JA1WBYのアンプ製作記M 
1: おとなのおもちゃ。
ユニバーサル(QRP)アンプの製作 
「題して真空管テスト機」

(6V6,6L6,EL34,KT88等が可能)

2005/02/17 1st up Ver1暫定版
2005/02/23 2nd up Ver3暫定版
2005/03/10 3rd up Ver3完成版
2005/03/26 4st up Ver3一部加筆、誤記訂正

1)まずは(概要)を・・・・!
 TU-870の改造記から始まったアンプ製作(小型のQRP専門)も早や4年が過ぎました。 30ん年ぶりに再開した真空管アンプ製作でしたが「イキオイ」に 任せて作った真空管アンプシリーズが十数回になりました、 小型のシャシYM-200シリーズとしてWEB上にまとめてきました。 そして、手元に残ったのは下記のそれぞれの代表的なAMPとなりました。
1)TU-870の改造機(基板化 & 超3化)
2)ST管(VT-137)の簡易?超3アンプ
3)GT管(6SN7 or 6BX7)差動アンプ
4)300B(名前はHi、値段はLow)アンプ
5)ユニバーサルアンプ(今回の真空管Test機)
と、まあ〜振り返って見れば良く(欲)作ったものだと我ながら感心する。
作って見たかった小型のYM-200シリーズも今回のユニバーサルアンプ(真空管Test機、と言っても聞くのが第一目的だが)の実現で集大成となります?か。
 アンプ製作の基礎知識&ノウハウなどはWEB上で見る方は千人千色?(こんな言葉あるかな?)なのでつたない私が語るよりは、はるかに沢山の資料が市販本&WEBにはありますので今回のアンプ製作シリーズは製作工程?(裏面の実装図公開)に主眼を置いて作成しました。(逆に裏面の実装&配線を見れば製作者の技量まで解るはず。 そして、どこかに妥協の産物?(いやいや失礼、ポリシー)もあるはずだが。)
 この低電源(+B)のQRP機(目標は1W前後)製作シリーズは真空管の標準データが 適用できませんので1種のパイオニア精神(そんな立派なものでは無い、) で実験製作です。その一つには出力トランスのカバー付きの要望、 特注トランスの製作依頼等、メーカ側の最近のアンプ製作者の時代のニーズに こたえたくれたから実現したものもあります。 今回の出力トランスはギャップが狭く20〜30mAが最適とのことなのでまさにこの QRP機には最適です。
製作記録は大事に記録(データベース化)を、そしてWEB公開?です。
(WEBご利用は自己責任です。)

    おもな使用部品 (詳細は回路図を参照)
  • 出力管:6V6,6L6,EL34,KT88等
  • 前段管:12AU7
  • 電源トランス:特注品
  • 出力トランス:KA-5730(春日無線)
  • ケース:YM-200 (200x40x150mm)


 2)*** 製作後の感想 ***
  • 今回の目玉、真空管交換は無調整で簡単で最高
  • 今回もルックスは非常に気に入っています。
    小さいが重量感あふれるまさしく真空管アンプ。
  • 今回も電解コンはシャーシ内に入れ、上は非常にスッキリしました。
  • 音色はやはり5極の3極管化で好きな音色です。
  • 出力は管種によりおよそ0.6W〜1.5W(MAX)位まで。
  • 今回の目玉の真空管交換。管種ごとにう〜ん、ま・・・面白い。愉快。
  • 別々の真空管をさしての試聴には2VRが便利だったかも。
  • Ver01にて特性測定後に、多分?回路変更(実験)の可能性あり。
  • Ver03にて回路変更実施、こちらの方が利得大なので強NF可能。
  • 入力感度はかなり高く実用上充分ですが、
  • 本来の5極管接続に戻してさらにPower UPも可能です。
  • 自己満足度120%。
(注:実験、改造は自己責任です。念のため。)


3)内部の部品配置を。(Ver01)

1)配線を終えたアンプの内部写真。
・ケースは「YM-200」を使用。
・今回も大小のラグ板を利用しています。
・電解コンデンサは今回もシャシー内に取付け、
 ラグ板を使用して安い大容量(390uF)のコンデンサを搭載。
・また、驚くほど少ない部品と見事?な配線。



5)完成の様子

1)完成のアンプ写真。(なぬ?この写真)
・驚くことはありません真空管試験機ですから、朝飯前?。
・かなり重量感あふれた外観に仕上がりました。
・今回も簡単にサイドウッドにしてチョット高級感を演出。
・真空管の輝きもなかなかの雰囲気が出ています。
・こんなの載せると外道と間違えるで下記の写真をどうぞ。


2)完成のアンプ写真。(JJの6V6 GT管)
6V6でもかなりの重量感あふれた外観に仕上がりました。
でもJJのこの赤マーク気に入られるかな?。私なら白がいいな。


3)完成のアンプ写真。(Sovtekの6L6 GT管)
なかなかいい感じ?かなり重量感あふれた外観。
ハカマが無いのも一風の画かな


4)完成のアンプ写真。(JJのKT88 GT管 通称ダルマ)
コチラも独特の雰囲気?の外観に。


5)完成のアンプ写真。(Electro-harmonixのEL34 GT管)
こらこらそんなものまで出してデモすること無いのに たかが1K円の真空管を。これはヒータの点火が見ずらいのでPLが必要かも?。
(出来れば太管の写真が見たいな。)


・回路方式も色々ありますが今回は部品数も少なく簡単に出来ることから 下記の回路にしました。(Ver01)
・ま〜皆さん気にいったスタイルがありましたら再試を。
しかし、自己責任ですぞ。



6)周波数特性とGain (Ver01 EL34使用時)

 L-CH なかなか見事な特性。



 R-CH こちらも見事な特性。

 f特、なんとスナオナな春日の出力トランス。
 そしてま〜使い易い利得かな。



7)回路図 Ver01(参考)
7)回路図 Ver03(参考)
7-2)内 部 写 真 Ver03(参考)
7-2)周波数特性 Ver03(6L6)(参考)

 (注意:記入の電圧値(対GND)はデジタルテスターにて測定)
 (12AT7のヒータは4-5pinと9pinで6.3V )
 (出力管のヒータは2pinと7pinで6.3V )
 (EL34の時はV2 & V4の1ピンと8ピンを接続のこと)

8)部品表(参考)

9)実装図 Ver01(保守用に)
9)実装図 Ver03(保守用に)



10)主な規格(参考、(Ver03 EL34時)取得データ)

1)入力インピーダンス:約50KΩ
2)入力感度:約70mV(0.1W出力時)/約300mV(1.5W出力時)
3)定格出力:約1.5Wrms x2
4)全高調波歪率:2.5%(1KHz 1W出力時)
5)周波数特性(別図を参照)
6)出力波形(予定)
7)DF:20
8)残留ノイズ:1.2mV : リップル:0.5mV以下
9)消費電力:100V 0.3A
10)寸法:200mm(W)x140mm(H)x150mm(D) (突起物は除く)
11)重量:3.0Kg



11):参考文献
1)春日無線のカタログ資料
2)実用真空管ハンドブック(誠文堂新光社)
3)真空管規格表/CQhamradio 2001年11月付録
4)手作り真空管アンプのページ
5)その他。


前に戻る

All right Reserved, Copyright(C)JA1WBY 2005