JA1WBY 
1: PIC24HJ64GP206 x-y & 2CH COLOR-LCD-OSIRO-V9の製作
(320x240dot Color-LCD-ADPの製作。)
 
2014.07.05 1st
2014.07.06 COLOR-LCD-ADP-のPT基板作製
2014.07.07 CPU-PT&ATT-PTの作製
2014.07.08 ケーシング & TEST、& 完
2014.07.09 誤記訂正 & 余剰PTのお知らせ
2014.07.12 2.8インチLCD用 ADP-PT作製
2014.07.15 MB-5Sケースインの様子を追加
2014.08.08 CH,電圧表示の色統一。色分けはCH1=WHITE,CH2=MAGENTA
2014.08.11 LED-Aに10Ω抵抗の挿入を推奨。


  (当方の制作例はLCDドライバーILI9325品です。)

2015-0310 LCDドライバーの変更ありでご注意を。(aitendo販売品での注意喚起。)
同じ2.8インチ液晶モジュール型番[M028C9325TP]だがLCDドライバーが変更になっています。
(当方での動作確認済みはILI9325ドライバー搭載品です。2.8インチLCD,& 2.4インチLCD共、ご注意を。)
[M028C9320TP]に変えてくれればいいのに。ま〜HP上で・・・現物は見ていませんので何とも・・・?ですが。
LCDドライバーILI9325=OKです。
LCDドライバーILI9320=NGです。(NG画面例(ここの 16項2013-0108の写真を参照。)

2015-0316現在。残念ながら、ここで使える2.8インチの液晶は無くなりました。(2.4インチは有ります。)
根気よく、「コントローラーICがILI9325」の物を探してみて下さい。
Aitendoに問い合わせましたがまだ未回答です。
2015-0319、アイテンドウさまからご返事がありました。
LCDドライバーILI9325です(誤記とのことだそうです)。これで今まで通り使用できます。一安心です。
(但し、19日現在はデータシート名ILI9320が出てきます?、購入時は確認を。)
2014-0705 (*)まずは(概要)を・・・・!
 またまた、「フルート吹きのMIDI工房」さんが「X-Y」& COLOR-LCDオシロV6の製作をUP致しました(私のVer8PT基板がそのまま使えると言うありがたい仕様です。)
(折角基板化したのだから、ここは作らないわけには行きません、Hi。)
カラーLCDもあることだし早速・・・・と行きたい所だが3段重ねは気が進まないね〜・・・・・です。
 そう言えば前に2.4インチのLCD-ADP基板を起こした時の版下があるはず・・・で、 その版下を少しばかり変更して「LCD用のプリント配線板」を自作することに致しました。
これはその製作記録です。
(注:実験、改造は自己責任です。)

    --- 主な事はColor-LCDの採用(320x240 Dot) ---
    1)CPU基板Ver8の再製作です。
     (まあ〜、基板化してあるので簡単・・・)
    2)Color-LCD-ADP基板の製作。Ver8に2段重ねで使用出来る様に。
    3)全体のまとめ、はVer8とほとんど同じにするつもり・・・。

    --- 主な使用部品 ---
  • 専用のプリント基板 1枚
  • PIC24HJ64GP206T-I/PT 1(RS コンポーネンツ @781)(0.5mm TQFP)
  • ケース:「OSIRO-Ver8」と同じ様にする予定。
  • なので、あとは、C、R,その他は「オシロVer7,8」製作記を参照して下さい。
    (主な部品は今回分は手持ち部品で足りそうな雰囲気です・・・・・・・。)



    ---製作後の感想----
  • 取りあえず今回の目標は「自分用のカラーLCD版の組立」なので達成です。
  • (0.5mm TQFP)のプリント基板化が実現いたしましての完成でとても便利な一台となりました。
  • 今までにLCD-OSIROの自作で沢山の試作&実験を行って来ましたがDIY-OSIROとしてはこれが集大成になるかと思います。 原作者に感謝致します。

