JA1WBY
16)DDS-OSC-V6 基板の実験 (備忘録)

---Ver6の基板を公開 2013-0730----
参考文献
1)「LCD活用の素」他。後閑 哲也著
2)「電子工作の実験室」WEB
3)お気楽オーディオキット資料館
4)7)PIC18F2620+AD9832での実験(備忘録)
5)10)PIC24FJ64GA004-TESTA(備忘録)
6)トランジスタ技術 2005-4月号P255〜

環境は、「MPLAB IDEv8.60」と「PICC Lite編」コンパイラ(無料版)とPickit-2

0)2013-0720
まずは前項まで色々とDDS-OSC基板を作って来ましたがこのV6基板が最終形態 になるものと思います。
もちろんまだまだ改良の余地はありますが・・・・・。
 (いくら中華PT基板製作が安いと言っても自作PT基板の3倍以上は経費がかかりますので?と言うことで。)


1)主な機能を個人の限定(私的利用)としています。
主な機能は「周波数テーブル Ver7」にTTL波形(1Hz〜500KHz)出力を追加したものです。



 (ソフトは 「PIC18F2620用 DDS-OSC Ver7(Hex)」です。)

(a)出力周波数=0.1Hz〜20MHz(ソフト=周波数テーブル Ver7)
(b)サイン波 = DDS 直出力 0.1Hz〜20MHz 0.8Vpp〜1.5Vpp 固定(DDS IC個体差有り)(FIL無し時)
  (RV2に関連有り少しではあるが可変可能)
(c)サイン波のアンプ出力=1Hz〜13MHz 0.5V〜8Vpp RV2にて可変
(d)TTL出力 5V固定=1Hz〜500KHz 5Vpp
(e)TTLのアンプ出力 =1Hz〜500KHz 0.5V〜8Vpp RV2にて可変(自己責任で)
  (ATT出力を利用すれば、この1/10の出力になります。)
(f)サイン波出力とTTL出力は排他利用です。(同時利用は不可。)


 「OUT1出力端子」の説明(上から)
(6)TTL出力 5V固定=1Hz〜500KHz 5Vpp(SW1=TTL)
(5)GND
(4)ATT出力(アンプ利用時の1/10の出力)
(3)AMP出力(サイン波アンプ出力=1Hz〜10MHz 0.5V〜6Vpp RV2にて可変。(SW1=SIN)
(3)AMP出力(TTL波のアンプ出力=1Hz〜500KHz 1.4V〜7Vpp RV2にて可変。(SW1=TTL)
(2)GND
(1)OSC フイルター出力(0.1Hz〜20MHz)FIL無しはL1,L2のストラップが必要。

注1)SW1でSIN波(アンプ出力)とTTL波(アンプ出力)の切替ができます。
 但し、TTL波形のデュテイ比は50:50の保証無しです。
 (また、TTL波形出力は100KHz以下が利用目的です。TTLはICによっては1MHz位は出ますが規定外です。)

注2)Sin波のアンプ出力は電圧保証は致しませんが10Hz〜20MHzまで動作致します。

2)一部に改造が必要です。

3)基板の完成写真
この写真のVR2=RV2は手もちが無かったので無理やり取りつけています。(まねしない様に)
 推奨品はこちらの10KΩです。(マルツパーツ館扱い)



4)PTの改造写真です。
 A)下記のようなRV2の所に改造が必要です。
  RV2のGNDのパターンのざぐりは必ず「表と裏の両面」をざぐって(4mmのドリルで)下さい。
 (写真の様に抵抗240Ωと1.2Kを追加して下さい。)
 B)裏面のC20のGNDパターンが抜けていますのでDC-DC1の端子に取りつける。


改造のUP写真






5)下の写真は同じ様に見えますがこの微妙な5mmの違いは。


まあ〜、IC(74HC14)が載らなかったのだ。
今となればVer5のPT基板は作らなくても良かったのだが後のまつり。
ま〜配布もしたことだし。良しとしよう。



6)PT基板の配布は最後尾に移動いたしました。


7)それはこの回路図で判明することになります。
 何が違うか・・・・・・。
(テスト用に作製したもので余剰配線があります。)


