JA1WBYのアンプ製作記 
「ANALOG-DISCOVER 使用記」
(試行錯誤しながらの取説代わりのメモに。)


2015/05/03 1st 追試構想開始
2015/05/07 FRAplus用のTEST治具の作成
2015/05/xx 画面キャップチャー画面は色々と差し替えたので日付は一致致しません。
2015/05/15 これまでの気が付いたこと(疑問点)を追加。
2015/05/xx 随時更新
1)まずは(概要)を・・・・!
 だいぶ前にUSB接続の (DIGILENT製)の測定器アナログデスカバリを購入し、 又 それ用のアダプターKIT「FRONTBOX FB-1」までを購入いたしましたが自分の思う使い方が出来る だおろうか?とチョット億劫になりましてそのまま開封せずに・・お蔵入りになっていました。(使い方に慣れたらその恩恵が解るのだろうが・・・)
(もっともスタンドアロンの視て楽しむ「FRA-modoki-V9」があったからですが)
が、ARITO氏が新しいソフト(Analogdiscoveryのハードを使った)「FRAplus」(ソフト)の提案があり・・もしや・これは私にも使えるかもと 錯覚し?・・・と言うことでちょっと色々と試行錯誤しながら勉強して使ってみることに。

(本当はこの歳になると、もう、PCを使った物にはなるべく手を出さないでいようと決心していたのだが、皆さんの開発試行BBSのお蔭で もしや、私にも使い熟せるようになるかも、と。・・・・夢が正夢になるかも・・ね。)

本物の「FRA」は高価すぎて触ったことも有りません、なので言葉と自分の頭の中でのイメージが色々と混線しております。 で、解りやすく画面をコピーしながら備忘録として記録して置くことに致します。

これは趣味の製作実験記録です。応用には自己責任でお願いします。なお、
・@詳しい使い方は「ARITO氏のサイト」
・A「FRAplusアダプター」のページ ・配布予定はいつかな?
  の紹介をご参照して下さい。



1)2015-0503
 まづは以前に購入した「アダプターKit」の写真。
入力端子がBNCコネクタなので私には解り難いので・・・・BNCコードの加工が必要なのでこれは置いといて。

(BNC端子が差動対応になっています。(チップ=CH1+IN)(リング=CH1-IN)と言うかな。


2)2015-0504 接続方法はARITO氏の図と同じです。
 簡単でシンプルなRCA端子を使用した物を汎用プリント基板で作成いたしました。Hi・・超簡単に・・・・。
が治具の方は備忘録としてはここに残さない訳にはいかないね。

 入力端子は
(RCA端子でT(チップ)=CH1+IN)(RCA端子でR(リング)=CH1-IN)
(RCA端子でT(チップ)=CH2+IN)(RCA端子でR(リング)=CH2-IN)
(普通のRCA端子なのですが外側をGNDから浮かして-INにて使用致します。)
(差動入力の接続に致します。この治具GNDはDUTのGNDに接続します。)
 OSCの方は
(RCAでT(チップ)=OSC1(W1))
(RCAでR(リング)=GND)
(OSC1は普通にアンバランス接続に致します。Cで直流カットしていません。勿論簡単に追加可能)



 また、誤挿入防止機能は必ず付けておきましょうね。




3)2015-0504
 まずは本家の「DWF-1 Network Analyzer」で動作確認を。
 簡単にRCA端子を使用した物でキアリブレーション?と行きましょうか?。
・OSC1-out---->CH1-in & CH2-in  RCAケーブル10cm位 
・起動画面の More で Netwok Analyzerを起動致します。
・Single(まあRUNでもいいのだが)でこのような画面が測定できます。


まあ最初のオープン画面はどうであったかはいじって?しまったので不明ですが画面の条件で この画面になれば良いと思います。(直観的に Gain= ±20db で取りあえず理解し易い)
画面の右上にある「BodeScale」にで左側のGainを(調整)決めます。



4)ここで色々測定してみて下さい。
 ここでは1つだけを挙げて、「DUT=Gain 10dbのAMP」です。(接続は9項の写真と同じPT基板)
・OSC1-out---->CH1-in(CH2=無接続)  RCAケーブル10cm位 
(位相測定でどうしてこのグラフになるのか?・・・・。CH2が関係か)
(あァ、そうか確かデスカバリーの中にはCHのinputに内部接続出来るものは無かったかもね・・・?)



