JA1WBY 
1:seed「DSO QUAD」オシロ購入の顛末記
2:「世界に1台だけのDSO QUAD」に改造
2011.06.08 1st 「DSO QUAD」到着
2011.06.09 HP-UP
2011.06.11 kan
2011.08.28 改造

*)まずは(概要)を・・・・!
 これまで自作品、他人様作?の多くのオシロスコープを使用してきました。 現役の頃は500M、1Gの測定器が普通に使える恵まれた環境?でありましたので あまり気にしなかったが「リタイア」後は一機にスケールダウンして20Mの単現象のオシロのみの 所有になりました。趣味なのでこれでも充分なのだが、 しかし最近はこれも調子が悪くなってきました。新品を購入すれば 簡単なのだがそこは「趣味の電子工作」のサイトなので低周波用のものを 作り出しました。
1)1: LCD OSIRO Ver5.0の製作
2)1: JYETECH.COM のオシロの製作
3)1: QVGA液晶のオシロの製作(追試編)
4)1: AVR+液晶の2CHオシロの製作(追試編)
5)そして今回は表題の「DSO QUAD」を購入いたしました。
そしてこれはその使用の顛末記録です。
(注:実験、改造は自己責任です。)


1)「DSO QUAD」をGET
今年の1月から「エンジュニァサンプリングの予約」が始まりましたがソフトの変更がいや?なので5月に入ってからの 「配布アナウンス」で購入致しました。でも到着までに約1ケ月。すでに千石(国内)で新発売広告に出てしまった。

1)まづは外箱写真を。 (2011.06.08到着)
我が家では高い遅い「DHL」をやめて国際郵便なので送料無料です。

2)そして中身の写真を。
(DSO QUADは大きさは約100mm x 60mm弱)と小さい。
(詳しくはマニアル(又はカタログ)を参照して下さい。)
しかし、箱の封印は切ってあるし、マニアルは何んとなく新品らしからぬ様子。 GENO風に表現するば【リファビッシュ】品かな?。


3)いざ、「DSO Quad」開封を
 同梱のマニアル「DSO Quad V2.6(0.91B)」には電池の装填方法などな記載は無い、 もっともあっても英文なので解らないだけかも。
で購入元の「seedstudio」のなかですでに 「ソフトのバージョンUP」が出ている、 マニアルもダウンロードした、あれ〜「xxx.rar」解凍できない、で解凍ソフトを「窓の杜」からGETした。 あれ、マニアルは解凍できたが、回路図は中身(回路図)が無い・・・まだ何か不具合があるのかな?。
(あった、不具合が我が頭に「rar」は圧縮ファイルなのだ「rar」ファイルはまた解凍しないといけないのだ。ややこしいな〜。
これで「HEX」や「PDF」の回路図も見えるようになりました。2011.6.10追記)
ケースの開け方などは無いみたいだ。
ケースの材質からみてツメが割れることは無いとみて隙間にドライバーを入れてこじ開けた、 簡単に開いた。
正しくは裏ブタを下の写真のように押しながらやると簡単に開けられる。
(電池が後付なのだからこの位の写真は入れておいて欲しいね。)

そして電池装填(L-ion 3.7V 1000mAH)
プローブの調整用のトリマーが見える(6個)


巷の噂で1300mAHと言うのもあるらしいい我が家のものは1000mAHだ。
電池の向きも違う?がこの入れ方がぴったりだ。


4)そしてプローブは2種類。
(ん〜片方は貧弱)。
この写真は添付品だが、
(MCX Probe Kit (X1 X10) for DSO Quad と言うのも出た、$19.9)


5)Digital probe for DSO Quad。
だそうだこのコネクタは「MCX」xxと言うらしい?。このチープで$2.9?。
(ん〜国内でも販売店があったMCXコネクタってバカ高いのね。
このコネクタ素手では挿入も大変だが、抜くのはもっと大変、思わずプライヤーに手が伸びた。(元々は機器間の内部配線用なのでどだい頻繁な挿抜用には向かないものと思うがいかが?)


