JA1WBY 
1: PIC24HJ64GP206 x-y & 2CH OSIRO-V8の製作
(PIC-64pin、プリント基板に致しました。)
 
2014.05.18 1st
2014.05.21 PT-order
2014.06.01 PT基板が到着
2014.06.03 HPにUP
2014.06.04 誤記訂正 & 完。
2014.06.08 S-torigarSW/LED 追加
2014.06.21 時間軸に(20mS,100mS)の追加、誤記訂正
2014.08.09 CH表示の明確化

2014-0518 (*)まずは(概要)を・・・・!
 既に2CHのLCDのオシロを製作致しましたが「フルート吹きのMIDI工房」さんがV5のオシロに「X-Y」機能を追加してくださいました(迷惑が係るといけないのでちょっとつぶやいたのだが・・・・・)。
(まさかの大変に早い対応に感謝致します。と共に素晴らしい技術力に感激。)
ご迷惑かけたのだから、是非とも追試しなくてはと思います。だがあの配線ジャングルは今の私には配線する 気力が続かないし・・・・で、思案中・・・・・です。
1)ネックは「プリント配線板」で・・・上手く行くかは解りませんが0.5mmピッチのPT基板の版下を作製致しました。・・・このまま何事も無く上手く出来るだろうか?・・・・。
2)また、HEXがないのでMPLABでプロジェクトの構築を・・・・まあ〜これはたぶん・・・・出来るとは思うが・・・・
これはその製作記録です。
(注:実験、改造は自己責任です。)

    --- 主な事はメインICの変更 ---
    1)PIC-ICの変更です。おのずと色々変わります。28pin(DIP)---->64pin(TQFP)のICに。
     (そう、28ピンのPICではI/O不足)
    2)動作は2CHのオシロスコープにX-Y機能を追加。
    3)回路をあらたにPT基板化。(私が行ったはPT基板化)

    --- 回路図、及び詳細な仕様は ---
    「フルート吹きのMIDI工房」さんの実験テーマ49/50
    の「自作オシロ_V5の実験」/「自作オシロ_V5aの実験」の記事を参照して下さい。
    --- 主な使用部品 ---
  • 専用のプリント基板 1枚
  • PIC24HJ64GP206T-I/PT 1(RS コンポーネンツ @781)(0.5mm TQFP)
  • ケース:「OSIRO-Ver7」をリニアールする予定。
  • なので、あとは、C、R,その他は「オシロVer7」製作記を参照して下さい。
  • あとで部品表を作るかも?です。



    ---製作後の感想----
  • 取りあえず今回の目標は「自分用の組立」なので達成です。
  • (0.5mm TQFP)のプリント基板化が実現いたしましての完成でとても便利な一台となりました。
  • 今までにLCD-OSIROの自作で沢山の試作&実験を行って来ましたがDIY-OSIROとしてはこれが集大成になるかと思います。 原作者に感謝致します。

  • 独自の変更点は(1)時間軸の追加、20mS、100mSです。
  • (2)DCのマークをチョット変更してみました。(これは好みで)


    参考文献
    「フルート吹きのMIDI工房」
     回路図、ソースファイル等(但しHEXフアィルは有りません)を参照。


2014-0520
1)まづPIC24HJ64GP206に焼けないと始まらない・・・・が
だが未だPICを購入しておりませんし、QFPだからPT基板が無いと焼くことも出来ません。
そう、手も、足も出ない・・・・


2)で、出来ることはHEXファイルを作らねば
ん〜、何故かUSB-HDDにMPLABでプロジェクトの構築をしたのだが・・・失敗・・・?
で、Cドライブ(プログラムが置いてある)に構築して試したら・・・オ--OKになりました。
しかし、そのホルダーごと先のUSB-HDDにコピーして「xxxxx.MCP」をダブルクリックしたら何事も無かった ように無事に再コンパイルも出来ました。(何が?・・)まあ〜いいっか。
(ほかのHDDに「プロジェクト構築」これはいつもおこなっていることなのだが。)

