の画面をまとめて置きましょう。
(又、このAD9851モジュール内のICがかなり熱を持ちますのでケース(容器)IN時にはご注意を。)

2015-0916-6)
では、ここで「HEXフアィル」をUPしておきましょう。(勿論無保障です。随時更新)
2015-0918-v10a-ok-pic64ga002-mia.hex

=======================


2015-0921)
 今までと同じの周波数6分割の画面も作りました。
この様な拡大画面が簡単に出来るといいのだが、
このPTのプログラム方式?(いや私の頭)では多分不可能と思われます。
又、F=60MHZまで拡大致しましたがF-カウンターの銚子が悪く未確認です。
(写真ではXTL 20MHzと書いてありますが正しくはクリスタル振動子です。)
(又、プログラムが大きくなった為にP1では再測定は2回まで。)




では、ここに新しい「HEXフアィル」をUPしておきます。
(セラロックの画面は有りません。P1画面ではここのが一番分解能が高い。)
2015-0921-v10ab-ok-pic64ga002-mia.hex

=======================



2015-0922)
・今までと同じの周波数6分割の画面も作り。
・上の拡大図画面も入れてみました(P3)。
・S1,S2の改造しました。又P1画面も入れ替えました。
・これでF特もバッチリ・・・です。(2015-0923)


2015-0922-2) 改造=S1-S2の変更。
写真の様に改造致します。パターン切断x1、ストラップ切断x1、ストラップ追加x2。
ATT構成も写真の通り、50Ωは手持ちの古いのが有った為で、普通は51ΩでOK。



ここに新しい「HEXフアィル」をUPしておきます。(ソース非公開)
(P1 画面の変更(V10abでは大き過ぎ、P3を入れる為)、& P3 画面の追加)
2015-0922-v10ac-ok-pic64ga002-mia.hex

=======================



80)さて、と・・・一段落だが・・。まだ山は登り始めたばかりだが・・・・
・こんな物?作る人はいないだろうな〜・・・・
・余分なPT基板はどうしようかな〜・・・・?
・次の基板の予定もあるからな〜・・・・・
・あとで考えよう・・・・である。ここまでをUPして置こう。



90)2015-1006  余剰プリント基板の配布。
余分のPT基板を欲しい方にお分け致します。

1)配布 プリント基板名(PIC24FJ64GA002-DDS-OSC-TEST-Ver5)。基板代は無料です。
2)ですが1枚=500円の手数料(送料込み)を戴きます。発送は定型郵便、追跡無し、無保障)
3)ソフトは参考用にUPしてあるものを自分で書き込んで下さい。
 (PicKit2で書き込みできます。)(AMPを付けなければ簡単にできます。)
4)実験基板です。PT改造有り。ノーサポートです。(自己責任でご利用下さい)
5)注意1)ここでの制作ではAD9851モジュールです。(ソフトもAD9850には非対応です。)

6)配布についての条件は(〒No、住所、氏名、電話番号の開示(日本語))が必須。
7)代金は後払いです。(銀行振込のみ、振込手数料は購入者負担)
8)このサイトを見て組立出来る方、個別サポートはありません。
9)配布期間は1〜3ケ月、無くなりしだいに終了。(早い者順 数名分)
10)申し込みはメールのみです。(メールは非リアルタイムで対応)
11)組立&使用については自己責任です。
12)メ-ルは「ja1wby@jarl.com」にアットマークを小文字に修正してから送信して下さい。
 (メールは私の迷惑フォルダーに入ったものは対象外と致します。)
13)発送は梱包準備がありますので数日後になる予定です。
14)(注意、メ-ルは私が読める日本語TEXT文とする。)

・この件は終了いたしました。ありがとうございました。(2016-0115)

(完成した組み立て例です(参考写真)。配布はプリント基板(配線板)のみです。)





(No11)  たぶん_END?


100):参考文献
10)春日無線のカタログ資料
20)実用真空管ハンドブック(誠文堂新光社)
30)ラジオ技術2009年12月号(アイエー出版)
40)真空管規格表/CQhamradio 2001年11月付録
50)手作り真空管アンプのページ
60)VK5TM
6)その他。


前に戻る

All right Reserved, Copyright(C)JA1WBY 2014-2015