夢のプロジェクト(叶わぬ夢かも)  JA1WBY

PICで測定装置を作るぞ〜?。(の備忘録)
 今どきの時代に逆らってパソコン抜きで、そうです目標は「スタンドアロン」。

「パソコンを使用したもの」は巷に沢山ありますので除外です。

  • PC98機の代替えにと始めた、C 言語の解らない70過ぎのおっさんの勉強&挫折の・・・日々。
  • 知らないこと、判らないことは調べればいい、聞けばいい、そんな都合良く行く訳は無いのだが
  • アッセンブラは知らない。これから勉強する気もない。
  • で、C言語で書けるPIC18以上のPICが対象です。(値段はチョット高いが)
  • まづは公開をと他力本願が第一のよりどころになります、お知恵拝借よろしくお願い致しま・・・・す。

    そんな物ならすでに私が作ったよ、と言う方がおりましたら是非とも教えて下さい。
    またご協力できる方は是非ともお願い致します。
     メールはこちらまで。先頭の0を削除して下さい。
    No項目の丸数字は私の独断ですが充分に実用域になったと思われる物です。

      (当方の制作例はLCDドライバーILI9325品です。)

    2015-0316 注意喚起。追記
    Aitendoに問い合わせ致しましたがまだ、回答がないのでこの型番[M028C9325TP]に関してはコントロールICにご注意下さい。

    2015-0310 LCDドライバーの変更でご注意を。(aitendo販売品での注意。)
    2.8インチ液晶モジュール(旧)型番[M028C9325TP]はLCDドライバーILI9325が載っています。
    2.8インチ液晶モジュール(新)型番[M028C9325TP]だがLCDドライバーILI9320が載っています?、となった。(最近の販売品)

    LCDのコントロールICが変わったのに同じ型番なので真際らしいね。
    名前を[M028C9320TP]に変えてくれればいいのにな〜。ま〜HP上で・・・現物は見ていませんので何とも・・・?ですが。
    (当方での動作確認済みはILI9325ドライバー搭載品です。2.8インチLCD,& 2.4インチLCD共、ご注意を。)
    LCDドライバーILI9325=OKです。
    LCDドライバーILI9320=NGです。(NG画面例(ここの 16項2013-0108の写真を参照。)
    (たまたま在庫数がだいぶ増えたのを見て気が付きました。同じ型番はやめて欲しいね。)

    2015-0319、アイテンドウさまからご返事がありました。
    LCDドライバーILI9325です(誤記とのことだそうです)。これで今まで通り使用できます。一安心です。
    (但し、19日現在はデータシート名ILI9320が出てきます?、購入時は確認を。)

  • No.01 2011-09
    まずは手始めに8PinのPICの書き込み治具を作製。PIC12F675
    8PinのPICの書き込み治具の作製。

    No.A 2011-11
    予備実験はこちらのPIC16Fの回路で。
    PIC16F819+AD9832でDDS OSCを・・・

    No.03 2012-01。
    PIC18F4525でA/Dを・・勉強中、周波数特性装置?が・・・・見えてきた。
    ヤッター!。完成しました。
     「@10Hz〜1MHz 周波数特性 」自動測定装置が完成 Ver1」
     「Aアンプの入出力測定」

    こちらはPIC18F4525使用の実験記です。
    No.C 2012-03。
    PIC18F4525でA/Dを・・勉強中、・ソフト変更&AD9835に変更で?。完成。
     「10Hz〜10MHz 周波数特性 自動測定装置 ソフト」,「Ver3c」が完成。
    1)「10〜100KHz」
    2)「10〜1MHz」
    3)「10〜10MHz」の3モードのF特性
    4)「アンプの入出力測定」

    プリント基板も作成いたしまして上記の測定が実用化できました。
    No.05 2012-08。
    PIC18F4525でA/D・・&・・D/Aを 勉強中、3CH・同時サンプリング(と言っても時分割だが)の実験。
    「電圧測定&電流測定・・・・・の実験。完」

    No.06 2012-04 。こちらのカラー液晶が本命に変わりました。
    今度は夢を、PIC18FでQVGA-カラーLCDを。
    PIC18F2620でA/D・・&・・D/Aを 勉強中・・  QVGAのTestを・・・・・??????。

    No.F 2012-09
    またも夢を、PIC18F2620版でDDS-OSCを。(28ピンのIC)
    秋月のDDSのようなPC(パソコン)を使わなくてもSWだけで出力出来るものを?。
    ちょっと?一風変わった切り口で作成したDDS-OSCです。とても使い勝手は良いと思います。
    PIC18F2620で取りあえず完成いたしました・・・。
    (プリント基板も作成いたしましてDDS-OSCが実用化できました。)
    No.08 2012-10
     No6の記事ではPICのI/OのPINが足りなくなりそうなのでこの先I/Oの多いICを選択しそうなので ICをPIC24に変更したので項を新しくしました。
    こんどはPIC24FJ64GA002(28ピンのIC)でDDS-OSCを。いやFRA?を目指します。
    カラー液晶で見やすいFRA(周波数測定器)を、ちょっと?自信は有りませんが?。