 接続方法の変更。これも同じ、Gain 10dbのAMPです。こちらは位相もきれいに見えますね。
・OSC1-out---->CH2。OSC1-out--->DUT-IN_DUT_OUT-->CH1  RCAケーブル10cm位 
(位相測定では・・・・。CH1、CH2が関係するのね、当然と言えば当然ですが。)
 上記の1CHだけの測定でも何か設定すれば出来るのかは解りませんが・・・。

(Gainスケールは測定後の変更でも即グラフに反映されます。)



5)2015-0505 それでは本題の
 こんどは「FRAplus」のソフトを立ち上げてみよう。
 何も無い空の窓が開きます。(これで良かったのかな)


6)「FRA+測定」ボタンをクリックします。と・・・測定項目の設定画面になります。
 (最初はキャリブレーションしていないので何やら・・・のメッセージがでますが・・・)





7)キャリブレーションを・・・  まづは接続を(RCAの2分岐?があると便利です。)
・OSC1-out---->CH1 INへ 
・OSC1-out---->CH2 INへ 
(アンバラout----バランスin)

8) 設定(S)-->から校正(C)に入ります。キャリブレーションを・・行います。・・・そして保存をします。
(いつでもここでキャリブレーションをやり直すことが出来ます。)


でキャリブレーション後の測定グラフです。(いいのか悪いのかこんなもんなのか?) 




9)2015-0506
 ではDUT(被試験物)に「Gain=20dbのIC-AMP」を接続して測定してみましょう。下の写真。




10)測定 例
 簡単につないでAMPを測定してみましょう。
・OSC1-out---->CH1-in 
・OSC1-out---->AMPin---AMOout--->CH2-in 
・ん〜それらしく上手く測定出来たようです。Gainも(約20db)表示でOK・・だし・・・・。OSC1out -20db


だが何故だか、-20db で「自動レベル設定」ではERRが出てうまく設定できなかった。



11)
 まずはF特グラフだけでいいよ・・・・?。はどうする。
 色々設定項目を見たが見つからない・・・・・・・が?。
・ん〜ここのプロパティーにありました。まさかこことは、もっと見やすいボタンが欲しいね。
 (グラフ画面にボタンがあると悩まなくていいね。)


12)F特だけのグラフになりました。



13)
・取りあえずF特の測定が出来るようになりました。
・今回はPCの画面キャップチャーでメモにしてきましたが、測定画面での測定DATAが保存できます。
・又、グラフ画面でも保存できます。

・普通はこれでOKが出るのだろうが、まあ〜、このソフトではグラフ画面で色々な画面の正規化(加工)が出来てしまいます。
・だが、この正規化にはなにがしかのある程度の専門知識がないととんでもないグラフが出来上がってしまう可能性もあるような気が致します。
・この辺はARITO氏の設定を含めた測定例題の開示に期待致しましょう。


14)2015-0507。 入出特性を。
今度はアンプの入出特性を測定してみます。(グラフ様式は「入出特性(8Ω)」を選択致します。)
(但し、下記のグラフは8Ωの負荷無しのもの(モデル)です。)綺麗はグラフになっていますね。


負荷が4Ω、8Ω以外のOPアンプなどの入出特性を見るにはこちらのグラフがいいですね。
(中々広く応用できる気が致します。お気に入りの1つかな。)



15)ひずみ特性を。
今度はアンプのひずみ特性を測定してみます。(グラフ様式は「xxx」を写真のように選択致します。)
(但し、下記のグラフは(負荷無しモデル)です。)
グラフは未だ?にしておきます。いいのか悪いのかも検証していないので。



16)2015-0514) 何だか少し変・・・・の解明を。
ここまでは、まづはソフトが動けば・・・・と言う程度で進めてきましたが・・・
色々とテストをしていると、Loop-test(キャリブレ)時に古いPCが悪いのか・・・こんなF特画面になったり致しました。
何か、キャリブレのイメージが違うのだ。CH1とCH2が少なくても1MHzまでは同じでなければおかしい・・・
 (たかだか100KHzで-1dbもになることは・・・・何かがおかしい?)