「Scoep_V5.C」がコンパイルできれば「Scope_V5a」も出来るでしょう。
そしてこちらは出来た「オシロV5aのHEXファイル」(X-Y&2CH osiro ) (未公開)
あとは、焼いて動くのを楽しみにPTを待ちましょう・・・・


2014-0521
3)版下が出来ました。
まあ〜、自作基板なので、なんでも有りです。部品はある物で代用すべしで。
グランドもアナログとデジタルで分離したかったのだがパターンの引き回しが上手く出来なかった。
どう言う理由かボード図で配線率が100%(95.8%)にならない・・・・なぜ・・・
(今までは必ず100%になったのだが・・・・・怖いね・・・・?、何処かにに見落としが・・・・?)
これでオーダーして良いものかは判らないが・・・Go・・して良いものか?。



少し手直しした半田面のパターン図です。
今回は表と裏も「0.012インチ」(約3mm)しかアイソレートが取れなかったので手半田は 気をつけないと苦労する事になるかも知れません、Hi。しょうがないね〜小さい基板のもので・・・。



2014-0522
4)これでオーダーして良いものかは判らないが・・・取り敢えずGo・・・です。

後は・・・・・・・・・・・・・なが〜い・・・・・20日待ちに。
部品の手配を致します。
たまには「パーツList」を出してみた。
が(未だ完全ではないし、未デバック時のもで汎用部品を応用しているので参考にならないね。)
こうゆうものか?と言うだけです。(正確に部品登録&部品定格が入れば実用になるが)


2014-0524
5)PT基板待ちの間にちょっと部品リストを作って見ました。
(私の備忘録なので当てになりませんが・・・。)2014-0603 更新
(チッコンは2012タイプを推奨)
(R25=欠番?)
(誤記訂正 pdfの1/3PのATTの部品R13〜R16はチップ抵抗です。10KΩ)
1)部品リスト(仮)


6)ATTの回路図等。(Osiro-Ver7 と同じものです。)
(詳細はVer7をご覧下さい。)
このVer7のPT基板の裏側(スイッチの1、2、4、)にリード線を追加致します。(RSW1のA,B,C,に)




7)回路図




8)実装図
このVer7のPT基板にリード線を3本 追加致します。
(上の回路図を参照)




2014-0530
9)PIC部品が来た(PIC24HJ64GP206)RS-オンラインでこのNoで@781円。今までで一番高価?なPIC。
(そろそろPTも来て欲しいな〜・・・・。・)




2014-0601
10)うまいことにPT基板も出来上がって来ました。
(いつもより早いね〜・・・いいことだ・・・・。これくらい早いと利用意欲が湧くね。)




2014-0601
11)早速組立・・・・・・手始に。
一番の大仕事がこのIC7。PICの0.5mm のTQFPのICを半田付け。
(いつもよりアイソレートが狭い分、半田付けに気を使わなといけないね〜・・・)
(PT基板も問題も無く、難関のPICの半田付けが終わりました。)

(今回のPTは誰にでもお薦めするものでは有りません。)
(C29,C30は2012タイプのチップコンです。)



2014-0601
12)その他の主な部品もほぼ取り付け終了。
・ICへの書込みはICSP端子があるので簡単で、(13項を先にTestしてね、無事に書込み終了。)
・いつもよりアイソレートが狭い分、半田付けに気をつけろ・・・いや気をつけましょう。
・かなりきちきちで部品(& コネクタ)だらけだね。やはり1/6Wの抵抗の使用で正解だね。
・この狭さだとあとからのフラットICの手直しは不可能だね。)
・又、前回と時と同じに0.1uFはチップセラコンを使用。(自己責任です)


13)電源をば行きますか・・・・・・・火入れ式。
・いつもよりアイソレートが狭いので全部品の足(リードラウンド)のショウトしていない事の確認)
・電源電圧は3Vから、電流値に異常は無いか(約100mA位)
・段々に電圧を上げて行き3.3VのAVR動作はOKか?を。
・電圧を上げて行き5.0Vの供給で異常は無いか等をCheckを。



