JA1WBY 
1: CAD eagle あれこれの巻き。   
2008.12.01 1st
2009.01.02 last up

*)まずは(概要)を・・・・!
 アマチァの私はこのCADも毎日使用するわけでは無いので直ぐに忘れてしまいます。 歳のせいと言う人もいますが。ここは私が実験用に「CAD eagle」でプリント配線基板を作った時の あれこれの備忘録です。

次のHP等を参照しましたTKS。
1)「Sircuit Board Service,Inc.」
2)「プリント基板CAD EAGLE活用入門」
3)「EAGLE使い方」
4)「ロボット学習システム RoboX」のプリント基板
5)「PCBCRAT」のサンプルCAD


 ご利用については自己責任です。


1)最初に作ったプリント配線基板(サンプル1)「PCBCRAT製」

私のお気に入りになりまして作ったスタンドアロンのオシロスコープ(Pic24HJ12GP202)用 のプリント板です。
ほとんどデホルトの設定でどんなものが出来上がるのか?のテストです。

「eagle4.16r2」で作成


「Changeマーク」を選択した時です。


INFOで「GNDベタアース」を表示した時です。
 そうです、ほんとのINFOだけですね。

1)部品ライブラリはEagleの添付部品のみを使用して作りました。
2)部品は流用できる物を使用しています。
3)配線パターンもデホルテです。(一部分の加工もありますが)
4)ベタアースの作り方も標準。
5)捺印文字はベクターを指定。

「PCBCART」で出来上がった基板


(出来上がり後の感想)
1)今回の基板メーカではデホルテで完成しましたのでgood。
2)送金方法も簡単でスピーディでgood。
3)基板は単体でテスト込みで安い。今はどこも無料みたいだが。
4)基板は一応は満足ですが?。
5)ラウンドが小さく手半田では作業性が悪い。
6)半田ブリッチの発生等がありました。
7)今回は使用していませんが日本のTR(2SC1815等)の部品が無い。のがNG



2)次に作ったプリント配線基板(サンプル2)「PCBCRAT製」

私の常用のプリント板です。
勿論、今回もテスト基板です。

今度は「eagle5.30」で作成
見た目にはあまり変化ありませんが?。色ぐらいかな〜?。


「Changeマーク」を選択した時です。
「Change」項目も変わっていません?。


INFOで「GNDベタアース」を表示した時です。
Ver4と大分変わっているのがINFOコマンドで表示した時にプルダウンメニューがありまして ここで簡単にそれぞれ変更できることです。
ベタアースなどの「Isolate」が簡単に試すことができます。
ここだけでもでVer5にする価値があると思いますがいかが?。
ベタアースの再設定とか、TEXT文字の修正とか・・楽になりました。

1)Ver5では国産のNPN,PNPに相当する部品ライブラリが入りました。good
2)今回も部品ライブラリはEagleの添付部品のみを使用して作りました。
2)部品は流用できる物を使用しています。
3)配線パターンは加工して(変更)しています。
4)今度はベタアースの変更も簡単
5)捺印文字はベクターを指定(一部)
6)捺印文字はプロポーショナルを指定(一部)

「PCBCART」で出来上がった基板


--- CAD 製作後の感想----
  • プリント配線基板の仕上がりも今回も綺麗で満足。
  • 今回は各レイヤに「ABC」の文字は入れませんでしたがちゃんとできました。
  • 今回の「eaglede Ver5」は使いかってが向上。当たり前か。
  • 半田面は「ベタアース」のない方が作業性がいいことも解かりましたので。
  • @面がアイソレート0.6mmで作製。試しに表裏で別に指定。
  • O面がアイソレート0.8mmで作製。
  • 今回はアイソレート0.8mm(作製)で半田付けも楽チン。
  • 捺印文字(2008-11)はプロポーショナル指定ではやはりNGでした。
  • (CAMビユァ表示と同じでした。)
  • その他のメモ
    1:詳しい使い方はマニアルに譲って。取りあえずメモ。順不同です。
    コマンドは直ぐに忘れるのでA4に印刷できるように写真にしました。