17)おぉ、解りました、原因が。
同軸?ケーブルのGND線が断線していました。(差動入力の-INが断線と言うことに)
今度はイメージと一緒になりました、こうでなくちゃ・・・ね、覚えておこうっと。
(キャリブレだがやっていることは同じなのでここでは一応Looptestとしておこう。でもまだ物足りない・・気もするが)

(ケーブルを変えてみたがあまり変わらなかった、短いからね。)



17-2) FRAplusでも採って診ましょう。
 (キャリブレやったのでそのままLooptestのグラフ出してみました。うぇ〜何んだ、このグラフは・・・?
 ん、〜てこの細かさはいる?・・・・・いる人もいるのだろうな・・・・・)


17-3) ちょっとGainバンドを変更してみよう。
 (このくらいが私には見やすい・・・グラフに・・・?。0.01dbざっと1mV強?・・・)
 (しかし、こう言うソフトが簡単(でも無いと思うが)に作れる方は凄いな〜。)
 


18)2015-0514) 古いPCでも動くのかを(1)。
 古いPCでも動くのが確認できました。
 (DWF-1 での動作。 FJの「FMV-8390」。Hi)


19) (FRAplus での動作。 FJの「FMV-8390」)



20) 古いPCでも動くのが確認できました(2)。
 こちらのノートPCでも動作致しましたがOSがXPなので画像は控えておきます。
 (.NETフレームが既に入っていれば簡単にインストールもOK。)
「Ppanaasonic-CF-Y4」。画像未)



21)2015-0514) では本格的に使ってみましょう。

 って、アナログデスカバリ本体の検証はプロの善本氏が詳細に検証して公開しております。ので是非とも1度ご参照しておくとよいでしょう。(測定器を持たない私の出番な無い・・Hi。)
 で、私が出来るのは「FRA-modoki-V9」以上の簡単さで使用出来るのか?です。が

でも、このFRAplusをどういう人達が使うかによってグラフの作り方や測定確度や使い勝っても違ってきます。
BBS上で解って(ROMした)いる開発者たちの目標は・・・・・

1)オーディオの自作トランスの特性を測定したい・・・「本物FRAに代替え出来る確度」が欲しい・・・
と、本格的に使用出来る目標だと伺えます。

2)一般的オーディオ用として各種の測定もこなしたい・・・・
1・周波数特性 バランス機器も対象
2・入力対出力(グラフ等)の測定
3・ひずみ率の測定
4・インピーダンスの測定
5・S/Nも測定
6・まだあったかな・・・・?



で、今の「FRAplus」の完成度はまだ。・・まだ・開発中・・・です。どこで手を打つかですが・・・・。

で、開発中なので無知な私がBBS上に書き込むのは差し控えておきましょう・・・・開発の邪魔になると・・・・思うので。

今度は段々と自作の真空管AMPなども測定して行きたいと思います。



22)気が付いたこと(疑問点)等・・・・

ここにメモを記したらARITO氏からご親切にメールを戴いた。
で、私の舌足らずの文のところもあるので個別返信はしないで備忘録としてUPしておきます。(感謝)
(2015-0518 追記 JA1WBY)
1・「DUTの(ブラックBOX)」にINとOUTを接続しても何がしかの波形が出て欲しいね・・・
  (オシロスコープで言うAUTOボタンがあるといいね。)
ARITO氏からまずは「何をしたいのかぐらいは選んでいただかないと。」 ごもっともです。
(正しくは周波数特性」を選んでオート釦と言うべきでした。)

と言うことで下記は設定(確認)しないと、いけないかと。
1)プリセットが「周波数特性」に。
2)下限周波数---と上限周波数「10Hz 〜1MHz」に。
3)出力(dbV)が0db
4)スイープ方法「ログ」 と ダウンスイープ。又は、アップスイープ
5)入力設定=いじらずそのまま。
6)グラフテンプレート「周波数特性(CH2-1)

(良く見ましたら「リアルタイムグラフプロット」の設定項目がありました。将来・・実現かな。)
で、何も接続しないで測定&グラフ表示させてみました。そしてAMPをつないで測定致しました。
勿論、両方共、測定出来ました。OKです。

今度はグラフにカーソル機能を使ってGainを表示してみました。(早くリアルタイムグラフ表示出来たらいいね。


2・F特では10Hz〜100KHz位の軽い動作でいいので是非ともONグラフ(リアルタイムグラフ プロット表示)が出来たらいいね。・・・(多分これがMAINになると思うので、DWF-1みたいに。)
(良く見ましたら「リアルタイムグラフプロット」の設定項目がありました。将来・・実現かな。)




3・F特では入力レベルの-20dbの設定ボタンが出来たらいいね。・・・
  (AMPの入力には非常に都合のよいレベルだと思うので。)
(手で入れれば済むことなのですが。)
まあ〜固定に(-20db)設定があってもいいのかなと言う程度ですが
自動レベル設定だとグラフにしたときにGain(幅 Y軸単位も)がその都度変わってしまい、リアルタイムグラフ表示での比較がしずらい まあ〜グラフにしてから加工するには関係無いと思うが?。