    集大成が2個になりました。どちらも一長一短がありますので2個共が集大成です。
    (モノクロLCDは解像度は低いが画面表示が自然体として受け入れることが出来る。)
    (カラーLCDは解像度は高いが画面表示にちらつきがあるので不自然に見える。)
     今回は手持ちのケースの利用だがやはり部品配置がイマイチすっきり(無塗装のアルミケースもチープ?)こないね、歪みも丸出しだし、ゆくゆくはV8と同じケースに入れるかな?。その時は2.8インチ液晶用のADPも考慮しなくては・・・・?。 その時が本当の集大成かな・・・・。

  • 独自の変更点は(1)時間軸の追加、20mS、100mSです。
     (0.2ms,0.5ms,1ms,2ms,5ms,10ms,20ms,50ms,100ms,500ms/divの10点)
  • 独自の変更点は(2)補助スケールの追加です。
  • 独自の変更点は(3)DCのマークをチョット変更してみました。テスター風に。(これは好みで)


    参考文献
    「フルート吹きのMIDI工房」
     回路図、ソースファイル等を参照。


    注)部品の値段は参考例です(ストック部品活用なので)
2014-0705
1)まづ公開されたWEB(回路図等を眺めて)見てこれなら行けると・・・・。
だが3段重ねの手配線ADPもな〜作るのが面倒くさいな〜・・・・。
そう、結局「Color-LCD-ADP-v3」を自作することに致しました。
こんな、案も浮かんだのだが・・・これでは3段重ねで結局同じだあ〜・・・・・。
(これなら2段重ねで行けるし、右側のコネクタを使用すれば市販の2.8インチLCDも化能だが、3段重ね。)


また最近は2.8インチのLCD単体が販売されていないな〜・・・。(Cont-IC=ILI9325)


2014-0706
2)で、今、一番入手性の良い2.4インチのColor-LCDを使用した専用PT基板を作ることに致しました。
 出来たのが下記の実装図と版下です。(FPCは0.8mmx37の0.8mmピッチです。)
(版下は自己責任でご利用下さい。NZ-E43Kで2枚摂り(580EN))


3)搭載出来るColor-LCD(320x240dot)はアイテンドウの、(2種類)
A・CP2401T-C(1500EN)下図の写真の物 デホルト(8bit)でそのまま使用できます。
B・QJ240083S0(1700EN)IM0=プルUPが必要です。(今回に使用した物)





4)LCD-ADP基板の完成写真とCOLOR-LCD(QJ240083SQ 1700EN)




5)LCD-ADP基板の組立写真
日にちがたつと半田面はフラックス処理だけでは汚くなるので今回は基板の表面(パターン面)を透明シートで覆いました。 (初実験ですがどうなるかことか?)
(勿論半田ヶ所は除いて) LCDは折返して固定する(両面テープが貼ってある)



6)LCD-ADP基板の組立写真



7)LCD-ADP基板の組立写真(裏面)



2014-0707
8)CPU-基板Ver8の組立が出来ました。
まあ〜、今回はあえて1/4Wの抵抗を使用してみました(実験)かなり際どいね、 コネクターと抵抗があたる所が何箇所かありました。やはりこれは推奨の1/6W抵抗の使用が正解です。
未搭載部品は、
1)VR3,R24。他にも?ですが・・・面倒くさいので、Ver8として組み立ててもまったく問題有りません。
Ver8の組立でPICにVer8のソフトを書込みすればVer8として動作致します。(LCDは128x64dot品を使用)
Ver8の組立でPICにVer9のソフトを書込みすればVer9として動作致します。(LCDは320x240dot品を使用)
(ごく当たり前ですね、同じPT基板ですから。でもLCDは間違えない様に。)



9)合体前のPT基板、 CPU基板とLCDアダプタ基板。



10)CPU-基板とColor-LCD-ADP基板の合体(組立写真)
この様になります。(11mmの間隔管が丁度良いのだが・・・。)



11)2種類のColor-LCDの端子名称の比較(メモ)
お薦めは簡単に使える「CP2401T-C」です。ちょっと安いのと在庫も豊富・・・です。





2014-0708
12)PT基板の組立が完了致しましたので火入れを。
(1)まづは目視で各端子、ラウンドの半田付けをチェック、異常の無いこと。
(2)まづはCPU基板の火入れのCheck。(電圧&電流の監視可で。)
(3)次にLCD基板を接続してのCheck。(電圧&電流の監視可で。)
(4)各ATT基板のCheck。(電圧&電流の監視可で。)
(5)火入れは無事に終わりました。
 (火入れ式の終わったあとに写真に撮る為にBATT(5V)で動作してみました。)


