JA1WBYのアンプ製作記 
「pic-easy-fra-v9の製作記(その3)」
(28ピンのPICで実用品になるのか。)
(FRA-modoki-Ver9)の制作記

@BUF-AMP実装版ソフト=Ver8bxx。
P0=Program-List (P0画面にGain測定用の小窓を追加)
P1=1Hz---1MHz
P2=10Hz--1MHz
P3=10Hz--10MHz
P5=IN-OUT


2015/01/20 1st 製作構想開始、部品集め
2015/01/22 PT-oeder
2015/02/05 PT-基板到着
2015/02/06 HP-公開
2015/02/08 誤記訂正、おすそ分け=UP
2015/02/09 部品購入のメモを追加
2015/02/19 AMP基板-imageを追加
2015/03/02 ソフトV8b6-up
2015/03/12 ソフトV8b7-up
2015/05/08 ソフトV8b8-up IN-OUT特性の見直し
2015/06/07 ソフトV8b9-up F-特の上限表示の見直し
1)まずは(概要)を・・・・!
「前のVer8の基板内にバッハーアンプを内臓 してみました。
これはその制作、ソフト活用の備忘録です。
 (注意)価格は購入時点のものです。

これは趣味の製作実験記録です。応用には自己責任でお願いします。

今回は前回のプリント基板の改良版なので簡単に組立例を紹介致します。
(制作方法&使用方法等についてはVer8の記事を参照して下さい。)


1)2015-0120
(今度のCAD画面)



あとは又、3WK待に・・・・長いな〜・・・・。


2)実装図 (こんな感じで。裏面の部品もありで見にくいが)
PT-Ver2の改良版(手違いでシルク印刷の年月が古いものと同じになってしまいました。
が、このPT基板を「PIC24FJ64GA002-DDS-Ver3-PT」と致します。まあシルクの場所が違うので判別できます。)









3)回路図(暫定)




4)部品表 「FRA-modoki-Ver9」(誤記があるかも?)(暫定)
「FRA-modoki-Ver9」の部品表(参考)



5)2015-0205 
 基板がようやく到着、早速 組み立ててみました。
 (シルク印刷に誤記があるのでこのPT基板を「PIC24FJ64GA002-DDS-VER3」PTと定義致します。)


6)
「PIC24FJ64GA002-DDS-Ver3」PTのフル部品搭載の写真。
 前回のにAMPを追加した部分を含めて今回は全て良し、火入れも無事に済みました。バンザーイ。


7)



8)測定画面集
 勿論、前回のVer8と同じように使用できます。
 5Vで消費電流(約)230mAです。
(「DDS-OUT----->RF-IN接続」のループテスト(Loop-test)。)












9)2015-0206
組み立て、ソフト、使い方等は前回のVer8の記事を参考にして下さい。
 (そう言えば動作原理等は書かなかったかな・・・下記の文献を参考にして下さい。)
・「電子工作の実験室」WEB等



10)2015-0206  Ver8b のHEXソフト
自作やVer-UPなどにご利用下さい。(尚、ソースの開示はありません。)
「2015-0113-v8b4-ok-pic64ga002-mia.hex」


11)2015-0207  「FRA-modoki-Ver9」の完成写真
 NEW-PTを取りあえず前のケースに入れ替えました。






50)2015-0208
「FRA-modoki-V9」のプリント配線版(NEW)」の頒布。

今度は「プリント配線板」のみのおすそ分けを致します。
(プリント配線基板以外は各自の努力で集めて下さい。)(基板だけなので需要は?ですが。)
(液晶はaitendo「UL024TF-2.4インチ-LCD」シールド」を通販で入手できます。
(主な部品の購入先は部品表に記載してあります。)

