JA1WBYのアンプ製作記S  

1: VT137(1626)ST管(QRP)アンプ製作 Ver5
「JA1WBYのアンプ製作記SPDF版を公開」(NEW)

2006/01/21 1st up暫定版
2006/01/28 2nd up pdf版 ( 6.6MB 画像が多いので重い。)暫定版
2006/02/06 3rd up pdf版 ( 6.6MB 画像が多いので重い。)R02版

1)まずは(概要)を・・・・!
だいぶ前に好評で譲渡してしまった1626(VT-137)AMPがありましたが 今回もリクエストがありまして「VT-137-AMP Ver5」の製作です。 今回は誰にでも気軽に作れるようにちょっと詳しく 「pdf版」 にまとめました。 お手軽にコピーして製作の参考にしてもらえたら幸いです。
まだまだ至らないところも多々あると思いますが、気がついたことがありましたらお知らせ下さい。

    おもな使用部品
  • 出力管:1626(VT-137)ペア品(春日無線)
  • 前段管:12AT7(Sovtek 推奨)
  • 電源トランス:H9-0901(春日無線)
  • 出力トランス:KA-5730(春日無線)
  • ケース:YM-200 (200x40x150mm)


 2)*** 製作後の感想 ***
  • 今回もルックスは非常に気に入っています。
    小さいが重量感あふれるまさしく真空管アンプ。
  • 電解コンはシャーシ内に入れ、上は非常にスッキリしました。
  • 音は非常に鮮明で、また低域も充分。
  • 音色はやはり3極管で期待を裏切らない好きな音色です。
(注:実験、改造は自己責任です。念のため。)


3)今回はPDFにしましたので完成写真のみです。

1)完成写真(1)




2)完成写真(2)



 (注意:回路図(pdf)記入の電圧値はデジタルテスターにて測定)
 (12AT7のヒータは4-5pin 12.6V )
 (1626のヒータは2-7pin 12.6V )

10)主な規格(参考、取得データ)

1)入力インピーダンス:約100KΩ
2)入力感度:約220mV(0.1W出力時)/約670mV(1W出力時)
3)定格出力:約1.0Wrmsx2 (MAX:1.5W)
4)消費電力:100V 0.3A
5)寸法:200mm(W)x140mm(H)x150mm(D) (突起物は除く)
6)重量:2.8Kg



11):参考文献
1)春日無線のカタログ資料
2)実用真空管ハンドブック(誠文堂新光社)
3)真空管規格表/CQhamradio 2001年11月付録
4)手作り真空管アンプのページ
5)その他。


前に戻る

All right Reserved, Copyright(C)JA1WBY 2006