次に各機能のTestを行う。



13)次に各機能のTestを行う。
(にはまづコード類の作製・・・・・を。)




14)内部の配線完了の写真




15)Test風景
 ローコストにする為にケースは手持ちの「FL-4(R) 180x120x40mm 500円 加賀金属(株)」に致しました。
0.8mmのやわなアルミの無塗装のシャーシーです。(チョット窮屈かな?・・・)
LCDの固定はLCDの上にアクリル板をあててケースに固定致しました。




15-B)Gainの調整方法
 最近は作ることがメインになっていましたので調整方法を書くのを忘れていました。
 (むろんVer5あたりから読んでいる方には解ることですが・・・)
1)CH1のVolt/DIV(入力ATT切替)で2.5Vレンジに致します。
2)AC/DC-SWをDC測定モードにします。
3)V・Posit(バーチカル位置調整)のVRで帰線(0V線)が0V(中央の横線)になる様にします。
4)CH1のInputにDC2.5Vの電圧を入力します。(デジタルテスターにて監視)
5)電圧線(帰線が動く)が2.5V/DIVになる様にVR1で調整致します。
6)これで完了です。ACでもこのままで電圧値を読むことができます。
(レンジを変えてもDC/ACモード変えても再調整は要りません。)
(注意1)
1)INPUT電圧はMAX=20Vまでです。(10Vレンジで2目盛分まで)
2)入力の保護回路はありません、使用者(自己)責任です。
3)ATTの確認も致しましょう。自分で良く使うレンジで(調整)校生して診るのも良いでしょう
 (以外?とばっちりで合っていて気持ちがいいものですよ。)
4)同様にCH2(VR2)も調整致します。

(調整はここだけです。超簡単ですね。)


16)こんな文字入れで・・・・・。
(今回はLCD内に表示が出ますので簡単に。なにやら目盛の無い最近のデジタル-オシロ風になりました。)
(VR類はもうちょっと上側に出来たな〜と(10mm位)でも、もう直しません。大変なので・・・Hi。)
(但し、今回は省いた物があります。トリガー表示とスロープの切替です。(スロープは+側オンリーです))


(Ver8の後半部分を参考(複合部品等)にして組立ると全機能分(フル機能)が上手く収まります。)



17)で、波形は・・・・の写真例1




18)波形は・・・・の写真2




2014-0708
19) 回路図(備忘録)(詳しくはVer8と原典を参照)
 私のeagleでのVer8の回路図(備忘録)


20) 実装図(備忘録)(詳しくはVer8と原典を参照)
 (R24とVR3は不要。)
 Ver8の実装図 (表1)(備忘録)
 Ver8の実装図(裏1)(備忘録)


21) 全体の接続図(備忘録)(詳しくはVer8と原典を参照)
 Ver8と同じ図(備忘録)

22) OSIRO-V9 HEXファイル(備忘録)WEB未(原典のV6のソースを参照して下さい)
 Ver9のHEXファイル





2014-0708
23)Ver8と同じ様に時間軸の追加(回路図はVer8を参照)
BCD-SWに空きがあるので4ビット(1,2,4,8)を全部が使える用に変更致しました。
(基本的には16進も使えるわけだがそこまでは?で、0〜9までで良いと思う。)
(0.2mS,0.5mS,1mS,2mS,5mS,10mS,20mS,50mS,100mS,500mSの10進です。BCD-SWもそのまま使える。)
 33KΩ、1KΩ(1/6W)の2本の抵抗で簡単に下記の写真の様な端子にて改造致しました。
(RB6が端子に出ていたのはラッキーでした。改造が簡単。)
(RB6端子はソフトでプルUPしているのか?も確かめなかったので高抵抗にして置きました。弊害は無いでしょう)