14)Ver7とVer8の基板の比較(ほとんど同じ、取付穴の位置は同じ)
・作ったばかりの(Ver7基板)ではあるがこのPTをVer8のPTに入れ替える予定です。




20140602
15)テスト風景
・メインPTをVer8のPTに入れ替えました。
・ATTにもA,B,Cのリード線を追加致しました。
・お〜・・・・・どうやら動いている模様・・・・・・?




16)Ver8の基板との接続イメージ図
・コネクタが多数あるので間違わないように致しましょう。
・特に「ATT-ABC」端子は配置が違うので注意が必要です。


・注1)この組立例は私仕様なので、悪しからず・・・(自己責任)。
・1)CLR-SWは未搭載です。(書込み端子にはCは付けていません。)
 (/CLRを原典と同じにするにはJP1とJP2を接続致します。)
・2)Reday-SW、LEDは未搭載です。
・3)Trig-SWは未搭載です。
・4)-5V(HC4051用)は原典と同じでは有りません。
・ (-5Vを原典と同じにするには下図の図1にして接続すれば可能です?。)


・主な各部の電圧値 対GND(参考です。LCDバックライト非点灯時)
1)CN2,+5V-IN 5.0V
2)IC6,IN 5.0V
3)IC6,OUT 3.3V
3)IC5,8  5.0V
4)IC5,6  -4.5V
5)IC3,8  5.0V
6)IC3,4  -4.5V
7)R19(IN)3.3V
8)R19(OUT)3.18V


2014-0604
17)PT基板の載せ換え完了。
・一旦、部品類を外してケースの加工も無事に完成。
 (AC/DCのSWの取り替えがチョット大変でしたが。)
・今までの部品配置がありますので配置の自由度が有りません、
で、仕方なく機能の方で妥協をします。たぶんに使わない?と思うので・・・Hi。
仕方なく電源SWは左側面に移動いたしました。(シャーシーはMB-5S)
文字入れは最小限に致しました。電圧、時間、DC/ACも画面内に表示、Solpeも画面内に表示、 これからは画面写真を撮るのが大分楽になりそうです。


18)裏側
あまり違和感無くPT基板の載せ換えが終わりました。
ん〜、あまりにも多いコネクタ数すっきりしないね、
(CLR,DC/AC-SW,SW-CN,MODE-SW,LED-CN等を20Pのコネクタまとめようと思ったのだが小さい基板だったのでパターン 効率を考えて断念したのだった。)


20140604
19)オシロ画面の写真。
・2CHの画面写真とリサージュ波形をUP。
・リサージュ波形は凡そ7KHzまでは見えます。それ以上は多重波形になってしまう。
・CH1のV-Posi VRで横方向の位置調整ができます。
・CH2のV-Posi VRで縦方向の位置調整ができます。
 (当然だが縦横が1:1なので縦4マス&横4マス以上は移動出来ません。)
 どちらの写真も中々いいですね・・・満足、大満足です。












20)さてシングルトリガーはどうするか。
 修正済。24項)以降を参照のこと。
あまり使わないとは思っているがいざと言う時には使用出来る用に して置かないとイケマセンね。
(後では回路を忘れて・・・・大変だ。と言うことでこんな隠れ場所に)

 簡単にこう言う写真が撮れると内部に隠しておくのは勿体ない気がするが・・・・?。(先送り)





2014-0605
21) 使用状態でのVR位置がFixしたので写真に撮りました。
(まあ〜これは把握して置いた方がGoodと思い備忘録に。)
(又、DCマークを一般のマルチテスター並?に変更してみました。)
(左のトリガー画面VR画面ではCH2の帰線はV・ポジションVRで上側に追いやっています。)
(右のDC/AC画面ではCH2の帰線はV・ポジションVRで下側に追いやっています。)
(1CHで使用する時は使わないCH(原則2CH)の帰線は上にしたおいた方が画面が見易いと思います。)



