JA1WBYのアンプ製作記-42 
「6F6G-ST管-CSPPアンプ Ver1」
(懐かしいST管を使用)


2011/02/01 1st Ver1製作構想開始
2011/02/15 火入れ完
2011/02/19 完成
1)まずは(概要)を・・・・!
 昨年の暮れにCSPPのトランスを「ARITO」さんから入手していましたが なかなかいい作例が見つからずにいました。 私は真空管ならばやっぱり懐かしいST管が好きですね。だが「KT-88」を除くとST管の5極管って以外 と少ないものですね。(CSPPは思うに3極管300Bの対抗馬としてKT88や6550等で50Wクラスを狙ったものかな?、市販品にするにはHIパワーも必須ですからね。) で、話変って自作となるとハイパワーは必須条件ではありません。で、私はST管ルックスを重視いたしました。 GT管、MT管の作例はありますが。でもやっぱり電源トランスが ネックになっています。CSPPは自由に電源トランスが自作(又はオーダー)できる方の特権かな〜とも 思っています。
が、1ケ月の月日が立ちますと考えも変わりましてそうだフルスペック?のCSPPアンプでなくてもいいのだ、 いつもののように簡単(=QRPでは無いが)に作ればいいやと思うようになりました。 と、ま〜うまくいくかどうか?は判りませんがこれはブログ風に始めた、その製作記録です。
これは趣味の製作記録です。応用には自己責任でお願いします。
注意)これはプログ風であって本物のプログでは無いので日付を遡ってもの修正もあり得ます。

*** 仕様では無くて製作の想い。***
・私の好きなST管の製作例がないようだ?。終段は是非ST管にしたい。
・手持ちのなるべく小さい電源トランスで作って見たい。(特注は避ける)
・出力はQRPでも良いので、これもアリのような気がする。
・ETC・・・・


2011-0201  取りあえずは試作回路図を
・回路の考え方、細かい原理等は他のHP(参考文献参照)に委ねて・・・
 ここでは物作りを中心に進めていきます。Hi。
・出力は控えめ?で市販の小さ目のPWRトランスで、+ST管使用でと考えた結果、
 下の回路図のようになりました・・・・。
・もちろんこの球にはST管(6F6G)とGT管(6F6GT)もありますが・・・・。
 (今ではこの球はST管もGT管も購入コストはあまり変りなさそうだが)
・QRPならブートストラップはいらないだろうが?・・・・・。
・ドリバー段まで半導体と言う手もあるが?・・・・・。
・たぶん動くだろう〜?・・・、カットアンドトライで・・・。
(注意1)この回路図はどんどん進化(変り)?してゆきます。
・(注意2 2011-0213で凍結、新しい回路図@(2011-0215版)を参照して下さい)

・(SUB-PT1を作成しましたので定数を記入して見ました。2011-0204)
(OUT-PTの誤記訂正をしました、これでいいかな。2011-0204)
・(しまった。ブートストラップを考えに入れなかった。 誤記訂正済。2011-0205)


2011-0202  取りあえずは試作を・・・・・
・下の写真のようにバラックで前段FET部分の確認を・・・・。
・ま〜ま〜動きそうだ・・・・・(テストですよ〜。)



2011-0203  取りあえずは試作を・・・火入れ・・・・
・ちょっと片づけて真空管を挿入・・・
・電源トランスはPMC-100のAC200Vでテスト。
・電源の整流はダイオードとFETのFIL回路で・・・。
・ま〜ま〜動きそうだ・・・・・(テストですよ〜。)
・もちろん最初はブートストラップは無しで。R8,R9=10Kで
・もちろんこれからカットアンドトライです。
 (勿論、今では真空管ものにも使えるシュミレ−ションソフトもあるらしいが そんなソフトが自在に使い熟せる歳(スキルは無い)では無いと逃げる。)



2011-0204  ・・・・
回路図をUPしたら早速ARITOさんからBBSでご指摘を戴いた。 これからよくみよ〜と。 あまり見やすい写真でなかったので申し訳ないが。 まだ、小さいトランスでもちろんブートストラップは無しの回路で。(R8,R9=10Kで) 取りあえづ動いている、NFなしで6W位は出ている。(勿論E-Kはスルーでである。)K電流は約30mA 弱位である、35mAオーバーではPOWERトランスがきつい、大きすぎるトランスも嫌だしで困ったものだ、前段を作ってからもう一度CHEKとしよう?。
そんなわけで回路図はよくみて診よう(考えてみよう)。だが先にPT基板を・・・


・昨日のバラックセットで大体の確認ができました。
・ま〜ま〜これで本番用のレイアウトの構想に移れそうだ。
・まづはシャシーの選択を始めないと・・・・・
・だが待てよ、SUB-PTを作るのが先かな・・・・・
・で今日は、PT基板作りをはじめるか?・・・・・


