JA1WBYのアンプ製作記-37(追試) 
「QRP:6082WB-OTL ステレオアンプの製作」

2010/05/15 1st Ver1暫定版(工事中)
2010/06/01 2nd Ver1 HP-UP
2010/06/03 3rd Ver1 特性追記

1)まずは(概要)を・・・・!
 関西支部の方ではOTL-AMPの製作が盛んのようです。 前回に試作したOTLアンプの目処がついたので製作してみました。 普通、OTLでQRPは無いでしょうと言われてしまいそうです。 本格的なOTLアンプの製作には躊躇してしまいますが低電圧のQRPアンプならば製作して みたいなと言う気になりまして手持ちの部品で簡単に製作してみました。 回路はラ技(2009-12)に載っていたものです。 関西支部の方のものを 参考にアレンジ致しました。 うまくいくかどうかは?解かりませんが、6082x2のステレオと6082x4のステレオにする ことができます。
本当はもう一回り大きい電源トランスが欲しいが取り合えづ手持ちの部品活用で 簡単な低電圧のQRPアンプ仕様にしました。これはその制作記録です。

    おもな使用部品
  • +Bは電源トランス16V〜20Vのタップのどれかを両派整流
  • 真空管は6082WBx4のAC100Vでのヒータ点燈 2組8本
  • B電源はICの耐圧に相談しながら試します。まづは手持ちのNJM2114DD(MAX22V)
  • シャシ-:アルミ板のP-11 (W300xD170xH60mm)
 (注:実験、改造は自己責任です。)


2)完成の様子

・手ごろなP-11のシャシ-で完成です。
・今回もすっきりした配置になりました。(自己満足の世界)



3)内部のプリント基板の写真
細かい配線が面倒なのでプリント基板にしました。


基板の実装図。


ついでに電源部分も基板に。


4)シャーシ加工の写真
いや〜放熱孔の為にそれなりにかなりの数の穴あけです。


5)配線途中の写真
これだと以外にすっきり配線が出来そう。


6)電源プリント基板を内臓
以外と大きさ的にぴったりサイズですっきり配線が出来ました。


7)完成の内部写真
HED-AMPのプリント基板を入れて完成です。


8)完成の上部写真
どうにかうまくまとまりました。これに遮蔽板を付ければ完成です。


9)6082WB 4本時の動作写真(1)
クリックで違う配置のTUBE写真になります。


10)6082WB 8本時の動作写真(1)
電源の保護の為に遮蔽板を付けたこちらが完成写真になります。

放熱孔が少ない気もするが今の室温で2Hの連続動作でシャーシー上とサイドがほとんど同じに なっているのでうまく対流できているみたいだ。(シャシー36℃/室温25℃)

11)周波数特性 (L-CH,R-CHの同時測定 IN=-20db)
*)周波数特性 RL=8Ω  F特はまづまずですね。


12)入出力特性
 図では飽和領域の入出力特性に差が出ていますが飽和領域なので無視。



13)*** 製作後の感想 ***
  • ん〜、アンプはやはり軽い。のが一番いいですね。
  • 電解コンを増量したおかげで音もわれなくなりました。
  • 低電圧のQRP-OTLアンプとしてまづまづの仕上がりとなりました。Hi。
  • あまり意味は無いが真空管1本を外すと「ミリワッターのOTLアンプ」となります。
  • 高耐圧のICが入手できたら電源もUPしてみたいが?。
  • 電源トランスをもうチョット大きくして診たい気もするが?。
  • 参考文献とは歪率がだいぶ違うがICや電源が違うので何とも?。
  • と、ま〜やってみたいことは沢山あるが今後の楽しみにしておこう。


14)回路図
 (注:実験、改造は自己責任です。)
  回路図は参考です。(保守用)

1) 回路図(暫定)(赤字は実測値)
2) 部品表 (pdf参照)回路図を参照。
実装についてはいつもの様に簡単に下絵を描いています。 今回はパソコンで画いたのでここに公開します。
3) 実装図 (pdf参照)そのうちに。



15)主な規格(±20V電源) 取得データ

1)入力インピーダンス:約50KΩ
2)入出力特性:(別図を参照)
3)全高調波歪率(L/R)
 0.1W出力時 歪 0.30%/0.04%
 0.5W出力時 歪 0.10%/0.02%
 1.0W出力時 歪 0.30%/0.70%
 1.5W出力時 歪 13%/18%
4)DF:約50
5)定格出力:約1.5W rms x2
6)残留雑音:0.12mV/0.04mV
7)周波数特性(別図を参照)
8)消費電力:AC100V 0.6A
9)寸法:350mm(W)x180mm(H)x190mm(D) (突起物は除く)
10)重量:3.3Kg




100):参考文献
1)春日無線のカタログ資料
2)実用真空管ハンドブック(誠文堂新光社)
3)ラジオ技術2009年12月号(アイエー出版)
4)真空管規格表/CQhamradio 2001年11月付録
5)参考にした「趣味の真空管アンプ」西河さんのプログ
6)手作り真空管アンプのページ
7)その他。


前に戻る

All right Reserved, Copyright(C)JA1WBY 2010