JA1WBY 
1:オーディオ・DACの製作D
「オール自作プリント基板使用のDACの製作」  
2006.11.25 1st 自作DAC5-PT完成
2006.11.30 2nd DAC5 バラックTest
2006.11.30 3rd ケーシング
2006.12.01 4st HP-UP・更新
2006.12.04 5st 周波数特性図、回路図UP・更新
2006.12.08 6st PCM63P回路図誤記訂正・更新
 

*)まずは(概要)を・・・・!
 いままでに多くの「配布プリント基板」を使用したDACを製作してきましたが 今回は自分好みの「ALL自作プリント基板」によるDACの製作です。 PCM63Pを使用したDAC,そしてPCM1794を使用した192K/24Bitを再生できるようにしてみました。 勿論、手持ちの部品を使用したごく一般的な簡単な回路構成です。 試作記事は別記していますのでここでは写真を中心に製作記録に書き留めておくことにしました。

(注:実験、改造は自己責任です。)


1)まづは?。CS8416+PCM1704 DAC-PTの製作

 まづは192K/24BitのPCM1794を使用したDACプリント基板の製作です。 前回にSSOPのPT板もすでに試作TEST済なので今回はSSOPのICも以外と簡単に自作基板に実装できました。 「基板はサンハヤトの33K」を使用しました。






2) PCM63Px2のDAC基板の製作

「PCM63Pの音も忘れられません。」と言うことでPCM63Px2のPTも製作です。





3) ついでにPOWER-PTも新規に作成しました。

+5V、-5VのIC用の放熱板を少し大きくしています。(固定化)VR用のパターンと共通化





4) そしてケーシング

 ケースは何にするかと迷ったが低価格の「P-11」に決まりました。
このケースはかなり大きいので2枚のPT板が収容できそうです。
上蓋はアクリル板使用の予定。
ケースと機構部品実装の写真です。




5)PCM63Px2パラ DAC-PT使用時の完成写真です。

まづはPCM63Px2パラ DACの完成です。
1)同軸入力では32K〜96K/24bitまでバッチリと動作します。
2)OPT入力も96K/24bitまでバッチリと動作します。
3)PLLの時定数をチョット変更して96Kがいつも確実にロックするようにしました。(気持ちいい〜。)





5)PCM1794 DAC-PT使用時の完成写真です。

次はPCM1794 DACの完成です。
1)同軸入力では32K〜192K/24bitまでバッチリと動作します。
2)OPT入力も「TORX142」使用で32K〜192K/24bitまでバッチリと動作します。
 これでめでたく2台のDACが完成しました?。と・・・
いやいやこれはコストパフォーマンス抜群の私流の「リバーシブル仕様?」の合体基板 方式のDACです、のでケースは1個です。
メンテ(調整)し易いように合体してありますので何時でもリバーシブル可能です。
こちらは自作の「CS8416 DAi+PCM1794-DAC」が上側の時
それぞれの基板には通電確認用にLEDを採用しています。








 そして気になる周波数特性は?・・・。(AD/DA)

お〜バッチリと48Kと96K/24bitの動作がみて取れます。
192K/bitは残念ながら192KのADがありません。
PCM63KとPCM1794の周波数特性をUPして置きます。








6-1)TC9245N+PCM63Px2-DACの回路図(参考)
手持ちの部品を使用したごく一般的な簡単な回路図です。
**
TC9245N+PCM63P  DACの回路図

6-2)TC9245N+PCM63P 実装図 (参考例)
(回路図とは一致しないところがあるかも知れません)
** TC9245N+PCM63P DACの実装図 (参考例)

7-1)CS8416+PCM1794-DACの回路図(参考)
手持ちの部品を使用したごく一般的な簡単な回路図です。
**CS8416+PCM1794 DACの回路図

7-2)CS8416+PCM1794 実装図 (参考例)
(回路図とは一致しないところがあるかも知れません)
** CS8416+PCM1794-DACの実装図 (参考例)

 (注:実験、改造は自己責任です。)
ケースに実装するにあたっては定数変更部分があります。
回路図と実装図との整合性は保障いたしません。


8)---製作後の感想----
  • なかなかルックスも良く、固定化&移動用にもベスト。
  • どちらのDACもなかな良い感じに出来上がりました。(自己満足)
  • PCM63PとPCM1794ではそれぞれに個性があっていいですね?。
  • OPTは「RX142」使用でOPT入力も完璧動作です。
  • ヘッドホンでもモニターできるようにしましたが「これがい〜い」オー好きになりそう。
  • モニター音量可変のためにDACに音量差を設けました。ん〜???・・・だね。
  • これからラベルを作成しなくては・・・と。


  • 20):参考文献
    1)「R-2R-DAC プリント配線基板」配布元の上野さんのHP
    2)「手作り真空管アンプのページ」
    3)「PIC使いこなし徹底ガイド」HAM Journnal No.103 CQ出版
    4)「作るICエレクトロニクス」トランジスタ技術 Special No.34 CQ出版
    5)「各種のDACプリント配線基板」の配布元の「h_fujiwaraさん」のHP
    6)その他

    前に戻る

    All right Reserved, Copyright(C)JA1WBY 2006