    2:Infoコマンドで表示して簡単に変更してみることができてGood。
    3:ベタアースの一括解除は「Ripup」+「;BC」
    4:取りあえずIsolateは0.6mm以上にすれば手半田も簡単
    5:配線の幅は「Change」+「Width」+直したいパターンをクリック+クリック・・・で簡単に 修正が可能です。この位の小さい基盤なら回路図から指定しなくとも簡単に修正可能。
    6:Auto配線+手直し配線+Auto配線+手直し・・・でが便利に使えます。
    7:手直し(配置、配線)はName(レイヤxx)を外しておこなうと簡単
    8:Auto配線は「Ripup」したパターンの場所のみ再配線します。「Gnd」も同じ
    9:このeagledeでは半田面にSMT部品のパターンが引けないのが残念。
    10:Gridは「inch」と「mm」をどしどし交換して使います。日本人だも〜mm
    11:CADでは8milルールてのがあるらしい(最小約0.2mmルール)
    12:とにかくベタアースは最後がGood
    13:覚えておくと便利なコマンド
    1:「bom」部品表の作成
    1:「count」パット、ビア、ホール数のカウント
    1:「drillcfg」ドリル表の作成
    1:「pat2html」HTML形式の部品表の作成
    1:「silk」シルク・データ幅の変更
    1:「renumber-sch」回路図のNOの付け直し
    14:「Display」でレイヤ表示を切り替えて作業すると間違いが無くて簡単
    15:このサイズで10pcs〜では断然「PCBCART」がお得 
    16:「PCBCART」では決済がPaypalが使用できるので簡単
    17:使いこなせれば"Non-profit version"(約18k円)もいいかも知れません。
    18:Ver4の人は、早くVer5にすべきです。別々のアイコンができます。
    19:上位互換でVer4のものも読み込めます。
    20:片面基板でもDRCの「Restring」がきけば自作基板ももっと作り易いが。
    21:シルク印刷用のName位置移動ではGridを0.001inch or 0.005inchに。
    22:外形、穴位置指定時はGridをmmに。
    23:
    24:


    3) 無料のCAMビューワ「Dynatron」で見た検証画面。
    ちょっと画面は小さくしてありますが雰囲気はつかめると思います。
    こんなエラーがでますが・・・

    基板屋さんではちゃんと読み込めているようです。
    無事に基板も完成しています。
    そして、基板屋さんから貰ったデータではNo-errで読み込めました。


    4)次に作ったプリント配線基板(サンプル3)「ALL自作製」

    「自作用のパターン」O面の片面基板用も簡単に作製できます。
    ぐぐるとかなり便利なソフトで手を加えている方もいます。



    5)便利なソフトの使用例(パターン比較)

    下記の「写真で見る工作室」の EAGLE使い方 おまとめ:2005-10-08〜の中の「ドリルの穴を全て0.3mmにするプログラム」「0_pad.ulp」を 使用したときの印刷画面を下記に示します。
    自作では0.3はきついので実際はドリルの穴を全て0.6mmに変更しました。
    自作用のポンチ代わりになり大変便利です。
    自分で追加、加工するのであれば「500dpiのモノクロ」でExport(imageで)します。


    で、早速自作のPT基板を作成して見ました。
    センターがきまり穴あけがとても楽になりました。



    100):参考文献
    1)電子制御のためのPIC応用ガイドブック(技術評論社)
    2)トランジスタ技術(CQ出版社)
    3)「電子工作の実験室」
    4)「エレキジャック」
    5)「MacroApplication」
    6)「秋月電子通商」
    7)「PIC マイコンを便利に使うページ ]
    8)「プリント基板設計CAD EAGLE入門」
    9)「写真で見る工作室」
    10)その他。

    前に戻る


    All right Reserved, Copyright(C)JA1WBY 2008