あっ、勘違いを発見。

・・・なんてこった。
(自動レベル調整)が出力設定部分にあったので勘違いしてしまいました。OSC専用かと。
良く見ると、この参照入力CHの設定に「CH1とCH2」があるではないか。
CH1の選択によりOSC1出力電圧の設定が可能。
CH2の選択によりDUTの出力電圧の設定が可能。(CH2の入力電圧)
となることが解りました。これで私の希望する使い方が出来ます。・・・素晴らしい・・・・
・・・まだまだ良く見ないといけないね。・・・



4・F特では入力レベルの-10〜-20dbの測定中にハングUPすることがあった。・・・
  (不確率なので・・・・?中・・・PCを変えても出たので・PC依存では無いと思うが。)
  (この現象はV16の時は出なかった。V20で・・・?。)
(・・・まだ 今のところ再現していません・・・。)



5・F特では入力レベルの自動設定ではNGになった・・・
  (多分やり方が悪いと思うが・・・・?。)
(やはり、やり方が悪かったようだ・・・設定で・アラートがでました。」
(むろん、適切?なDUTが接続されているときに。)
私のWIN8.1の設定が悪いのか「自動レベル設定」の識別がし難い、まあ=慣れの問題か・・・?
なのだが?ちょっと使いずらい。
「自動レベル設定」を一度した後に手入力でレベルをいじったらアラートを出すか 「自動レベル設定」枠が赤くなるとして手動レベル設定に変わったよ〜ん。と・・なって欲しい。PC依存?)

(自動レベル設定が終わって窓を閉じた時に出力レベルも変わっていたらいいかな。)
(実行(測定中)後は自動レベル値が表示されるが・・・・・・。)

・・・3項の設定で解決・・・




2015-0518) 追記2
あの〜う、色々といじっているうちに「グラフプロパティの設定」で新しいグラフを作成できることが解りました。
1)F帯域の軽いもの:10Hz〜1MHz(グラフF線(表示)の10HZ〜1MHzの指定方法はまだ?だが)
2)Gainの帯域の固定:-40〜40db
3)横軸1のみのグラフの設定
これが固定値(デホルト)のグラフが出来ます。
4)OSC1の出力:-20db 都度の指定かな。   
5)測定回数は?都度の指定かな。
(ん〜素晴らしいね。このソフトは・・・・・・凄いね・。)

で、早速動かしてみました。プロット画面重視の方にはこれで簡単にGainの比較やF特 の比較が簡単にできます。(詳細の特性を採る方はオーソドックスに・・・)いいね。



これで「メモ記事のほとんどが多分実現出来るでしょう?・・・。と勘違いがあるといけないので?を付けておきます。・・・Hi。(2015-0518 追記2)



6・F特で 「CH2-CH1」は校正レベルは必要ないと思う・・・・
  (この辺は詳細の発表が無いので・・・?。独自の考えたものを下記に、まあCSV測定値から判断しろよと言うか?、又は解るかも知れないが現時点ではCSVファイルを解析していないと言うか、測定窓でしか見ていないのであしからず。)
下記に主な項目を拾い出してみました。


・測定項目は・・・インダクタンス〜ひずみ率特性までは、・・・なにをやるのかが大体解りますね。

・スイープ方法は・・・2種類なので・・・理解できます。

・演算処理方法は・・・この辺の理解が・・・解りずらいかな。
1)周波数特性(CH2-CH1)・・・CH2の測定値からCH1の測定値を引いた(-記号)値のグラフ(CSV)が作れる。
  (この時はキャリブレの値は関係しないのか?、関係しないと思うが。)
2)周波数特性(CH2)・・・・・・・・CH2の測定値からのグラフ(CSV)が作れる。
  (この時の基準値はキャリブレの値が関係するのか?、はだかのCH2の測定値なのか?)
  (キャリブレやっているので「測定値-キャリブレ値」となると思う。)
3)周波数特性(CH1-CH2)・・・CH1の測定値からCH2の測定値を引いた(-記号)値のグラフ(CSV)が作れる。
  (だがARITO氏の測定治具からはこの項目は未使用の気がする?) (使い道あり)
4)周波数特性(CH1)・・・2項と同じである。
5)インピーダンス特性・・・差動端子なので4端子法で・・・。
6)インダクタンス・キャパシタンス特性・・・・・これは解ります。って言うか難しい?。
7)RIAA偏差測定・・・・・・これは解ります。って言うか使う人って少なそう?。

