JA1WBYのアンプ製作記-43 
「DAC & プリアンプの製作」

2007/11/20 1st up Ver1暫定版(工事中、追加&更新 随時)
2007/11/30 2nd up Ver1暫定版(工事中、追加&更新 随時)
2007/12/02 3rd up Ver1暫定版(回路図公開、追加&更新 随時)

1)まずは(概要)を・・・・!
 長いこと「まな板」?のままになっていた「上野さん配布の24Bit-DAC」ですが DAC単体ではかなりの数が既に完成してありますのでそのままケーシングしたのでは ちょっと「ツマラナイ?」ので今回は前会に製作したプリアンプと合体したものに仕上げてみなした。 電源部分もちょっとおごってみました。
コストパフォマンスも良く、できる限り小型にが目標です。
これはその制作記録です。

    おもな使用部品
  • Powerトランスは小型品を
  • 出力は2回路?に
  • NFタイプのトーンコンヨロール&EQ
  • ケース:P-11 (W180xD300xH70mm)


2)*** 製作後の感想 ***
  • 今回もルックスは非常に気に入っています。
  • 小型で軽量?で取り回しが楽です。
  • このシャーシ、お出かけ用にぴったりです。
  • これでオールマイテイのソースに対応しています?。
  • 1)Input1 前面にてRCA入力と3.5mmのジャック、
      (排他利用。i-PODも接続可能。)
  • 2)Input2 後面でRCA入力。
  • 3)Input3 後面でRCA入力。(EQ付き)レコードプレーヤ接続。
  • 4)Input4 後面でRCA入力のDAC (192K〜32K、24Bit対応)
  • 非常に使い勝手の良いプリアンプになりました。
  • そして何よりコストパフォマンスも最高。が嬉しい。
 (注:実験、改造は自己責任です。)


3)プリント基板も新しく。より使い勝手が向上。

・基板は電源トランスのAC9Vを両波整流。
・基板は電源トランスのAC12Vを両波整流。(基板は2枚使用。)


・TC基板は基本回路は前回と同じですが、
・PT基板の長さを揃える為にプリント基板をちょっと小型にしました。


(参考 33K使用のプリント基板実装図)


4)完成の様子

・このシャーシ、説明の必要が無いいつものP-11です。
・豪華?な電源基板でいい感じです。(余剰の電解コンの消化に)
・電源SWはランプ(LED)付になっています。
・ACコードは直付けです。取り回しが楽です。


・24Bit-DACは3段重ね、お〜小さくなった。
・適度の部品密度で見た目も豪華に完璧?。
・その為にわざわざ基板の長さを揃えたのであります。(自己満足)
 (再度、版下を起こしましたって、ま〜パソコン、そして自作基板ですから簡単。 これがPT基板メーカに発注していたらとてもこう簡単にはいきませんHi。)


・UP写真。



簡単にレタリングをば?。




5)周波数特性

・こちらは前回(No42)の特性図を参照して下さい。




8)回路図
 (注:実験、改造は自己責任です。)
 回路図は参考です。(保守用)定数は実装図優先。
 (現物との同一性は無保障です。)
1) イコライザー部分の回路図(参考)
2) トーンコントロール&アンプの回路図(参考)
3) POWER部分の回路図(参考)

4) DAC部分は上野さんのHPを参照


9)主な規格(参考)取得データ)
1)入力インピーダンス:約50KΩ
2)入出力特性:(別図を参照)
3)全高調波歪率(L/R)
 0.1W出力時 歪0.02%/0.03%
4)定格出力:約6.0Wrms x2
5)周波数特性(別図を参照)
9)消費電力:100VA
10)寸法:180mm(W)x70mm(H)x300mm(D) (突起物は除く)
11)重量:xxKg




99):参考文献
1)春日無線のカタログ資料
2)実用真空管ハンドブック(誠文堂新光社)
3)真空管規格表/CQhamradio 2001年11月付録
4)手作り真空管アンプのページ
5)DAC-PT配布元の上野さんのHP
6)その他。


前に戻る

All right Reserved, Copyright(C)JA1WBY 2007