JA1WBYのアンプ製作記-33 
「HPA-(アンプ)の実験集(小規模)」

2009/05/20 1st up B-HPA-Ver1暫定版
2009/06/10 2nd up B-HPA-Ver1完成版
2009/06/23 3rd up K-HPA-Ver1暫定版(工事中)
2010/04/28 4st up K-HPA-Ver1暫定版(版下pdf-UP)

1)まずは(概要)を・・・・その@
 ここでは日々の小さな色々の実験の事項をまとめておきます。
 (注:実験、改造は自己責任です。)
プリント版の版下(pdf)を公開いたしますので簡単に追試できるものと思います。


1)B-HPA(ヘッドホンアンプ)の製作

ヘッドホンアンプ(B-HPAと略記)を作成することになりましたがラグ板を使用しての 製作が最近は特に億劫に感じるようになりましたのでプリント基板で作製することにしました、 ラグ板を使用したHPAと差がでるのかはわかりませんが勉強です。 回路は「ぺるけ氏」のコピーですが少しばかり変更してあります。

作り方は。
1)まづはEagleで片面の版下を作りました。
この位の回路だと片面基板でも部品配置しだいで80%以上は自動配線をしてくれます、ラクチン、らくちん。残りは手配線で。
そのときに役立つのがダミー抵抗です。アースが切れたら0Ωのダミー抵抗の出番です。Goodアイデアです。

500dpiでエクスポートします。(勿論モノクロで)

2)ペイントショップ等で手直しとコピーで版下を作ります。
コピーでステレオ用に作成します。
余った部分に電源部分の回路を作製いたしました。


3)出来たプリント配線基板。


4)プリント基板 実装図


5)プリント基板の完成
(版下のパターンは152mm x 100mmから余分を切断しました)


6)プリント基板の完成


7)プリント基板の完成
 しばらくはこの「マナイタ」で試聴いたします。
なかなか素晴らしい音で鳴っています。


8-A)B-HPA 周波数特性 (S1-S2短絡)
すばらしい特性です。Gain=10db 負荷抵抗=30Ω


8-B)B-HPA 周波数特性 (R6=130Ω)(S1-S2短絡)
RNFを「ぺるけ氏」のようにすると下記のようにすばらしい特性になります。
基板化にもうまく成功した模様です。Gain=10db 負荷抵抗=60Ω


9)参考に(保守用です)
1)B-HPA 回路図 (WEB 未)
2)B-HPA gif-版下図
2)B-HPA pdf-版下図
3)B-HPA 実装図
注意1)
低音ブースト量(回路)は出力インピーダンス(次段の入力インピーダンス)によって変化します。 ヘットホン接続では効果は望めません。



1)まずは(概要)を・・・・そのA
上記との比較用にもうひとつのヘッドホンアンプ(K-HPAと略記)を作成することにいたしました。 勿論こちらもプリント基板で作製することにしました。
回路は「MJ誌の対称AMPやh_fujiwaraさんHP」のコピーですが少しばかり変更してあります。
そして。
2)出来たプリント基板。Ver01 Test用


3)プリント基板の完成 Ver01


4)プリント基板のテスト風景 Ver01


5)Ver02のプリント基板。
安価な良いケースがなかなか無いのですが、
取り合えづ購入したケースに合わせてVer02のプリント基板を再製作。
(基板外形 115mm x 77mm)


6)Ver02のプリント基板の完成
このPT基板にも電源部分を搭載いたしました。


7)周波数特性
すばらしい特性です。Gain=10db 負荷抵抗=30Ω
ちょっと高域が気になるが?・・・気にしないでいこう。


8)Ver02のプリント基板では詰め過ぎたかな?
 (Ver01のプリント基板では揃っていたはづだが?)


9)参考に(保守用です)
1)K-HPA 回路図 (WEB 未)
2)K-HPA gif-版下
2)K-HPA pdf-版下
3)K-HPA 実装図



99):参考文献
1)MJ無線と実験2008-4,5月号(誠文堂新光社)
2)実用真空管ハンドブック(誠文堂新光社)
3)真空管規格表/CQhamradio 2001年11月付録
4)「手作り真空管アンプ」のページ
5)「情熱の真空管」のページ
6)「お気楽オーディオキット資料館」のページ
7)その他。


前に戻る

All right Reserved, Copyright(C)JA1WBY 2009