JA1WBY 
1: 電子VR使用のDDS-OSCの製作
  
2011.04.18 1st
2011.04.20 HP-UP

*)まずは(概要)を・・・・!
 自作DAC基板配布の大御所で面白いPT基板の話が持ち上がった、 「DDS-OSC+電子VR制御出力」これはいい。これって基板は作らないのかな〜・・・。
これは是非とも基板化して貰いたい・・・「早速BBS」にリクエスト・・・・ で。希望を叶えていただいた。感謝です。(でも需要は私だけではないと思うが・・・・)
早速基板が到着したので、まづは手持ち部品を使用して組み立ててみました。これはその実験&製作記録です。
(注:実験、改造は自己責任です。)

    --- 主な部品 ---
  • 1:DDS-OSC基板キット 一式 
  • 2:DC-DCコンバータ使用(5V/±15V 100mA)
  • 3:電源は単3電池4本

1)取りあえづ写真で説明。

1)プリント基板の組立写真。
まづは標準的な組立てでChek完。
(基板の大きさは100mm x 52mm)以外と小さい。

2)基板の裏?写真、こちらにLCD表示器が付く。
(ロータリーSW部分は切り離しての使用が可能、ガラス基板は切断が大変なので ここはVカットを入れておいてジャンパ線7本の方が有りがたい。)
今回は素直に基板のままで組み立てました。
LCDは交換ができるようにソケット方式にしました。

3)ケースの加工、手持ちにあった小さな「MB-3 580円」

4)ケースの完成 (バックライト無し)
5V=0.2Aの省エネ、電池も長〜持ちするね。


5)ケースの完成 裏
あとで電池盤に出力電圧調整(VR1用)ができるように真ん中に穴をあけました。



・・・・実験風景・・・・
6)LCD(バックライト無)をつけての消費電流の測定
DC-DCコンバータ(MINMAX MCW03-05D15)800円 秋月電子扱い。
3.5V=0.3A(一次側の電流/約)
4.0V=0.25A
5.0V=0.2A
6.0V=0.2A
7.0V=0.18A


7)LCD(バックライト有り)をつけての消費電流の測定
DC-DCコンバータ(MINMAX MCW03-05D15)
4.0V=0.48A(一次側の電流/約)
5.0V=0.4A
6.0V=0.3A

LCD画面が周波数の所がブリンクするので写真に撮るのはちょっと大変?、
そこでデジカメの連射機能で撮りました。ん・・・うまくいった。


8)・・・・雑感想・・・・
秋月の「DDS-OSC」と比べると
1)まづは失礼だが秋月の「DDS-OSC」より各段に良い(素晴らしい使い勝手)
2)可変周波数が高い方は2MHzまで。
3)大振幅が取り出せる。
4)デジタルVRの為に出力電圧の再現性が良い。
(-20dbとか-40dbとかの出力が簡単に取り出せるのでアンプ等の「入力/出力特性」に活用 できそうである。)
と、どちらも一長一短があるが。自作派には是非とも購入しておくべき一品です。


9)回路図等は (h_fujiwara氏の組立資料・参照)
1)同氏の組立マニアル PDF版
2)同氏の「お気楽オーディオキット資料館」へリンク




100):参考文献
1)トラ技 CQ出版
2)「お気楽オーディオキット資料館」
2)その他。

前に戻る


All right Reserved, Copyright(C)JA1WBY 2011