その他に「演算処理画面」にはプロパティがあって色々と設定が出来る。
  (注意1:キャリブレが必要なのは上の2,4,5,6,7項です。)と注意書きがあると解り易くなるのだが。
  (まあ〜測定周波数が〜1MHzなのでキャリブレDATAが無くともそこそこのグラフになると思うのだが?、 これだと設計目標値(プロ用?)に反するね。)


7)グラフの正規化は良いアイデアだと思いますが、出来れば測定時に基準値を指定して測定できればなおGoodかな。 そんな使い道は無いのかな・・・。簡単に「0db=1V出力」のグラフが採れる。
 (例:フリーRUNで1KHz=0db点のグラフ、自動での入力レベル、(又は手動VRでの調整)リアルタイム画面表示)
 (例:フリーRUNで4KHz=0db点のグラフ、自動での入力レベル、(又は手動VRでの調整)リアルタイム画面表示)
 (例:フリーRUNで10KHz=0db点のグラフ、自動での入力レベル、(又は手動VRでの調整)リアルタイム画面表示)
 手動ではレベル合わせが難しいと思うがデバイダー等のDATAが簡単に合成できる。
 これではAMPGainが揃っていないのでまずですね。

・・・3項での設定が出来るので解りました。これで大方の使い方がOKになりました。・・・
・測定設定だけでもこれだけの疑問点が出てきました。Hi。



8)アナログデスカバリーを使用しているのでF特だけでもバンド幅の拡張があってもいいかなと思います。
 (真空管AMP等では良いと思いますが半導体AMP対応に1Hz〜10MHz(5MHz)位に)


9)・グラフ作成(正規化)は・・・???だらけになりそうです。
 (又は、こう言うものだとして疑問が出てこないかも・・・?。)

だが、グラフ加工の方は殆んど未だ試していません・・・Hi。(2015-0520)



・簡単に使用出来ると思ったが、
ん〜、何んでもそうであるが、使い熟すにはある程度の努力が必要であることが解ります。
(爺になると適当(これが一番難しい、千差万別で?)なグラフが表示できるのが一番いいのだが・・・・。)



23)実測例をUP・・・その1
1)TR-AMP(デスクリートの自作品)
 利得も知りたいのでカーソル機能でGainを測定表示。


2)入出力特性です。


3)ひずみ率特性です。

 以上の3種類を採って診ました。使い方が決まってしまえば非常に簡単です。
(我ながら中々いい特性だなと・・・・)



24)実測例をUP・・・その2
1)6922s 真空管-AMP(12V:DC/DCの自作品)
 利得も知りたいのでカーソル機能でGainを測定表示。


2)入出力特性です。


3)ひずみ率特性です。(ん〜こう言う特性もありだよね〜。)

 以上の3種類を採って診ました。使い方が決まってしまえば非常に簡単です。
(我ながら何だかな〜の特性かと思い気やシングルの特性が良く判ります・・・・)



25)実測例をUP・・・その3
1)56pp 真空管-AMP(そんな真空管は見たこと無い:自作品)の測定風景


 利得も知りたいのでカーソル機能でGainを測定表示。


2)入出力特性です。
 (なぜTR-AMPの時と同じ10mVからのプロットにならないのだろう・・・?)


3)ひずみ率特性です。(いかにも歪み率特性のカーブだね)

 以上の3種類を採って診ました。使い方が決まってしまえば非常に簡単です。
(我ながら何だかな〜の特性かと・・・入出力特性でミニだと言うことが判ります・・・)



26)実測例をUP・・・その4
1)TR-AMP (自作品)この簡単な装置で手軽に測定できるのは最高ですね。
 この様な小出力のAMPの実験にも(dbV)や(V)単位の設定があるので気軽に使えていいね。


 F得の測定表示。(補正用 C=22pF)


2)入出力特性です。


3)ひずみ率特性です。(なんかこのグラフには違和感を感じるが)

 以上の3種類を採って診ました。使い方が決まってしまえば非常に簡単です。
(簡単に特性が採れて記録に残すのには手軽でいいね・・・)



27)実測例をUP・・・その5
1)IC-AMP (自作品)この簡単な装置で手軽に測定できるのは最高ですね。
 この様な小出力のAMPの実験にも(dbV)や(V)単位の設定があるので気軽に使えていいね。


 OPA2134P IC使用のGain=10倍のAMPの測定。
 かなり素直で素晴らしい特性です。(無補正)


2)入出力特性です。Gain=20db リニアに変化しているのが解ります。


3)ひずみ率特性です。ATTのある無しで比べてみました。
 これで良いのか悪いのか、判りませんがATTで段差が出ているような気がして違和感があるが?。
 10W出力品ではそれらしく測定出来ているので負荷抵抗の関係かな・・・ あとで負荷を変えて測定してみようかな・・・?。

 以上の3種類を採って診ました。使い方が決まってしまえば非常に簡単です。
(負荷が無いとこの様なグラフになるみたいかもね・・・?)



