JA1WBY 
1:実験用電源の製作(トランスの改造付き)
 
2006.07.10 1st PT完
2006.07.16 2nd バラックTest
2006.07.19 3rd 完成

*)まずは(概要)を・・・・!
 またまた「h_fujiwaraさん」配布のPower-PTに余剰品がででしまいましたので その活用方法はないものかと思案していたところ実験用の小型電源が大分古くなってきていましたので その電源を更新することにしました。
しかし、その為に3回路の電源トランスの再購入では高価になり過ぎるかな〜と、部品箱をかきまわしていたら「PM-181W」というトランスが2個もあることに気がつきました。 「そうだ、これを改造しよう。」と言うことになりまして久々の電気(部品?)工作です。 その様子をここにまとめてみました。(トランスの改造が今回のメイン?かな。) 「勿論、この記事は自己責任です。」
(注:実験、改造は自己責任です。)
このような製作は今、リタイヤした方(olld man)なら大昔の記憶の何処かに浮かんでくることと思います。 と言いつつ私のメモリアル?かな。


1)まづは?。トランスの分解から開始。

 ここは写真を多用していますのでまづは見て下さい。Hi。
作業は細心の注意を払って「コツコツ」と軽く彫金工作のごとく根気を入れて 分解してください。 この「EI型」の鉄心の分解作業が一番の難所であとはそれなりに簡単と思える 作業になります。Hi。


1)今回の改造に使う道具類?。
その他にいつも使う半田こて、半田、ニッパ類。
注意としてはカッターの刃は出し過ぎないこと。(1cm以内)


2)今回の改造トランス「PM-181W」(たぶん1800円前後だったかな?。)


3)鉄心の仕組みをしらないと始まらない(バラセナイ?)のでまづは写真を。
この「E I」型の鉄片が交互に積み重ねてあります。
ニス?類でがっちりと固まっているのを一枚、一枚剥がして分解します。


4)カバー金具(底、上カバー)を外します。


5)まずカッターの刃でEI型の鉄片を一枚づつ剥(分離)がします。


6)まず左右のI型の鉄片を3〜5枚外します。
次にE型の鉄片を剥がします。特に一枚目が大変ですが?。
あとは、ま〜とにかく根気よく鉄片を剥がします。
 I型、E型を交互に剥いで(この言葉がピッタリ)いきます。


7)全体の作業の様子。
カッタ-を「コツコツ」と軽くたたいて剥がします。
小型のカナズチでも良いが、こんな狭いのは無いのでプライヤーで代用。


8)全体の作業の様子。
まずカッターの刃ではがれたらドライバーでE型の真中を剥がします。


9)ボビンが出てきました。「おーヤッタ〜疲れました」。


10)はずしたEI型の鉄片「たしか60枚かな?」。



 「ボビン分解と巻き線の開始」

11)ボビンが出てきましたが1次側(AC100V)はそのままで。
2次側の巻き線をほどいていきますが必ず巻き線の巻数を数えて つぎの自分の欲しい電圧値になるように換算します。
1)線径は自分の好みで決めて下さい。
2)線径は0.8mm/1.0Aが使用されています。私は一部分を再利用。
3)線径は0.4mm/0.4Aに使用しました。(追加)
4)巻数に関しては別図を参照
5)コイル間は絶縁紙で絶縁しましょう
6)今回は1次側はいじらないので1次側の上の絶縁紙の上からの巻線作業です。


12)巻きあがったボビン。


13)巻きあがったボビンの端末の処理。


追加分の端子は無いのでリード線で引き出し。う〜ん手抜き単線で。


14)出来あがったトランス
ワニス等の処理も行いませんでした。


15)出来あがったトランス
枠も取り付けました。


16)出来あがったトランス
増設部分のコイルリードは耐熱チューブ処理。


17)出来あがったトランス
1)電圧値記入のラベルを貼って完成です。
2)テスターでコイル間、コイル-鉄心間のショート、絶縁測定をしておきます。

(注:これは私の実験記録です。実験、改造は自己責任です。)


実験用の電源として組立

18)出来あがったトランスと定電圧回路で実験用の電源の完成。
うわ〜豪華?、PT板を3枚も?、でもこれって余剰品の活用です。
手持ちのMAX20VのDC電圧計も装備しました。


19)出来あがった実験用の電源の完成(裏)
一番左のPTはダイオードブリッチを使用した317と7805の+のみの2電源。


20)PM-181Wの回路図(例)



21)PM-181Wの改造後の回路図(例)

2次側の3回路分の巻線データ
1)15V-0-15V 0.3Aの予定 0.4mm線 (追加の線材不足あり。)
2)8V-0-8V 1.0Aの予定 0.8mmの線材は再利用品
3)0-8V 1.0Aの予定 0.8mmの線材は再利用品


22)---製作後の感想----
  • なかな良い感じに出来上がりました。(取りあえずの自己満足)
  • コイルの巻数は手持ち線材不足で15V-0-15Vには足りませんでした。
  • 実験用はこの「マナイタ」方式が一番使いやすいかな?。
  • これからどうしよう?・・+/-5VはVRの可変にしようかな・・・?。
  • 背景画のモノトーン写真がいい雰囲気をだしています。好き・・・です。

  • 23):参考文献
    1)「作るICエレクトロニクス」トランジスタ技術 Special No.34 CQ出版
    2)「Power-プリント配線基板」の配布元の「h_fujiwaraさん」のHP
    3)その他

    前に戻る


    All right Reserved, Copyright(C)JA1WBY 2006