24)
ハードの改造は簡単に思い浮かんだが・・・・(回路図はVer8を参照)
(1KΩを挿入いたしましたのでICSPの書込みにも対応できます。TIM/DIVはどのSW位置でも書込みテストOK。)


25)ソフトの改造のついでに補助目盛も付けて見ました。
まあ〜目安程度ではあるが、あるととても便利に使えます。Hi(益々オシロ風に近づきました)




26)画面写真を撮りました。その1



27)画面写真を撮りました。その2



28)画面写真を撮りました。その3



29)TTL画面写真も撮りました。その4



30)
ソフトの方はど素人なので最初は、どうやるか解らなかったが・・・ 今度はVer8の改造の資料があるので簡単です。
下記はソフトの叩き台・・・(メモ)です。これでビットシフトの勉強が出来ました。TKS。
もちろん時間軸表示の方も変更致しました。
ソフトの叩き台・・・imgです。(備忘録に)


31)
「時間軸に20mS、100mS、追加のHEXソフトVer9c」(備忘録)




32)
2014-0709)余剰プリント基板のおすそ分けについて。
1)今回、製作のPICはQTFP(0.5mm)なので簡単にだれにでもお薦め出来るものでは有りませんがPT基板に余剰品があります。 どうしても欲しいと言う方が居ればおすそ分け致します。
2)(プリント配線板「PIC-2CH-osiro Ver8」1枚とATT基板2枚。板厚1.6mm(FR-4)。限定数 3組分)
3)実験基板です、保証無し。ノーサポート。この記事(& HP)を見て組立可能な方に。
 (PT基板は無保証ですが100%パターンCheck品)
4)ATT基板のチップ抵抗は小さいです。(必要数をサービス)
5)基板代、送料込みで合計1000円。銀行振り込み。(振込み手数料は購入者負担。)
6)希望者は「プリント配線板PIC-2CH-osiro Ver8 希望」と書いてメールにてお申し込み下さい。
7)配布はメールの先着順。一応期限は7月末日。
8)代金は基板到着後にお支払い下さい。
9)個別のサポートは無し。私のHPを見て組み立てて下さい。
10)こちらの前回のV6b〜Ver8の記事もご覧下さい。
11)(コンパイル出来ない方には上記の「HEXソフトVer9c」のものが利用できます。)
12)配布はJA1WBY個人が行っていますのでアクシデント発生時は予告無しに即時中止になります。
13)注意)今回はSMT-ICとラウンドのアイソレートが狭いので半田付けに不安な方はお避けください。

 ありがとうございました。終了致しました。


  ----- たぶんEND --------

33)2014-0711
考えてみたら2.8インチのLCD-ADP基板も作っておいた方がいかな?・・・・。
と思いまして基板を作りました。参考に、自己責任でご利用下さい。

34)実装図(参考例)
注意)
1)CN1は1x20ピンのシングルソケット。
2)CN2は1x20ピンのシングルピンヘッタ(要加工)
3)「LCD単体」、又は「LCD+PT基板付」用の排他利用です。
4)どちらの使用時にもストラップ(6本)は必要です。
5)抵抗マークの抵抗は取付けないで良い。
(注、19(LED-A)にはパターンカットして10Ωの抵抗挿入を推奨。2014-0811追記)
6)「LCD取付済PT基板」の使用時にはCN2のコネクタはピンヘッターは加工して基板の下から挿入して半田面にて半田付けする。


34)版下(例)NZ-P12Kで2枚取り。
(FPCは1mmx37の1mmピッチです。)
大きさ合わせに注意、CN1,CN2の20ピンのソケットで合わせて下さい。(1枚=約95x71mm)
版下・・・imgです。


35)組立(例1)CN2は不要で簡単。(LCD単体 SGO028Q02)
(1mmx37のFPCは位置合わせに注意)
一番スマートな組立例です、がこのタイプのLCD単体は現在は入手難です。(アイテンドウにも無し)。
LCDの固定テープは2〜3mm厚のものを使用する。
 @ LCD単体利用の組立例です。(備忘録に)


