JA1WBYのアンプ製作記-38 
「12AU7+VT-137:ミニワッターアンプの製作」
(i-podからでも鳴らせる(QRP)ステレオアンプ)


2010/1115 1st Ver1暫定版
2010/1120 2nd Ver1 HP-UP
2010/1122 3nd Ver1 誤記訂正 & 完
2010/1224 4st Ver1 波形写真付き回路図をUP

1)まずは(概要)を・・・・!
 前のアンプよりはちょっとGainの高いアンプが欲しいと言う声がありましたので ちょっと改造してみました。
だが「12AT7+1626」ではGainがあり過ぎなので「12AU7+1626」にラインナップを 変更してみました。
これでGainの大小の2台のミニワッタ-例ができましたお好きなラインナップで追試 できるようになりました。
これは趣味の製作記録です。応用には自己責任でお願いします。



    おもな使用部品(前回の改造バ-ジョンです。)
  • 電源トランス春日のH9-0901で両派整流
  • 出力トランス春日のKA-5730
  • 真空管はVT-137(1626)と12AU7
  • B電源はFET使用のフイルター回路
  • シャシ-:アルミ製のP-12 (W250xD150xH60mm)


1)まづはアンプの改造部分を

まづは変更した回路図をご覧下さい。
・まづは下図のように回路を変更いたします。(3段アンプに)
・変更部品はR04,R05,R09,& R11, C06追加等。
・下図の定数でだいたい良好な動作となりました。
1)12AU7 ヒータ=4-5Pin 12.6V 
2)VT-137 ヒータ=2-7Pin 12.6V 
・(クリックするとPdf画面になります。)


実態配線図(ラグ板端子部分の一部 例)


(参考事例1)
Gainを上げようとしてR09を減らしたらR-CHのみにモーターボーディング(発振)が起きました。
VR=MAXでは発振していなくてVR=2時位の位置で発振しました。
VRを静かにゆっくりと上げていかないとなかなか気づきにくい状態でした。あぶない危ない。
(異常発振は)3段アンプの肝?ですからね。
自作のオシロでV4の3Pin(+B)の波形を写真に撮りましたので備忘録の為に載せておきます。
・異常発振波形(モーターボーディング)。お〜盛大にでていますね。(ACモード)
・入力はOPEN。VR=2時の時。
・見つけるにはスピーカをつないでゆっくりとVRを上げていき「ポップノイズ」が出るかを注意ぶかく聞く。のが良いと思います。


L-CHのV2の3Pin(+B)の波形の写真(正常時)VR=Min〜Maxまでこの写真のようならOK

(参考事例1 END)


2)改造後のアンプの内部写真。
写真をみれば大体お分かりになると思います。
え、あまり解からない?・・・・・。VR交換、その他は回路図を参照
FETフイルタの強化、で+B電圧の低電圧化-6V位。
R09抵抗の適正化(Gainの縮小化)、部品配置の変更、配線の整理等。
(これで発振止めのグリッド抵抗の削除も可能です。が面倒なので)
写真はまだ、NFB抵抗(RNFR1,2)が付いていないとき。

・部品箱を探したら160V-100uFのコンデンサが出てきたのでC06,C16を交換しました。
・NFは取り合えづNFR=4.7Kを取り付けました。
・12AU7のヒータバイアスを6.3V-6.3Vの中点に変更
・よって上記の内部写真も大きい写真に入れ替えました。


3)周波数特性
予想通りのかなりいい特性に〜・・・・。
これだけGainがあればsonyやi-podでも充分に楽しめます。


予想通りのかなりいい特性に〜・・・・。
私としてはこれ位で(Gain)いいかなと思っています。





4)各部の波形写真
まづは簡単にできる測定風景を。
これにマルチテスターと終端抵抗(8Ω)があればOKです。
 自作の発振器とこれまた自作のオシロスコープによる。
自作のオシロスコープももう少し帯域が伸びると矩形波も良く観測できるのだが あると無いとでは大違です。是非とも皆さんも活用して下さい。


 自作の発振器とこれまた自作のオシロスコープによる参考波形。
各部の波形写真付き回路図
(オシロスコープはシングルチャンネル(1CH)ですから位相関係は見れません。)
 (市販品もあるのに盛んに自作品を進める自分がいる。笑いHi)
 (せっかくの電子工作のHPなので大いに宣伝しようではないか。)




13)主な規格 取得データ

1)入力インピーダンス:約47KΩ
2)入出力特性:(別図を参照)
3)全高調波歪率(L/R)
 0.1W出力時 歪 0.9%/1.0%
 0.5W出力時 歪 2.0%/2.0%
 1.0W出力時 歪 6.2%/8.0%
 1.5W出力時 歪 17.0%/18.0%
4)DF:約3.5
5)最大出力:約2.0W rms x2
6)残留雑音:0.04mV/0.16mV
7)周波数特性(別図を参照)
8)消費電力:AC100V 0.6A
9)寸法:250mm(W)x180mm(H)x150mm(D) (突起物は除く)
10)重量:2.8Kg+(800g側板)の予定





たぶんEND


100):参考文献
1)春日無線のカタログ資料
2)実用真空管ハンドブック(誠文堂新光社)
3)ラジオ技術2009年12月号(アイエー出版)
4)真空管規格表/CQhamradio 2001年11月付録
6)手作り真空管アンプのページ
7)「情熱の真空管」のページ
8)その他。


前に戻る

All right Reserved, Copyright(C)JA1WBY 2010