2011-0205  PT基板が完成
・細かい部品をラグ板に取り付けるのもチト面倒なので早速PT基板 を起こすことにいたしました。
・FET部分関連の部品も絡めてのPT基板化です・
・グリッドのR5,R6は迷ったが基板の方に載せました。
・(PT基板は寸法の都合で3枚採りで作成致しました。)


・そして部品実装を・・・・
・少ない部品なので簡単に完成いたしました。
・基板の大きさは100x45mmの小さな基板となりました。
・部品も高さ13mmの背の低いコンデンサに統一いたしました。


PT基板を作成いたしましたので回路図も誤記訂正と定数の記入をいたしまして差換えいたしました。 (しまった。ブートストラップを考えに入れなかった。あとで訂正を。2011-0205) 済です。
今日はPTのテストをいたします。


2011-0207  PT基板のテスト・・・
・新しい基板で取りあえずテストの開始です。
・PT基板もまづまづ動きそうだ。

・で、ちょっとF特を採ってみました。ん〜・・・・
・OPT-5Pのごく普通のPP回路で。NF無し。


OPT-5Pでブートストラップ?にしてみました。Gainが約半分になりました。
これでいいのかな?。

・しかし、予想はしていたが6N6Pではこのトランスでは足りないね・・・12AU7にすっか・・・・


2011-0208  待望のトランスでのテスト・・・
・PT基板もまづまづ動いている。振幅波形も満足。
・で、昨日も触れたが6N6Pで満足なドライブ電圧の確保にはIPを20mA位流したいが、 電源トランスとの関係でちょっと選手交代をしてもらわないといけない。Hi。
・12AU7に交代してもらう。
・これでもAC振幅は200Vpp<が確保できるので大丈夫でしょう?。
・で「ありとさん」設計のトランスに交換して見ました。ん〜まづまづ順調に動作している模様である。
・ん〜SG電圧は当然高い(スルーなので)ZDを入れようかな、 入れておけば安心感がますね。

・これなら電源トランスを大きくしておけば6V6GTもまったくの互換機になるかも?。
明日からはシャシーのレイアウト構想を・・・・・


2011-0210  シャシー完成だ・・・・・
・1日試案した結果、下の写真のようになりました・・・・。
・ま〜これから・・・細かい配線方法のシュミレーションをしなくては・・・・・
・球はインラインに・・・・配置いたしました。



2011-0211  シャシーに部品(仮)実装
・取りあえづ部品を実装してみました。ラグ板位置合わせ等に・・・・。
・ま〜こんなところかな?・・・・・と・・・・。
・かなり重くなりそうだな〜・・・・。
・これから実体配線図(そんな立派なものでは無いが)を書いてから・・・・〜。
・ゆっくりと3連休後に配線開始かな〜・・・・?。



・最初は手持ちのトランス(PMC-140HG)の活用で始まったが・・・
・ん〜こう組立てて見ると190Mも載るな〜・・・・
・この3連休にちょっと悩んで考えてみよう・・・・かな?。


2011-0213  PWトランスの変更だ・・・・・
・この3連休にちょっと悩んで考えてみよう・と言ったが悩むのは最初の半日で終わった。 「大は小を兼ねる」といったところで190Mを「ポッチッ」と注文してしまった。
・ま〜これなら色々な球が試せるわいと独り言・・・・・
・シャシーはPTの穴を拡大して、PTが載ればわかるまいな〜と・・・。
・さっそく届いたPMC-190M。
・これならヒータ回りでも悩むことはなくなった。

・さっそく実体配線図が出来上がった・・・これなら配線は?・・・・楽勝?・・・
・電源回路やヒータ回路の配線は省略しています。
・1枚だと、ま〜込み入って見にくいが実際は数枚にレイヤーで分けて印刷いたします。
 (クリックするとPDFファイルが見られます。)



2011-0214  配線でけた〜・・・・・
・この3連休に取りあえず配線まで完了いたしました・・・ほっ・・・と。
・ま〜火入れはもう一度Chekしてからゆっくりと・・・・



2011-0215  火入れ・・・OK・・・(まもなく完成?)
・配線チェックを終えていつもののように火入れになるわけだがやはりいつも 緊張いたします。
・そして何事も無く無事に儀式を完了いたしました。バンザーイ・・・・と。
・6F6Gの電流はチョット少な目の30mA、あと少しは増やしたいが、 取りあえずチョット測定を・・・・
・PTを換えた為にドライバ-は6N6Pや12AU7もほとんど同じような特性で使えます。

@ 回路図(2011-0215版 測定値入り)

 (注意3 OUTトランスが訳あり品の為に
2次側端子の接続方法にご注意下さい。)


A まずはF特を・・・。なかなかいいね。(2SK30A+12AU7+6F6G CSPP)


