JA1WBY
6)PIC18F2620-TEST(もろもろ備忘録)
 PIC18FでQVGA液晶が使えるだろうか?。

  • C 言語の解らない70過ぎのおっさんの備忘録です。

    参考文献
    1)「LCD活用の素」他。後閑 哲也著
    2)「電子工作の実験室」
    3)「PICで遊ぶ電子工作」
    4)「マイコンで遊ぼう」
    5)電子回路やソフトウエア
    6)エアーバリアブル
    7)お気楽オーディオキット資料館
    8)ANALOG DEVICES
    9)Microchip
    10)12F683とPGA2311テスト その1.0
    11)うめAUDIO(仮称) PGA2311+12F675
    12)「YS電子工作ラボ」

    -----追試&製作は自己責任です。-----

    環境は、「MPLAB IDEv8.60」と「PIC18用」コンパイラ(無料版)とPickit-2

    1)2012-0402
    前回の測定でLCDの限界を見たので・・・・。
     そういえば前にQVGA液晶を使ったオシロを作ったことがあったな〜と。
    ま〜、あの店で同じ物をGETするのは難しいのだが・・・・・
    で、こんな基板付LCDをGETしてみました。似たような液晶なので使えるかな〜・・・・・。
    端子名からすると互換性がありそうです・・・・
    (2.8インチ液晶モジュール(TP付き)[M028C9325TP)2680円



    2)2012-0403
     早速延長コードを作って試してみました。
     あれれ・・・・・画面が出ない〜。バックライトは点灯していますが・・・?


    前回の「LCDオシロの製作」の学習を踏まえてこれは「8bit」と「16bit」の切り換えがうまく出来ていないみたいだ?。
    で、早速「iMO」の端子「J2」をジャンパしてみました。ありゃ〜、同じだ。
    こりゃ〜解らん?・・・・・。再度配線のCHEKをしてみよう・・・。


    3)2012-0404
     早速、延長配線コードをCHEKしてみましたが誤配線は見つからなかった。Hi。
    で、疑いたくは無いがPT基板を疑う、販売店のHPにはパターン図が見つからず、 しかたなく液晶を剥がしてみました。
     ん〜ん、「iMO」パターンと液晶側のパターンがつながっていない。
    もしかしてこれが原因では。「R1」が空いています。
    「R2」の抵抗(たぶん0Ω)を「R1」に変更してやればいいのかな。
    ばらしたついでに液晶パネルの確認は「DT280T03 V1-2831 2008.11.12」でした。




    4)2012-0405
     早速「R2」の抵抗(0Ωでした)を「R1」に変更してやればいいのだ。
    が、そんな小さなチップ抵抗を移動できる腕は無い。
    そこで「R2」を外して「R1」を0.2の銀線でショート(半田付け)した、一丁完了。Hi。
    そして「J2」は解放のままでOKです。無事に画面出没???。


    で、考えた、PIC18FL4525と言う3Vでも使用できるPICもあるが秋月には無いし、 どうしよう、このオシロのdsPICも秋月には無い。がこのdsPICは手持ちがあるので これで基板でも作るかな?。
    チョット頭の充電をしながら、あとはゆっくりと専用PT基板を作ることにいたしましょう・・・・。
    液晶のソケットはタッチパネルを使わなければ20PINのシングルでも行けそうなので簡単に自作できそうだ。

    5)2012-0409
     いろいろと探して見ているが何か超難しいことになりそうだ。
    で、PIC-ICの選択は中々難しい〜な・・・・Hi。取りあえず「28Pin」のPICを比較してみる。
    1)液晶電源は3.0V〜3.3Vである。
    2)PIC-ICの電源も3.0V〜3.3Vで動作出来るもの。
    3)QVGA-LCD関数がうまく移植できそうなもの。
    4)PIC18F2620は3ポートあるので使いやすそう。
    5)ICのピン数は最低で28Pin出来ればそれ以上が欲しいが。



    A)そしてICはまだ決まらないがPIC18F2620-28Pinで回路図もどきを書いてみました。



    B)またこちらはdsPIC33FJ64GP802-28Pinで回路図もどきを書いてみました。
    まずはこちらで試して見ることから始めようかな・・・・・・。



    6)2012-0412
    配線が面倒なのでブレットボードでは無く簡単に取りあえずのTestが出来るPT基板を作成致しました。
    まずはこちらで試して見るにいたしましょう・・・・・・。




    7)2012-0712
    アンプ作りに専念していた為にしばらくに間休んでいました。
    また、ぼちぼちとPICの勉強を始めようと思います。
    がちょっと休んだおかげで頭の中はすっきりいたしました、と言うより全部クリアされてしまいました。 この先、が思いやられるね・・・・・・?・

    8)2012-0717
    頭の中はすっきり全部クリアされてしまいました。
    この先、が思いやられる、どこから手を付けてよいのかも・・・・・?・


     間に「DDS-OSC」基板を完成させたのでだいぶ間が空きましたが、
    また勉強して行きたいと思います。

    9)2012-0920 「これからはPIC24FJ64GA002で」
    MAINのPICがなかなか決まらなかった。
    dsPIC33FJ64GP802で行くのならこれでいいと思ったのだがDSPICを使いこなすのはどだい無理だろうと思う。
    だが、PIC18Fにの移植はもっと難しい・・・・・・・「8bit」と「16bit」の関数の移植でどだい無理だと悟った。ソフトだけでコンパイルしてみたがErr内容がどうも理解できない・・・・Hi。

    ならば同じ64KのPIC24FJ64GA002を思いだしました。ピン互換で「16bit」でこちらならDSP機能が無い分は少しは 使い易いのではないかと思います。



    と言うことでこの項はここでひとまづENDとします。
    (ICを変えたので別の記事GとしてUPします。)



     ---No.6 END -- つづく --------


    もどり

    All right Reserved, Copyright(C)JA1WBY 2012