JA1WBY
19)「AD8307+PGA2311アダプタ製作」の実験 (備忘録)
(PIC24FJ64GA004の「FRA-modoki-Ver2」で使用できる)

-------
参考文献
1)「LCD活用の素」他。後閑 哲也著
2)「電子工作の実験室」WEB
3)お気楽オーディオキット資料館
4)7)PIC18F2620+AD9832での実験(備忘録)
5)10)PIC24FJ64GA004-TESTA(備忘録)

環境は、「MPLAB IDEv8.60」と「PICC Lite編」コンパイラ(無料版)とPickit-2
2014-0201版下(改良版 V2)を更新


1)2014-01xx
 「FRA-modoki-2」を作製いたしましたがその時に電子ATTを外してしまった為に アンプの「IN-OUT」の特性が取れなくなってしまいました。
が、電子ATTのコントロール信号は端子(CN1)に出ていますのでアダプタの方に ATTを置いた基板を新たに作製致しました。
 (うまくいくかはわかりませんがその実験の備忘録です。)


2)2014-0123
 こんな基板を描いて見ました。
(出来上がりは、たぶん向こうの旧正月の連休にからむので1カ月コースかな?。)





3)2014-0225
 いつものの様に1ケ月コースで出来上がって来ました。
 これには電子ATTのPGA2311を搭載致します。



4)2014-0226
  • これには電子ATTのPGA2311を搭載致しましたので、
  • CPU基板はここを参照「CPU基板(V2)」も新しく作りました。
  • 但し、DC-DCは±5V(MAU-106)の物を使用致します。(PGA2311が±5V規格なので)
  • 主な部品は。CPU=PIC24FJ64GA004。XTL=49.192MHz。DC/DC=MAU106。
  • DDS=AD9835。AMP=LM7171。D/A=LTC1446。等




    5)2014-0226
     こちらのアダプタ基板も簡単に組立致しました。
    これには電子ATTのPGA2311を搭載致しましたので、かなりいっぱいです。
    (まあ〜実験基板なので余分な部品やストラップ線もありますが・・・・・)



    6)2014-0226
     AD8307-PGA2311基板の実装図
     CPU基板はVer2を参照の事
    (まあ〜まだ誤記があるかも・・・・・)
    1)記入無きチップコンは0.1uF/25V
    2)C25,C27は22uF/25V
    3)C1,C3,C11,C13, は 220uF/25V
    4)C32,は100uF/25V
    5)IC1,IC3 はLM7171
    6)IC2,IC4 はAD8307,IC6=NJM2112,IC5=PGA2311



    7)回路図
     アダプタ基板(AD8307-PGA2311-ADP-V1)の回路図



    8)2014-0227
     アダプタ基板とCPU基板を接続して簡単にソフトを更新致しました。
    (あれれ・・もう、お腹(PICの)がいっぱいだ〜・・・・。)
    P1とP3はすこしではあるが多重回測定の平均値測定グラフとして見ました。
    多重回(P1,P3)の測定だけあってLOOPーTESTでは素晴らしい特性になりました。





    9)2014-0227 さて実測では・・・・
     アダプタ基板とCPU基板を接続してアンプの入出力を測定して見ました。
     ん〜、中々良いわい・・・・・・・。



    10)2014-0227
     アダプタ基板とCPU基板を接続してアンプの周波数特性を測定して見ました。
     ん〜、中々良いわい・・・・・・・。




    11)2014-0227
     アダプタ基板とCPU基板を接続してアンプの周波数特性を測定して見ました。
     ん〜、まあまあ〜かな・・真空管アンプ・・・・・。いかにもシングル的な低域特性だね。




    12)2014-0228
     2014-0228版のソフトがFIXいたしました。(備忘録 注意書き)
     (8項のソフト6種類 P0〜P5)
     CPU基板(QVGA-DDS-OSC-Ver2)+ADP基板(AD8307-PGA2311-ADP-V1)の組み合わせ。
      [FRA-Modoki V3.0] 2014-0228-HEXソフト。


    13)2014-0228
     中々いい特性グラフが採れました。
     ん〜、この機能が1枚のPT基板にできれば最高?なのだが・・・と思ったりも致しますが?。