27-2)ひずみ率特性です。ATTのある無しで比べてみました。
 これで一つづつ足して行くと良いように見えます。ん〜・・

(何か間違っているのかな・・・?。原因不明中・・・です。)
(何か前回のフォーマットを(PCが)を使用した時に悪いのかな〜・・・?)



28)早速、負荷を変えて測定してみました。47Ω、1K、10K、OPEN。ATT切替無。

 負荷を変えて4種類を採って診ました。中々いいですね、非常に簡単です。
(ATTが無いのでMAX 2Vまでのグラフに・・・これが歪み率特性の自然のグラフに見える。)



29)負荷を変えて測定してみました。47Ω、1K、10K、OPEN。ATT自動切替。
 (ATTの自動切替の時は・・?のグラフに、ん〜判ったATT自動切替時は10Vまでのグラフだね。)

 負荷を変えて4種類を採って診ました。負荷47Ωはちょっと重いだけで、中々いい。
(簡単に特性が採れて記録に残すのには手軽でいいね・・・)



30)2015-0603) ARITO氏の差動出力回路を作ってみました。
 (ん〜、うまく動いているようだ。)

BBSでも新しい簡略化された回路がUPされましたが、
「BBS上ではいいね」とは言えないないな〜。(既にJIGUを購入済なのでとたぶん, No GET)
で、ここで勝手に私の思いを・・・
1)延長用のコネクターが無いのがいい・・・ね。
2)私としたら差動回路も載せたパターンで欲しいね。
3)素人にはCNの位置合わせがネックになると思う。個別で開けるのは簡単だが。
  (PT基板と溝と表面板との位置関係)
4)差動回路を載せるとこの基板の大きさにではできないかな・・悩ましい。
 (OSC1 CNはは排他利用かな、又はアンバラを後方に・・?使用者任せ)
5)基板上にAC-DCの切替(ショートピン)も欲しいね。でもケース入れちゃうとね?
6)-INの対-GNDピンは有った方がいいね。
7)BNCは絶縁タイプ?、だと思うが。
8)色々と悩みますね〜、私ならオープンケースいいかな?、または蓋をあけてチョット変更?
9)この大きさは良いね・・・。差動が載ったらPTを1枚欲しいかな。




31)F-得を・・・みました。
 (ん〜、うまく動いているようだ。ICはOPA2134P)




32)グラフの加工は置いといて・・・一応基本は使えるようになりました。
(まあ〜グラフ加工は・・・後々で・・いいかな?あまり使わないかも?・・・と)
あとは早くリアルタイムプロット(グラフ表示)が出来るバージョンが待ちどうしいね。



実測例をUP・・・その6
2015-0613
33)ソフト差動出力に対応した治具を作製してみました。(V22使用)
 (OSC1、GND、OSC2の出力コネクタ(3P)を追加(ダブルで)SWの代わりにRCAケーブルで接続。)

 (AWG1 と AWG2 を使用した測定実例をUP。)
(今回は差動AMPを作ったのでちょっと試して診ました。)




34)F-得を・・・採ってみました。
 (ん〜、うまく動いているようだ。)
こう見るとかなり悪いように見えるが-3dbでは100KHzを超えています。
(グラフ表だけのコピー画面では測定条件が解らない、必要ないのかも?知れないが 、このコピー画面にはAWG1&2使用とかの表示が欲しいね。)




35)IN-OUTを・・・採ってみました。
 (ん〜、うまく動いているようだ。)
(グラフ表だけのコピー画面では測定条件が解らない、必要ないのかも?知れないが 、このコピー画面にはAWG1&2使用とかの表示が欲しいね。)




36)歪み率を・・・採ってみました。
 (ん〜、うまく動いているようだ。)
(グラフ表だけのコピー画面では測定条件が解らない、必要ないのかも?知れないが 、このコピー画面にはAWG1&2使用とかの表示が欲しいね。)
(カーソルは気にしないで、出力レベルを見たかっただけなので。)




