JA1WBYのアンプ製作記-28 
「VT-137pp ステレオアンプの製作」

2008/04/01 1st up Ver1暫定版(工事中、追加&更新 随時)
2008/04/23 2nd up Ver1.1暫定版
2008/05/02 3rd up Ver1完成版(特性図追加)
2008/07/09 4st up Ver1完成版(誤記修正、更新)

1)まずは(概要)を・・・・!
 前作のVT-137(1626)のPPアンプは容姿が気に入られて嫁いで行ってしまいました。 手元に無くなると寂しいもので、又製作することにしました。電源トランスも2個も特注しておいたことだしHi。
 今回のシャーシは私の「お気に入り」で常用している「YM-200」の黒いシャーシで無く シルバー色のリードの「P-12」にしてみました。
これも、いつもの様にコストパフォマンスも良くが目標ですが 回路構成は前回の作品と同じなので詳細は省略して簡単に写真だけをUPしておきます。
これはその制作記録です。

    おもな使用部品
  • Powerトランスは小型品を春日無線に特注
  • (PMC-100より小型品狙いです。)
  • 出力トランスは春日のKA-8-54P x2
  • 真空管はVT-137 x4 出力目標は2W位。
  • ケース:リードのP-12 (W250xD150xH50mm)


2)*** 製作後の感想 ***
  • 今回のこの色もルックスも非常に気に入っています。
  • 小型で軽量?で取り回しが楽です。(手ごろだしね。)
  • この真空管(3極管)いつ見てもいいね〜。
  • 出力もこれで十分に実用域。オールマイテイのソースに対応?。
  • PPのおかげで低音も充分に満足させてくれます。
  • また半導体ドライブのおかげで驚くべき周波数帯域。
  • 今回も非常に使い勝手の良いminiアンプになりました。
  • そして何よりコストパフォマンスも最高。が嬉しい。
 (注:実験、改造は自己責任です。)


3)プリント基板も新しく。より使い勝手が向上。

・PT基板は基本回路は前回と同じ。
・この基板は正負の倍電圧整流を基本パターンにしました。
・基板は特注電源トランスのAC30Vを整流。
・今回は特注電源トランス1個でスッキリに作れます。
・前回と同じ基板を使用いたします。


(参考 33K使用のプリント基板実装図)

4)完成の様子

・このシャーシ、「LEAD」の「P-12」シルバーです。
・電源SWはランプ(LED)付になっています。

・後面。ACコードは直付けで取り回しが楽です。
・適度の部品密度で見た目も豪華?にです。


内部のUP写真(クリックすればですが)です。
いや〜それにしても少ない個別部品ですね。




このシャシー、
以外と大きさ的にぴったりサイズですっきり配線が出来て見た目もよろしいです。 「YM-200」より長さ5cmの余裕がきいている。


完成写真。「P-12」のシルバーも中々Goodです。
(電源SWとツマミもシルバーで統一してみました。)




5)周波数特性 (L-CH,R-CHの同時測定)

*: 周波数特性 (L,R-CHの同時測定


*: 入出力特性 (L,R-CHの同時測定





6)回路図
 (注:実験、改造は自己責任です。)
 回路図は参考です。(保守用)
 (現物との同一性は無保障です。)

1) 回路図・前回と同様なので省略します。(WEB未)
2) 実装図、保守用(WEB未)



7)主な規格(参考)取得データ)

1)入力インピーダンス:約50KΩ
2)入出力特性:(別図を参照)
3)全高調波歪率(L/R)
 0.1W出力時 歪0.04%/0.08%
 0.5W出力時 歪0.10%/0.25%
 1.0W出力時 歪0.15%/0.45%
 1.5W出力時 歪0.22%/0.60%
 2.0W出力時 歪1.0%/1.2%
 2.5W出力時 歪10.0%/7.5%
4)DF:4.5
5)定格出力:約2.5Wrms x2
6)残留雑音:1.0mV以下
7)周波数特性(別図を参照)
8)消費電力:AC100V 0.5A
9)寸法:250mm(W)x150mm(H)x150mm(D) (突起物は除く)
10)重量:3.7Kg




99):参考文献
1)春日無線のカタログ資料
2)実用真空管ハンドブック(誠文堂新光社)
3)真空管規格表/CQhamradio 2001年11月付録
4)手作り真空管アンプのページ
5)その他。


前に戻る

All right Reserved, Copyright(C)JA1WBY 2008