B IN-OUT特性も・・・。QRP?としてまずまずだね。(2SK30A+6N6P+6F6G CSPP)


C 歪率(1KHz)はどんなものだろう・・・・ん〜なかなか素晴らしいね。
(2SK30A+6N6P+6F6G CSPP)IK=30mA時
・0.1W 0.3%/0.3%(LCH/RCH)
・0.5W 0.2%/0.2%
・1.0W 0.3%/0.4%
・2.0W 0.6%/0.7%
・3.0W 1.0%/1.2%
・4.0W 2.0%/2.0%
・6.0W 4.0%/4.0%
・8.0W 12 %/13%

・DF 3.3/3.3

D 大きさ、重量は
1)定格出力:約6W rms x2
2)残留雑音:0.6mV/0.4mV
3)周波数特性(別図を参照)
4)消費電力:AC100V --A
5)寸法:305mm(W)x190mm(H)x180mm(D) (突起物は除く)
6)重量:7.3Kg
明日はちょっと記念写真を撮っておこう・・・・


2011-0216 完成写真を・・(2SK30A+12AU7+6F6G CSPP)
・ひとまづ動作いたしましたので写真を撮りました。・・ほっ・・・と。
・QRP仕様としては充分満足な完成度で〜す。
・B電圧のFILのFET(K3067)は夏場を考えてシャシーに直接取り付けました。


・お〜、なかなかの見栄えになりましたと・・・・自己満足・・・。
・小型のST管もいい・・・ね〜。なかなかMT管では味わえないルックスだ。
 (インライン配置もうまくマッチしているみたいだ。)
・6F6Gもこれからは数が少なくなるだろうから酷使は避けねば・・・・・と・・・。
 (実はAC200V端子使用で電流増を考えているのだが?)
・(2SK30A+12AU7+6F6G CSPP)の写真。



2011-0217 再度のF特を・・(2SK30A+6N6P+6F6G CSPP)
・今度はもうちょっと広い帯域で周波数特性を採りました。(NFR=4.7K)
・こう広帯域で見ると高域はもうチョット伸びて欲しいね
 (しかし、高域のなだらかで綺麗な減衰特性は素晴らしいね。)
・これからはちょっと試聴に・・・・・専念で〜す。


・(2SK30A+6N6P+6F6G CSPP)の写真も。


2011-0219 ついに完成・・(2SK30A+6N6P+6F6G CSPP)
・今度は終段の抵抗を約350Ωにして測定いたしました。
・PWR-PTには余裕がなくなったがIK約35mAとなりました。
・このへんが落としどころですね。P損失8.2Wこれで行きましょう。
・DFもだいぶ良くなりました。ばっちりです。
・回路図も再度UPしておきます。(お奨めしませんが6V6も互換です。)



歪率(1KHz)。IK=35mA時
(2SK30A+6N6P+6F6G CSPP)
・0.1W 0.06%/0.08%(LCH/RCH)
・0.5W 0.14%/0.20%
・1.0W 0.21%/0.31%
・2.0W 0.38%/0.50%
・3.0W 0.60%/0.81%
・4.0W 1.00%/1.50%
・6.0W 2.40%/4.00%
・8.0W 10 %/12%

・DF 8.7/8.7


2011-0220 これで常用に・・(2SK30A+12AU7+6F6G CSPP)
・発熱を考慮して今回のPOWERトランスは軽く使いたいので少し変更して最終としました。
・AC200V端子で使用。ドライバを12AU7に交換。
・C3,C4を3300uFに変更いたしました。



   *** 雑感想 ***
・当初は簡単なQRPアンプを目指して製作して来ましたが途中での電源トランスの変更で ま〜普通の中パワーのアンプになってしましました。Hi(笑い)
・と言ってもこの球でも余裕で使うにはもっと余裕のある電源トランスを使用したいですね。
・歪率から見ればかなり上手くできたアンプだと思います。
・シャーシもP-11に収まったのでルックスもとても気に入りました。と自画自賛
・音の評価はとても難しいがとてもバランスの取れた好きな音です。
・年寄の暇つぶし?にブログ風に書いてきて約20日ゆっくりと楽しむことができました。
・最後にこのCSPPのアンプ製作のチャンス(きっかけ)を戴いたARITOさんに感謝致します。


 _END


100):参考文献
1)春日無線のカタログ資料
2)実用真空管ハンドブック(誠文堂新光社)
3)ラジオ技術2009年12月号(アイエー出版)
4)真空管規格表/CQhamradio 2001年11月付録
6)手作り真空管アンプのページ
7)「情熱の真空管」のページ(ぺるけ氏)
8)「ありとな世界」さんのページ
9)「ARITO,s BBS」
10)その他。


前に戻る

All right Reserved, Copyright(C)JA1WBY 2011