そうです、TTL出力の追加です。



8)部品実装図
 (組立時の注意)
1)IN-SELを赤線の様にストラップする。(固定です。)
2)XTL1=49.152MHz品を使用。(発振器です。SMT品も搭載可能です。)
3)ご注意:BCD-SW1,BCD-SW2は0〜Fの物です。 

これで上記のような主な仕様で使用できます。(ご使用については自己責任です。)


8-1)部品実装図です。(こちらが見易いかな。シルク印刷画面)


8-2)裏面の部品実装図です。(こちらも参考に。)
 (チップコンは全部この裏面に取付ます。)
 (なお、C20はDC-DC1の足(1-2番)に取付ます。)


9)部品表です。(PDF)
 こちらが「PT-Ver6の部品表」です。



10)完成時の動作写真です。
 (基本操作はVer1から見て欲しいが)
1)希望周波数を設定してからリセット釦(MCLR)を押す。だけです。(超簡単です)
 (注意:通常はロータリSW(BCD-SW1とBCD-SW2の組み合わせ)操作だけで表示通りに発振周波数も切り替わりますが、ときとして出力Fがうまく変らない時がありますのでリセットSWを押して下さいと。ご注意を入れておきます。)
 




11) ついでにそろっと、こちらの「Ver6のプリント配線版(PT基板)」の余剰品もお分け致します。
今度は「キィーとなる部品が配布無し」なのでハードルが高いかな。
1)「DDS-OSC-Ver6のプリント配線版(PT基板1枚)」実験基板のみ。無保証。
2)配布についての条件はVer5の時と同じです。
3)お一人=1枚 xxx円(送料込み)
4)料金は後払いです。
5)このサイトを見て組立出来る方、サポートはありません。
6)配布期間は8月末まで、無くなりしだいに終了。(早い者順 5名分)
7)配布はJA1WBY個人が致しますのでアクシデントが発生した時は予告無く中止になります。
8)使用については自己責任です。
2013-0803 一旦中止

キーデバイスの入手で敷居がたかいので後日に
AD9835とXTL(49.152MHz)を入手してからの同時配布に切替ようと思います。時期未定。



12)2013-0812
「Ver6のプリント配線版(PT基板)」の配布準備ができました。

今度は「PT基板、及びキィーとなるAD9835とXTL(49.152MHz)とVR2(10KΩ)を配布」致します。
(配布以外の他の部品は秋月等の通販で手軽に入手できます。)
1)「DDS-OSC-Ver6のプリント配線版(PT基板1枚改造用にパターンカット済)」実験基板、無保証。
2)配布についての条件はVer5の時と同じです。(〒No、住所、氏名、電話番号の開示が必須)
3)お一人=1枚(4点1式分。写真を参照) 2500円(送料込み)
 (PICに書込み出来ない方はご相談下さい。)
4)料金は後払いです。(銀行振込のみ、振込手数料は購入者負担)
5)このサイトを見て組立出来る方、サポートはありません。
6)改造が必要です。(改造写真と回路図を参照)
7)配布期間は9月末まで、無くなりしだいに終了。(早い者順 5名分)
8)申し込みはメールのみです。(メールは非リアルタイム対応)
9)配布はJA1WBY個人が致しますのでアクシデントが発生した時は予告無く中止になります。
10)組立&使用については自己責任です。
11)抵抗については指定のWを使用すること(1/6Wの所に無理やり1/4Wの代用は非推奨。)

配布部品の写真。(@PT基板Ver6、AIC3=AD9835、BXTL1= 49.152MHz、CRV2=10KΩ。)
 



注意)組立使用については自己責任です。
 また、DDS-OSCのじか出力だけで良い時はかなりの部品が省略できます。自己責任で。

13)メールは先頭の0を削除して「0ja1wby@mb.infoweb.ne.jp」へ。
2013-0916  PT基板の配布は終了致しました。ありがとうございました。


 ---- END ----

もどり

All right Reserved, Copyright(C)JA1WBY 2013