    14)2014-0302 TTL波形出力のChek。(要改造)
     (矩形波(TTL)出力があるとアンプ調整の時に非常に便利になります。)
     追加して置いた回路が動作できる様に調整いたしました。
     DDSの出力が小さいのでアンプ出力からTTL-ICに入力するように切り貼りを致しました。
    1)パターン抜けのストラップ1本。+5Vライン。
    2)パターンカット 1ケ所。
    3)ストラップの追加1本




    15)2波形出力の確認風景
     SIN波とTTL出力の確認が取れました。






    16)2014-0302 
     ケースは今回も百均のケースに致しました。(取り敢えず安いし電池も入るので・・・。)
    @RCA。サイン波形。(DDSの出力はピンの差し換えで多様に対応致します。)
    1)DDS-OSCの直出力。(SIN波形)
    2)DDS-OSCの1/10の出力。
    3)DDS-OSCのアンプ出力。

    ARCA。(ATTの出力(SIN)、TTL出力の切替はピンの差し換えで多様に対応致します。)
    1)DDS-OSCのATT出力。(Sin波形)
    2)DDS-TTLの出力。+5V
    3)DDS-TTLの出力の1/6の出力。約80mV



    17)ケースINの様子
     SIN波とTTL出力はRCAコネクターを別々にするかも。



    18)追加した P6の画面
     スポットのSIN波とTTL出力の両方の同時出力になります。
     (TTL出力はHC-ICを使用いたしましたので約1MHzまではP0の画面でも出ています。)



    19)P6画面を追加した、LIST画面(ホームポジション画面)
     (またもや、ソフト作りが素人なものでもうPICのお腹がいっぱい・・・・)。



    20)2014-0302) 本日の完成したHEXフアィル。(FRA-Modeki Ver3.1)
     (もちろん備忘録に・・・・)。
     2014-0302-v31-ok-pic64ga004-tst.hex(2014-0302日版)



    21)2014-0304)
     折角できたのだから応用例が無いのは寂しいので。
     (ここでは自作の「2CH-オシロ」との組み合わせで応用例を紹介します。)

     (この56pp真空管アンプのF特とNFの調整例をUP致します。・・・かなり特殊なAMPだが・)。




    (P1)
  • 下のグラフに示す周波数特性では100KHz以上まで伸びて素晴らしいです、が。
  • 周波数特性の100KHz以後にかなりとんがったF特になっています。
  • これはNFのコンデンサ(C)だけで収めることができるのだろうか?・・・。





  • これはオシロスコープのTTL波形をみてもリンギングが出ているのが解る・・・・。
  • これは自作のオシロでの波形観測(5KHz)なのだが、できれば20KHz位で見れば良く解る。




    22)では早速F特の多重測定のグラフを
     (まあ〜同じ色で見にくいかもしれないが測定トレースを見ていて楽しい限りだが・・・)。
    この様に簡単に多重書きができます。一目瞭然・・・ですね。




    23)では補正用の「Cに100pF」を付けて再測定を・・・
     (まあ〜いいとこまでになりました。・・・(手もちに150pFが無かったので。)。
    この様に簡単にリアルタイムで補正値を選ぶことができます。




    24)TTL波形もこの様に改善いたしました。・・・・簡単ですね。





    25) では最後にアンプの入出力特性を
     こちらも簡単に出力特性の測定ができます。
     約1V入力時に約3Vの出力電圧だと言うことが判ります。(約1.1W/8Ω)
     入力電圧を2Vまで上げて行ってももう飽和して出力電圧が上がらないことが判ります。



     ----- 以上 簡単ではあるがアンプの測定例を追記致しました。2014-0304-------


    26-a)2014-0421-Ver-UPを
     (まあ〜色々と気がついた所を修正致しました。ソフトをVer3.5に)
    (1Hz〜100KHzはあまり使い勝手が良くない(時間がかかる)ので10Hz〜100KHzに変更しました。)

    26-b)2014-0421-Ver-UP Ver3.5のHEXファイル



    27-a)2014-0512  ソフトVer-UP
     (まあ〜いつまでたっても上を見れば切りがないが・・・・。
    また、使い勝手の向上を目指しました。P7の周波数の順番を最適化?いたしました。)


    27-b)2014-0512。Ver3.5bのHEXファイル




     ---- たぶんEND ----

    もどり

    All right Reserved, Copyright(C)JA1WBY 2014