1)配布名「FRA-modoki-Ver9」用PT基板-NEW(実験基板)1人=1枚。
2)配布についての条件は(〒No、住所、氏名、電話番号の開示(日本語))が必須。
3)(部品表。PDFを参照。)
4)(代金は「1000円(梱包、送料込み。)
5)代金は後払いです。(銀行振込のみ、振込手数料は購入者負担)
6)このサイトを見て組立出来る方、個別サポートはありません。
7)配布期間は3月末まで、無くなりしだいに終了。(早い者順 数名分)
8)申し込みはメールのみです。(メールは非リアルタイム対応)
9)配布はJA1WBY個人が致しますのでアクシデントが発生した時は予告無く中止になります。
10)組立&使用については自己責任です。
11)メ-ルは「ja1wby@jarl.com」にアットマークを小文字に修正してから送信して下さい。
12)発送は梱包準備がありますので数日後になる予定です。
13)(注意、メ-ルは私が読める日本語TEXT文とする。)

2015-0319。ありがとうございました。配布は終了致しました。


51)2015-0209 部品の購入について
 最近は秋葉に行かないので何処で部品を購入したら良いのかをチョットシュミレーションをしてみました。
1・マルツでは1/6Wの抵抗は出てきませんでした。
2・秋月では1/6Wの抵抗の全種類が揃いませんでした。1袋100PCSの購入
3・共立エレショプでは1/6Wの抵抗の全種類が揃いました。1/2.10本単位の購入
3・共立エレショプでは1/6Wの抵抗の全種類が揃いました。2/2
4・秋月での主な部品リストをとってみました。チップコンはやはりここだね。
5・(抵抗は1/4Wの小型品と言うのが1/6W相当で使用可能。L=3mm)
6・(押釦SWは秋月のこれで可能かも。P-8079 未購入ですが。)
 (これで千石での購入分が省略することが出来まして。下記の4社でどうにか・・・間に合うと思う。)

1)共立で1/6W(1/4小型品)と半固定VR500Ωと電解コン(小型品)
2)RSオンラインでXTL(49.152MHz)とDDS-OSC(AD9835BURZ)とATT(PGA2311)
3)秋月でチッコンとその他の部品でたぶん揃えることが可能と思われる。
4)アイテンドウでLCDシールド「UL024TF」。


52)  *** ひとくちメモ ***
・部品の購入をチョットシュミレーションをしてみましたが1から揃えるのは中々大変でした。
・入力のATT機能はあまり使うことが無さそうです、ストラップでいいかな。
・今回はAD9835とXTLは前の基板から乗せ換え・・・で2枚共作成。
・入力はプリアンプがあった方が使い勝ってがいいような気がする。
・外部にゲイン20dbのアンプがあった方がより測定範囲が広がりそう。
・ケースINはこれから考える・・・・。
・その他・・・・色々・・・と考える・・・・・。




53)2015-0219  「AMP基板のイメージ」
 アンプを色々考えたが前作のデスクリートのTRアンプでは大げさ過ぎるな〜と・・・・・在庫も無いし・・・。
で、こんな基板をイメージしたが残念ながら春節前のShippedにはならなかったようだ・・・・・。
まあ〜現物がないので物になるのか為らないのかも未知数なので・・・・・・気長に・・・・。
1)10Hz〜1MHz位のアンプ (OP-AMP使用の汎用品に・・・なれば良いと思っています。)




54)2015-0301  「遅い・・・」
 アンプのPT基板だがステータスの変化が無い・・・・ELECROW遅い・・・。
で、前回と同じ所にすれば良かったかな?、とチラ〜と・・・・・・・。
実は早いとのうわさは噂で終わってしまう・・・・・たです。
 又、PT基板の配布の方はやはりと言うか予想通りと言うか・・・でまだ在庫がありますので 3月末まで配布を延長致します。
(AMP基板が上手く出来れば添付したいな〜とも・・・希望者は急がないで・・・・、が上手く行かなかったらこの話は無しで。)