36)組立(例2)「LCD+PT基板付」M028C9325TP
これは入手性の良い「LCD+PT基板付」だが(下記の写真参照)、結局はCPU基板と3段重ねになります。
片面基板ですので半田付けにはちょっとコツがいりますが写真を参考に。
CN2の(ピンヘッタは下から入れて半田付け等) 1x20ピンのピンヘッタの加工が必要です。写真を参照。
 

37)使用した2.8インチカラー液晶。「LCD+PT基板付」M028C9325TP
(8ビット用に改造が必要です。)
(注意2015-0310 現在、同じ型番でもコントローラICが変更になっています。)
(私のTEST=OK 品は ILI9325です。)



38)LCD-アダプタの製作記
色々と思考錯誤致しましたが一番簡単な方法の「2.8インチLCD単体が入手難」なので CN1からCN2に手配線のケーブル作製が一番早そうな気が致します。
まあ〜2.4インチならば理想形が簡単にできます。視認性は変わりませんが見た目(ルックス)はLCDが 小さいとチョット寂しいですね・・・・。
もちろん2.8インチLCD単体が入手できれば2段重ねで最高?のができます・・・?ほんとかいな。



2014-0715 (ケースが届いたので組立例の追加)
39)2.4インチLCDと2.8インチLCDの比較写真。(PT基板にLCD直付の様子)
PT基板の大きさは同じなのでLCDの大きさが判ります。(CPU基板との2段重ね時)
左が2.4インチLCD、右が2.8インチLCD。電流の違いも判ります。



40)ケース(MB-5S 175x120x50mm)が届いたので早速ケース入れに。
CPU基板未実装の状態です。LCDは2.8インチ用の専用基板(自作)を使用しました。
2段重ねでないとこのケースには入りません。(3段重ねのときはMB-5(175x120x75mm)に入ります。)



41)全配線が完了したケース内部の写真。



42)名入れが完成した顔(表)写真。
今回はLCD内に表示が出るのでロータリーSWには値を表示しません。最新のオシロに似ていませんか。



43)同じケースに収めたVer8とVer9のお揃いの顔(表)写真。
写真に撮るのでコードが邪魔なのでHold機能を使用して綺麗に撮って見ました。
瓜二つとは言いませんが良く似た顔になりました。(AC/DCが逆だったり、でももう直しません、Hi。)
2.4インチのLCDではちょっと物足り(貧弱)ない顔になります。



  ----- たぶんEND --------

44)2014-0808 追加。
 使っているとCH1波形表示がどちらだったかな〜・・・迷うことも・・・しばしばで。

 LCD画面も広いので、CH別の波形色と電圧表示の色を同じにして迷わずに直感で解る様に致しました。
・CH1=白、電圧表示も白、コネクタ色も白です。
・CH2=マゼンダ、電圧表示もマゼンダ、コネクタは赤色です。(まあ〜似た色と言うことで・・)
 これで画面を写真に撮った時も一目瞭然で便利になりました。
・2CHの動作の時はサブスケールを表示致します。
・X-Yの動作時にはサブスケールが非表示なのでこれも操作を迷うことは有りません。Hi。上々の出来栄え。
 (是非ともソフトはVer9dをご利用下さい。写真より実機はもっと鮮やかに識別できます。)
 (LCDのLEDが少々明る過ぎかな・・・・バラスのはいやだな〜・・・。)





2014-0811 追加
カメラを替えてちょっと写真を取り直しました。今度は色違いがはっきりと判ります。
(そうです、写真の撮り方の問題でした。まあ〜バックライトの明るさは簡単に調整出来た方がいいですね。 10Ω位はいれて置いた方がLCDにも優しいかな。少エネにもなることだし。)




45)2014-0808 上記のNEWソフト
「CH別の表示色の統一のHEXソフトVer9d」2014-0808(NEW)


  ----- たぶんEND --------


100):参考文献
1)トラ技 Original No8(1992 冬号 CQ出版
2)秋月のLCD(グラフィック液晶表示器 128x64dot SG12864ASLB-GB )取説
3)原典「フルート吹きのMIDI工房」
4)(私のLCD-OSIRO-V5,V6,V7,V8 の製作記)
4)その他。

前に戻る
All right Reserved, Copyright(C)JA1WBY 2014