JA1WBYのアンプ製作記B 

1: VT137(1626)ST管アンプ製作

1)まずは(概要)を・・・・!
なかなか製作意欲が沸かなかった1626(安く購入してあったVT-137)があったが 他の試作用に購入したYM-180ケース(タカチ)を手にして眺めていたら、 もしや これにも載るかも?と急にその気になり作るきっかけとなりました。
秋葉原の春日無線変圧器(有)では6G6G+1626のST管4本の完成品が展示販売されて いましたが、1626(VT-137)の製作記事はあまり見かけませんのでここに、 双3極MT管(6922/6DJ8)+3極ST管(1626/VT-137)のミニAMPの製作資料として 下記のように製作の様子をまとめてみました。
また、やはりミニAMPですのでここは高能率のスピーカー(90db以上)が適しています。 でも BGM程度にはどんなSPでも最適なAMPとして使用できると思います。



 2)***** 製作後の感想 *****
  • まづルックスは非常に気に入った。小さいが重量感あふれるまさしく真空管アンプ。
  • 電解コンはチト、オーバーかな。+Bのリップルは0.5mV以下。
  • 入力感度はかなり低い。入力1VのVR=MAXでも歪まない。
  • 入力の問題はV1を交換すればまた、違う特性が出るが、
  • でもV1(6DJ8)を越すようなHi-Gm管があるのかな?。
  • (ありました6R-HH8 一番Gmの高い球 Gm=16000 u=45。機会があったら試します。)
  • ありました、ありました、だが誰かが買い占めたと言っておりまして捺印消え一本しかありませんでした。でも、これがこのAMPではベストマッチかな。u=45のおかげで出力が約1WにUPしました。 まったくそのままで差換えが出来ます。追試は是非この球が推奨です。
  • [前段6R-HH8/6KN8 + 出力段1626/VT-137がベスト]
  • 参考用に出力波形写真を公開。5/22 追記
  • (このフレーム・グリッド管は本来カスケード使用が最適だとか。)
  • 矩形波の入力では以外と高域まで耐力がある。
  • (TU-870改の6BM8の超3より優秀である。)
  • 音は非常に鮮明で、また以外に低域も出ます。
  • 音色はやはり3極管で期待を裏切らない好きな音色です。
  • 出力はおよそ0.6W?(MAX)
  • 今回の写真の用に2連VRだと左右(音量)のトリミングが必要
  • (今回のV1(6DJ8)はGmのバラツキが結構大きい。)
  • 出力は6BM8超3に比べると小さいが中々のナリップリ?です。
  • 出力トランスはこの大きさで正解?(少々オーバーに見えますが)
  • 今回の構成ではこのケースで最少限の大きさになりますHi。
  • (出力トランスをOUT41-357にすれば更にコンパクト化が可能)
  • V1〜V3のフィラメントの輝きは最高に美しい。
  • 少ない予算で完成するので、是非みなさんの追試を期待。
  • 部品表の一例です。
(注:実験、改造は自己責任です。念のため。)


3)まづは部品配置を。

1)ケースYM-180を眺めて一晩。使用部品と部品配置が大体きまりました。 でもその部品をいかにケースに乗せるかでまた一晩夢枕に。 で、決まったのがこの配置のシャーシ写真。(アルミ板=YM-180)
(このシャーシ加工、簡単と見るか大変だと見るかその人の腕次第、
 オット忘れちゃならない道具も人の腕の内)
でも一番大変(大事)なのは位置どり(寸法出し)です。


機構部品の取付け写真/(クリックで内部写真)




4)組立の様子

配線を終えたアンプ写真(正面)
これ以上は何も載らないキッチリの見事な配置。
自我自賛?。。と言うか余裕が無い。
クロストーク?そんなもの気にシチャダメ、
ミニW(たぶん1W以下)ですから。
それにしては豪華(=大きな)出力トランス過ぎたかな。
ITS-2.5WSはカッコウイイがここには占有面積が大きくてここには載らない。 また、ここで[OUT41-357]を使用してカバーで隠したのではメーカー製の製品と 同じになってしまう、で自作の強みで豪華にフンパツしました。



配線を終えたアンプの内部写真1。
電解コンデンサの取付けには
PT版を使用して安い大容量(合計700uF)のコンデンサを搭載。



配線を終えたアンプの内部写真2。
チョークトランスは一度カバーをバラして端子(コア)を
上下反対にして感電の危険性を低くしている。
また、驚くほど少ない部品と見事な配線。何回も自我自賛するな。。
(だってYM-180のケースでこのがら空きですからね。)
(これなら私にもできま〜すと言う人が多数?いると思います。)




5)完成の様子

 真空管をさして完成のアンプ写真1。(正面)
 かなり重量感あふれた外観に仕上がりました。



後ろ姿?〜ウん。こちらも空き?が無い。




これが最終仕上げの勇姿・・・?の写真。
(放熱孔をあけて、ケース塗装済の写真に更新.5/22)
手製のトランスカバーを取付けてチョット高級感を演出。





6)周波数特性 

 L-CH なかなか見事な特性。



 R-CH こちらも見事な特性。

 f特はやはり出力トランスで大体決まり?。




7)回路図(参考)

 (注意:記入の電圧値はデジタルテスターにて測定)
 (注意:出力トランスの実物は端子です。)
 (6DJ8のヒータは4-5pin 6.3V )
 (1626のヒータは2-7pin 12.6V )


真空管 6RHH8 + 1626 使用時の電圧測定値(回路図) 5/22追加

8):参考文献
1)春日無線のカタログ資料
2)実用真空管ハンドブック(誠文堂新光社)
3)真空管規格表/CQhamradio 2001年11月付録
4)手作り真空管アンプのページ
5)その他。

2003/05/01
2003/06/03 一部の写真差替え


前に戻る

All right Reserved, Copyright(C)JA1WBY 2003