37)歪み率を・・・採ってみました。
(こんどは回数を変えて測定してみました。
前よりだいぶ良くなったよう(段差問題)に見えるので、デホルト=5回くらいでも良いかもね。)




38)クロストークを・・・採ってみました。
(こんなもんかな?。)




39)今回は差動AMPのF-特。IN-OUT。歪み率を・・・採ってみましたが。
 チョット気が付いたことをメモに。

1)ん〜、一応うまく動きました。(感謝)
2)グラフ表だけのコピー画面では測定条件が解らない、設定画面を含めた公開が このソフトの普及には必要ではないでしょうか?。(と思っての画面COPYを使っています。)
3)是非とも欲しいのが設定画面を(ユーザー設定を含めて)をデホルトにする機能が欲しい。
 (最初のインストール時と同じに)
 (開発中では今の方法が非常に便利ですが・・・難しいね。)
  (注、インストールがクリーンインストールではないので?。
  インストール時にアンインストールを求めるで普通はクリーンインストールでいいと思うが?。) 
4)「差動測定の表示」もして欲しいような気もするが考え過ぎかな?。




40)2015-0615)インピーダンス測定をしてみました。
 チョット、治具を改良してインピーダンスが測定可能になりました。

1)簡単に4回路3接点のトグルSWで切替えました、一応うまく動きました。(またまた感謝です。)
 (コードはいつもののRCA端子の利用です。)
2)簡単な治具回路図はこちら。
3)SW1=OFFでは今まで通りにF特などが測定できます。




41)簡単にC,Rを測定して診ました。(1)




42)簡単にインダクタンスの項目で測定して診ました。(2)
  (今回はLの測定はまだですが。)




43)(今回はこの治具でうまく測定できましたが懸念が1つありますが?。)
 何やら・・・BBSでは専用の治具に専用のコードの組み合わせになる模様です。
 するとこの治具では使えなくなりそうです・・・・?。
 その時はオーダーかな・・・・?です。
 制作ロットが少なかったらあっと言う間に終了するかも・・・・ね。



44)(---チョットケアレス ミス?-----。)
 ある・・BBSにお気軽にご意見を・・・とあったので、つい
 ある書き込みをしたら猛反発を食らったようなご意見を戴いた。
 (「基板設計は終わっています。改造はご自由にどうぞ・・・位を期待していたのだが)
 (まあ〜考えてみればわかることだが・・・と反省。)
で、何を言いたいかと言うと求めているのは

1)オーディオの自作トランスの特性を測定したい・・・「本物FRAに代替え出来る確度」が欲しい・・・ と、本格的に使用出来る目標だと。
なので、
「FRAと比較データの出せる方」の意見であり「比較測定データ」である。
とそこをはっきりと公示して置けばよろしいかなと。
訳の解らない人々の私にも測定出来ましたレポートは確かにいらないのだろう・・・と。
そうすれば自分の好きな治具の設計、製作が出来ます。 (これは、私の思いなの・・・です。)



45)で私が考えているのはこんな感じで・・・。
個人的にはRCAコードが一番多いし使い易いンで。(BNCでは制作しないといけないので)
 BNCコネクタの分ぎは手持ちに無いが、RCAのY型分ぎは沢山あるので。
回路図は前項(40項)に載せた回路で大丈夫だろう・・・と。




46)2015-0617)FRA+ で入力インピーダンスを採って診ました。
今度はTR-AMPの入出力をとってみました。こちらはPOWER=ON/OFFでも同じようだ。




47)FRA+ で出力インピーダンスを採って診ました。
基準抵抗=10Ω。



48)FRA+ で出力インピーダンスを採って診ました。
基準抵抗=1KΩ。こ違いは何だろう?、どちらを信用すればいいのだろう?。



49)FRA+ で出力インピーダンスを採って診ました。
基準抵抗=1KΩ。POWER=OFF
(PWR=OFF直後、と数分後では測定値が大幅に違う、C依存か、これは不正解か?)




