JA1WBYのアンプ製作記-32 
「UY-56pp ステレオアンプの製作」

2009/05/15 1st up Ver1暫定版(工事中)
2009/05/31 2nd up Ver1完成版(PTver05)

1)まずは(概要)を・・・・!
 過日、秋葉のラジオデパートでふらふらと歩いていたら懐かしい「ST管」が安く店頭に並べて売られていました。 安いな〜1Kか、いっちょ買って遊んで見るかと言うことで4本GETして来ました。  しばらくはそのままほったらかしでいましたが別の件で春日無線に電源トランスを特注することになりました、 ついでにこの「UY-56用」の専用電源トランスも頼もうか?、ということで56用の専用トランスが出来上がってきました。 早速、組立てにかかりました。(この真空管は通常はアンプには不向きです、昔?の用途は検波管です。) これはその制作記録です。

    おもな使用部品
  • Powerトランスは春日無線の特注品 @6400円「BS-100タイプ」
  • 出力トランスは春日無線のKA-8-54P @3000円x2
  • 真空管は56(@1K円)、出力目標は1W位。
  • ケース:リードのP-12 (W250xD150xH60mm)1460円


2)*** 製作後の感想 ***
  • 今回もルックスが非常に気に入っています。
  • また小型軽量?で取り回しが楽です。
  • ST管(4本)でいつ見てもいいね〜。一応3極管でこのルックス
  • この56はヒータの点燈が良く見えてGood、
      (最近の真空管はヒータ点燈が見えづらい)
  • 出力は小さいがパンチがありこれでも十分に実用域。
  • 感度は高めでオールマイテイのソースに対応?
  • また半導体ドライブのおかげで驚くべき周波数帯域。
  • 今回も非常に使い勝手の良いminiアンプになりました。
  • 今時、誰も使わない56ですが今回は非常に綺麗な超miniアンプに仕上がりました。 (56専用トランスまで作って遊ぶ球かよ。と陰の声)
    でもでもね、春日の「BS-100」の特注トランスなので 好きな電圧が取りだせるし見栄えもよくて特注トランスの割りには安いと思うがね。
  • これは是非とも手元に残したい1台です。
 (注:実験、改造は自己責任です。)


3)完成の様子

・電源SWはランプ(LED)付になっています。
・今回もすっきり配置で見た目も豪華?になりました。
・まだ、仮側板ですが、(白無垢ですがそのうちに汚します。)
・ヤッパリ白無垢が良かったかな?。(まだ、白無垢の側板も残っています。)



内部のUP写真(クリックすればですが)。
いや〜それにしても少ない個別部品ですね。



4)新しくなったVer05 New PT基板の写真
ま、いつもの半導体ドライブ段です。(今回は電源AC30V仕様品を使用)



4)周波数特性を (L,R-CHの同時測定)
春日のトランスもかなりの広帯域ですね。
ま、勿論この半導体ドライブ段あってのものだが。


5)*: 入出力特性 (L,R-CHの同時測定
出力は小さいですが、こんなもんでしょうね。





6)回路図
 (注:実験、改造は自己責任です。)
 回路図は参考です。(保守用)

1) 回路図(暫定)
2) PT基板 実装図(部品は回路図参照)(WEB未)
3) 実装図、保守用(WEB未)



7)主な規格(参考)取得データ)

1)入力インピーダンス:約50KΩ
2)入出力特性:(別図を参照)
3)全高調波歪率(L/R)
 0.1W出力時 歪 0.15%/0.15%
 0.5W出力時 歪 1.00%/1.50%
 0.8W出力時 歪 20.0%/20.0%
4)DF:2.7/2.7
5)最大出力:約0.8W rms x2
6)残留雑音:0.52mV/0.08mV
7)周波数特性(別図を参照)
8)消費電力:AC100V 0.4A
9)寸法:300mm(W)x150mm(H)x170mm(D) (突起物は除く)
10)重量:3.5Kg




99):参考文献
1)春日無線のカタログ資料
2)実用真空管ハンドブック(誠文堂新光社)
3)真空管規格表/CQhamradio 2001年11月付録
4)手作り真空管アンプのページ
5)その他。


前に戻る

All right Reserved, Copyright(C)JA1WBY 2009