    No.H 2012-11
     「PIC24FJ64GA004(44PinのSMT-IC)」Test@ (CPU基板Ver1+ADPxx)

     No8の記事のPICを変更したので項を新しくしました。
    こんどはPIC24FJ64GA004(44ピンのSMT-IC)でDDS-OSCを。いやFRA?を目指します。
    カラー液晶で見やすい(測定器)を、勿論、自信?は有りませんが?。

    (P0〜P4)
    (周波数得性と入出力得性が測定出来る様になりました。)


    No.I 2013-01
     「PIC24FJ64GA004(44PinのSMT-IC)」TestA (CPU基板Ver1+ADPxx)

    PIC24FJ64GA004でD/A変換の応用プログラムを目指します。
    カラー液晶で見やすい(測定器)を、勿論、自信?は有りませんが?。模索中・・・
    (P5〜P9)
    自己満足型の強い「大人のおもちゃ」の
    「多機能型測定器@」が完成致しました。
    「多機能型測定器A」が完成致しました。
    (「多機能型測定器」のプログラムLIST写真)


    No.11 2013-05
    「PIC24FJ64GA004(44PinのSMT-IC)」TestB (CPU基板Ver1+ADPxx)

     「No10」の記事からXTLを(49.452MHzに)交換して「P2をバージョンUP」。
     XTL OSCを交換して「周波数特性の測定を20Hz〜20MHzに拡大致します」。


    No.K 2013-05

     「DDS-OSC 基板=Ver5、ソフトVer6,Ver7」

     「DDS-OSC の「0.1Hz〜20MHzバージョン」。
     XTLをSMT対応にした新基板で「発振周波数を0.1Hz〜20MHzに拡大」。


    No.13 2013-06
     「No.8 。No.10。 のDDS-OSC の「PIC24FJ64GA002 バージョン」。
     「製作の中止。資料」


    No.M 2013-05
     「NJM2367を使用したDC-DC電源5V、or 9V」
     簡単なDC/DC電源の製作


    No.15 2013-06 ---> AC/DC特性の追加 2014-0203
     「番外編 バッファ用に「Gain=1」の周波数特性をテスト」。
     「資料。工事中」


    No.O 2013-07
     「最終版 DDS-OSC基板 Ver6」の製作&テスト。
     「完成写真をUP。基板放出。まとめ資料」


    No.P 2013-08
    「PIC24FJ64GA004(SMT)」NEW-PT-Test@ (CPU基板Ver2+Ver2ADPxx)

      (新CPU-PT基板「QVGA-DDS-OSC-Ver2」の作製)
     「周波数特性測定器 PT-Ver2」の製作&テスト。
    ADPにATTが無いので周波数測定に特化致しまして「FRA-Modoki2-Ver1」と命名。
     「P0,P1,P2,P3,P4のソフトが完成。PDFのまとめ資料」

    Log画面で10Hz--10MHzの測定
    「FRA-modoki2-Ver1.0」プログラムLIST画面

    No.Q 2013-08-->2014-0211 版下V2 追加
     「2.4インチ液晶アダプタの製作」
     「版下。資料等」
    (LCDは[QJ240083S] と[FT24S16T-2B]2種類のLCDに対応のアダプターの作例)

    No.R 2014-02
    「PIC24FJ64GA004(SMT)」NEW-PT-TestB (CPU基板Ver2+Ver2ADPxx)

     「周波数特性測定器 ADP-PTにD/A、TTL-OUT追加」の製作&実験。
     「FRA-Modoki2-Ver3.0」の完成写真とまとめ資料」10Hz---10MHz測定
     「FRA-Modoki2-Ver3.0」のプログラム LIST写真
    もう少しソフトのブラッシュUPをしたいがメモリが・・・満杯で。

    No.S 2014-06
    「PIC24FJ64GA004(SMT)」NEW-PT-TestC (CPU基板Ver2+Ver2ADPxx)

     「周波数特性測定器 ADP-PTのICを変更して1Hz〜1MHzに特化」の製作&テスト。
     「FRA-modoki2-Ver4b」の完成写真とまとめ資料」TTL-OUTもあり。
     「FRA-Modoki2-Ver4b」の プログラムLIST写真(簡単で一番の実用性かな。)

    No.21 2014-10
     「周波数特性測定器 (ADP-PTのICの交換実験)FRA-Modoki-V6bの製作」
     「PIC24FJ128GA006」の集大成版。資料等」
    (LCDは[QJ240083S] と[FT24S16T-2B] 2種類のLCDに対応)
     「FRA-Modoki2-Ver6b」の プログラムLIST写真


    HomeTopへもどり

    All right Reserved, Copyright(C)JA1WBY 2011-2014