50)FRA+ で出力インピーダンスを採って診ました。
基準抵抗=1KΩ。POWER=ON(これが正解みたいだが 基準Rは何を使えばいいのだろう?)
まあ〜、普通は「XXkΩ/1KHz」の表示なのだが。この差は違い過ぎだよね??。
測定方法?が悪い?のか。こう言うものなのか?である。
今回は負荷は解放だが、負荷を付けた時も採って見ないとね。




51)2015-0710)
 久々に「FRAplus」がV25になったので測定して見ました。

まづはいつもののIC-AMPでF特を測定致しました。(9項の写真のIC-AMP)(同じ被測定物でないとまづいので)
今度はCopyで画面全体が採れるので非常に楽になりました。
出来ればグラフの左上あたりに「FRAplus &VerNo」のロゴ(文字/またはマーク)もあっていいかなと思います。
(グラフのみと全画面Copyの時に)都合悪ければ非表示/表示の選択可能とすればいいかな。



入力を変えてのグラフです。




52)同じアンプの入出力特性を。




53)同じアンプの歪み特性を。
 やっぱり2段化になってしまいました・・・・・何故だろうね?。
 BBSでも色々意見があるが・・・私のには固定しないので困るね。


 ・私のには固定しないので困るね。この様に良い時もある。一桁違う、0.01%である。
 ・いつもこうあって(測定できて)欲しいね。




54)入力インピーダンス測定
 この様に採れました・・・良いのかな。




55)出力インピーダンス測定
 この様に採れました・・・良いのかな。何んとなくそれらしく・・・・感じるが。




今回Ver25、を使用して思ったこと。(私のPCで感じたこと。)PCによって違うかも?と。
・グラフがリアルタイムプロットが出来るようになったので素晴らしい。
 (でも非常停止釦が何処かえ消えてしまった。無いのかな?。)
・Copy画面ではFIXの固定の大きさの画面があっていいね。
  F特=770x546dotの・・・デホルテ画面がある。
  (グラフ画面では726x284dotになっているみたいだ。)
  歪みなどの1:1画面では284x284dotになるみたいだ。
  ただ1:1の画面になった時にY軸の(値が)どんずまって見難い時がある・・・
  また、すッきり表示される時もあるのだが・・?、どうしたらいつもすっきり表示に出来るのだろう・・か?。
  (どこかに設定があるのだろうが1:1画面の時は1,10,の倍率のみでも良いと思うが。)
・このCopy画面の切り貼りはあまり需要が無いのかな・・・?。私はもっぱらこれです・・・たぶん。
・出来ればグラフの左上あたりに「FRAplus &VerNo」のロゴ(文字/またはマーク)もあっていいかなと思います。
 (グラフのみと全画面Copyの時に)都合悪ければ非表示/表示の選択可能とすればいいかな。
 このアプリ「FRAplus」が認知されればされるほどメジャーソフトになると思うので・・・・。



2015-0718
56)FRA+のPT基板を入手して見ました。
 ん〜、前にも購入したものが有ったのでは?・・・ICアンプによるバランスOUTが欲しかったので・・・。
(前に比べれば非常に格安なもので・・・・・つい財布にも優しかったので。)




2015-1013
57)アンドロイドTABが壊れたのでWin10のTAB7をGET致しました。
 ん〜、画面が小さいので見難いとは思ったがRS232C/USBで継いだら動いてしまった・・・よしよし・・・と。
(ま〜実際は10インチTABで無いと使いずらいね・・・・ついでにUSBが2個あるTABがいいね。)




2015-1013
58)ついでにFRA+ではどうかと・・・・・・TESTしました。
 ん〜、マイクロUSBでは電流不足で動きませんでした。電源供給タイプのUSBハブ(BSH4AMB01BK)を使えばOKでした(約500mA)。これにはKEYボードもつながりました・・・OK
(ま〜実際は10インチTABで無いと使いずらいね・・・・ついでにUSBが2個あるTABがいいね。)


この「タスクビュア」がないとこのTABは使い物にならない・・・ね・・・・画面を閉じるX釦が隠れていて出てこない画面が多い。
又、画面が小さいのでタッチペンが使えるといいね・・・。WEBでNETを見るだけならいいが・・・。







No9. たぶん_つづく?





100):参考文献
1)実用真空管ハンドブック(誠文堂新光社)
2)ラジオ技術2009年12月号(アイエー出版)
3)真空管規格表/CQhamradio 2001年11月付録
4)ぺるけ氏のHP「情熱の真空管 / PassionateTubeAmplifier」
5)手作り真空管アンプのページ
6)ARITO氏のチョロQの掲示板
7)ものづくりの掲示板
8)ソフトンさんのアンプのページ
9)ARITO氏の「オーディオ機器用自動測定ソフト FRAplusのご紹介」
10)「FRAplusアダプター」
11)その他。


前に戻る

All right Reserved, Copyright(C)JA1WBY 2015