6)今日、本家を視たらもっといいのがあった、これがいいな〜。下の写真(2011.06.09)
コネクタの根本がしっかりできている。(不評で改良したのね。)
これなら手で挿抜ができるな。だが別売りの値段が無い?。 (今頃、本体を買えばいいのね、ん〜はやまったか。)


7)そして操作スイッチ?。
(上面の操作スイッチ類)

操作しにくいSWのUP写真。
NavigatorA,NavigatorBと言うらしいこの二つのSW、左右とダウンを兼ねたスイッチです。 あの丸@の小さな△を見逃すところだった、あれを見逃すと直観で操作出来ない 、危ないあぶない。しかしもっとどうにかならなかったのかな〜。あのSWとにかく操作しずらい。
(ん〜操作しずらい・・・・よ〜。)

裏ぶたの隙間はまだ仮止めの為です。

8)初期画面
取りあえずVerの確認のメモ。とS-No(FExxxxx)


9)キャリブレーション画面
入力--GNDを接続。
(何故250?、操作しても125以下にはならない?。
 50mVレンジでオフセット大き過ぎ?)
 もしかしてAPP2.35はERR有りか?。とんでもないぞ?。


10)当然、帰線(0V線)がうまく表示できない。
取りあえず画面のメモ。

 次はやりたくなかったソフトのB-UPをせねばなるまい。?な。

11)ZIPの中にHEXファイルは無い?。
あった、不具合が我が頭に「rar」は圧縮ファイルなのだ「rar」ファイルはまた解凍しないといけないのだ。ややこしいな〜。
これで「HEX」や「PDF」の回路図も見えるようになりました。
下のような必要なSYSとAPPのHEXファイルが出てきた。


DSO QUADをPC(WIN-XP)に接続して電源を入れたがうまく「DSO QUADのホルダ」が認識できない・・・?。 他のUSB機器を全部外してPCを再起動したら「DSO QUAD」のホルダが認識できた。
これで上記の「sys_b141.hex」を「DSO QUAD」のホルダにほ−りこんだ。
一瞬なにやら動いてファイル名が変わって下記の画面がでて無事に完了。


12)いったんDSOの電源を落として再投入。
 続いてAPPファイルも。
これもうまくいった。「DSO QUADのフォルダ」画面


13)お〜、完成?、バンザ〜イ。
これでソフトは最新版になった。(2011.6.10現在)


(私はこうなったものが欲しかったのだ、 だからエンジニアサンプリング品は避けたのに・・・・・・キャッシュバックしてくれ〜と叫んでもいいと思うが・・・・・。ま〜ま〜ここは落ち着け〜・・・・・・・・・・・・・・と。)



14)2011-0828 エァ〜イ、思い切って改造だ。

(注:実験、改造は自己責任です。)

上に記したようにこの「DSO QUAD」はとにかく使いづらい、使い勝手が悪い、
組立たはいいものの全く使用していない、ヤフオクに出そうかなとも思っていた。
しかし、捨てる覚悟があれば何でも出来るね、そうだ、外付けのSW(6個)を付けようかなと言うことになった。 で、バラし始めた。写真を。




や、や〜っ。このロータリーSW風は以外と出っ張りがあるな〜。
(正確にはロータリでは無い)
(動作感やクリック感もしっかり認識できるしね)
そうっか、このまま裸で使えばいいのか、そんなわけいかんだろう?。


こりぁ、ケースの作りが悪いんだ〜。そうだ、ケースを加工してみようかな。
と言うことで方針を変更してケース削りに・・・・・
(これは、SWの保護の為に付けた溝?があだになっているのだ。)


そして、裏蓋も削りました。


勿論、中枠も削って、そして組み込みを。



荒削りだが使用しているうち直ぐに綺麗になるだろう、
何しろ一番使う頻度の高いSW類だからね。


そして、完成で〜す。
「世界に1台だけのDSO QUAD」
「MAY DSO QUAD」
これで使い勝手が格段に向上いたしました。
(最初からこういう構造にしていればいいのにね。)
ケース作成の失敗作?だね「seed studio」さん。
(しかし、手の大きい外人さんのクレームって無いのかな〜不思議。)
(それとも、専用のタッチぺん?でも持っているのかな?〜不思議。)
しかし、こういう使い勝手は購入する前にはなかなか解らないものだね。


 たぶんEND


2012-追記
のちに。「seed studio」さんから少し高くなるが改良版の
「DSO Quad - Aluminium Alloy Black」
なる物が販売されています。ホホ〜アルミでないと薄く出来なかったと言う訳か。


100):参考文献
1)トラ技 CQ出版
2)「seed studio」
2)「エアーバリアブル ブログ」
2)「何でも駄文日記」
2)その他。

前に戻る


All right Reserved, Copyright(C)JA1WBY 2011