22) 回路図(備忘録)WEB未(詳しくは原典を参照)
 私のeagleでの回路図(備忘録)

23) OSIRO-V8 HEXファイル(備忘録)WEB未
 HEXファイル


2014-0608
24)WEBで小型のチップコンを頼もうと探していたら思わぬ物を見つけました。
 それは小型の「押し釦SW+LED」の複合部品でした、お〜やったと早速GET致しました。
(秋月のP-4073でLEDは赤、青、白がある)
早速これを使って「ホールド/RUNのSWとLED」。と
「シングルトリガのSWとLED」に使用しました。
(透明のフイルムシートを購入してこなくては・・・・。)
(ただ、注意も必要で、板厚が1.5mm以上ないとしっかりと固定出来ません。)
(正確には1mm以上、だが1mmではバネ圧ないよね)


25)早速「ホールド/RUN]の写真」
(ただ、注意も必要で、板厚が1.5mm以上ないとしっかりと固定出来ません。)


26)「シングル/AUTO」使用例
ここは、スライドSWよりもトグルSWの方が頻繁に動かすのに適している。(操作性が良い)
これであまりごちゃごちゃしないでスッキリ致しました。バンザ〜イ。完成です。




27)裏側も(内部とLED-UP)。




28)波形画面も。




2014-0621
29)時間軸の追加
BCD-SWに空きがあるので4ビット(1,2,4,8)を全部が使える用に変更致しました。
(基本的には16進も使えるわけだがそこまでは?で、0〜9までで良いと思う。)
(0.2mS,0.5mS,1mS,2mS,5mS,10mS,20mS,50mS,100mS,500mSの10進です。BCD-SWもそのまま使える。)
 33KΩ、1KΩ(1/6W)の2本の抵抗で簡単に下記の写真の様な端子にて改造致しました。
(RB6が端子に出ていたのはラッキーでした。改造が簡単。)
(RB6端子はソフトでプルUPしているのか?も確かめなかったので高抵抗にして置きました。弊害は無いでしょう)





30)追加した時間軸の測定画面例。
(自作のDDS-OSCでのf出しで、50Hz、20Hz、10Hz、2Hz)





31)
ハードの改造は簡単に思い浮かんだが・・・・(回路図を借用して備忘録に)
(1KΩを挿入いたしましたのでICSPの書込みにも対応できます。TIM/DIVはどのSW位置でも書込みテストOK。)

32)
ソフトの方はど素人なので最初は、どうやるか解らなかったが1日考えて(いじって)やっとソフトを改造 することが出来ました。あ〜、しんど・・・・。下記はソフトの叩き台・・・です。(原作者なら3分?で)これでビットシフトの勉強が出来ました。TKS。
ソフトの叩き台・・・です。(備忘録に)


33)
時間軸に20mS、100mS、追加のVer8_bソフト(備忘録)





  ---- たぶんEND --------

34)2014-0809追加
 別記事の「OSIRO-Ver9」の画面を修正したのに合わせてこちらも画面を変更致しました。
 ちょっと画面の文字表示がごちゃごちゃしていましたので整理致しました。
 CH表示を上下に分けました。大分?良くなりました、が所詮モノクロ画面なのでこのへんにして置きます。


  35)画面例
 大分すっきり致しました。いかがですか。


  36)
画面修正のVer8用のV5dソフト(2014-0809 備忘録)



 ----- たぶんEND --------


100):参考文献
1)トラ技 Original No8(1992 冬号 CQ出版
2)秋月のLCD(グラフィック液晶表示器 128x64dot SG12864ASLB-GB )取説
3)「フルート吹きのMIDI工房」
4)(私のLCD-OSIRO-V5,V6,V7の製作記)
4)その他。

前に戻る
All right Reserved, Copyright(C)JA1WBY 2014