55)2015-0302 ソフト変更 Ver8b6に。
P1の1Hz〜1MHzの測定画面の変更はありませんが、
P1の測定画面表示から約2秒位してから測定開始になります。(測定時間が2〜3秒位長くなっただけ。)
(DDS出力(1Hz)から本測定を約2秒遅らせた。(プラシーボかも。)
(多重測定の色も変更致しました。1:WHITE、2:RED、3:CYAN、4:YELLOW、5:GREEN)


 3回測定した画面(多重測定)、まんざらプラシーボでもないかも・・・





56)2015-0302  Ver8b6 のHEXソフト
自作やVer-UPなどにご利用下さい。(尚、ソースの開示はありません。)
 2015-0302-v8b6-ok-pic64ga002-mia.hex




57)2015-0311  AMP基板シップド?
1ケ月遅れ?でやっと追跡案内が来た・・・。
余りにも遅いので待ちきれずにケース加工をしてしまった。
 ケースは「TakachiのMB-5S」W120xH50xD175mm。オシロVer9と同じに揃えました。
(このまま上手く収まるかは・・・?だが・・・・)






58)2015-0312  Ver8b7 のHEXソフト-UP。
BOX入れに伴い測定時間の見直しを致しました。
(眺めるにはスイープは遅い方がいいのだが・・・。まあ〜早いバージョンもあっても良いかなと、選択肢が増えることは悪くはあるまいと・・・・)

1)測定時間の比較(凡そだが。)
Ver8b6・・・・・・・Ver8b7
P0=画面は同じですがスイープは早くなっています。
P1=85秒・・・・・・Ver8b7=85秒(1〜8Hzまでは15回の多重測定に。)
P2=50秒・・・・・・Ver8b7=22秒
P3=60秒・・・・・・Ver8b7=26秒
P5=7秒・・・・・・・同じ

2)出来ればC6の交換もしたいな〜と。
 C6=1000uF 10Vに変更したい。(ま〜Modokiなので入手出来たら・・・と。)


3)
自作やVer-UPなどにご利用下さい。(尚、ソースの開示はありません。)
「2015-0312-v8b7-ok-pic64ga002-mia.hex」

参考のLCD画面。(Ver8b7 Loop-Test)





59) Ver8b8 のHEXソフト-UP。
自作やVer-UPなどにご利用下さい。(尚、ソースの開示はありません。)
「2015-0508-v8b8-ok-pic64ga002-mia.hex」

P5の画面を変更致しました。参考のLCD画面。(Ver8b8 Test) 実測画面例
(そうです、測定グラフ範囲を小さく致しました。私のAMPに合わせて変更致しました。Hi。)
(まあ〜、グラフイメージが変わっただけなのでグラフは14V=24.5Wまで描画致します。たぶん?、試してないので。)




59)2015-0607 Ver8b9 のHEXソフト-UP。
自作やVer-UPなどにご利用下さい。(尚、ソースの開示はありません。)
「2015-0607-v8b9-ok-pic64ga002-mia.hex」

P0、P1,P2,P3の画面を変更致しました。
(測定グラフ範囲を超えた上限値を上限で固定に変更致しました。)
(まあ〜、グラフで下限値なのか上限なのか判らなかったで変更致しました。)
(測定はグラフの範囲内を使うようにお願い致します。)






No6.  たぶん_・・・・END?


100):参考文献
1)「LCD活用の素」他。後閑 哲也著
2)「電子工作の実験室」WEB
3)お気楽オーディオキット資料館
4)7)PIC18F2620+AD9832での実験(備忘録)
5)10)PIC24FJ64GA004-TESTA(備忘録)
6)トランジスタ技術 2005-4月号P255〜中林氏
7)ラジオ技術2009年12月号(アイエー出版)
8)真空管規格表/CQhamradio 2001年11月付録
9)手作り真空管アンプのページ
10)その他。


前に戻る
All right Reserved, Copyright(C)JA1WBY 2014〜2015