JA1WBY
「6BM8 超3結 ステレオ真空管アンプ
改造パート X」
「FETドライブ用プリント版の製作」
  • FETドライブ版:Test版・非公開版 (2002/08/15)
  • FETドライブ版:初公開版(暫定版) (2002/08/27)
  • FETドライブ版:周波数特性図を追加(暫定版) (2002/08/29)
  • FETドライブ版:正式版 (2002/09/02)
  • FETドライブ版:基板寸法図と写真の追加 (2002/09/05)
  • 特別なお知らせ?。 (2002/09/17日版)

  • 概要
    前回の [TU-870-超3結真空管AMP] の最終バージョン公開で一応改造できることは 全部やってしまいました?。
     そこで今度はドライブ段をFETにすべく新たにプリント版を起こしました。
    これでTRとFETのドライブ(もちろん排他ですが)ができるようにパターンを変更致しました。
    また、L-CHがTRドライブ、
    R-CHがFETドライブと言うようなことの実験も出来ます。
    TRドライブ段は一応前回の回路で完成しておりますのでそのままです。
     さらなる美化の為に基板のアートワークを変更して新規に基板を起こしました。 実装図も別々に書き直してきれいにしました。
     (間違わないように見て下さい。)
    ここにTRドライブとFETドライブ版の汎用PTの完成です。
    今度もFETと平滑コンデンサー容量UPの超3結AMPの音に期待です。

    改造の要点
    1:新規のプリント基板を使用。(新規パターンの開発目的は下記に)
      (FETドライブがメインになるように)
      (大容量の電解コンデンサーのパラレル接続をやめました。保護目的)
      (プリント板の汎用化。FETドライブ or TRドライブが可能に)
    2:D1 整流ダイオードを裏面(パターン面)に実装(パートW参照)します。
     (D1のリードを延ばして、極性を間違えないように。)
    3:汎用PTと言うことで、いくつの配慮がしてあります。
     1)ゲイン?調整、発振防止用に(TU-870の改造では不用です。)
     C01/C11の後に抵抗(RX)が挿入できます(パターンカットが必要)
     2)ゲイン?調整、発振防止用に(TU-870の改造では不用です。)
     V1/V2の3ピン−8ピン間に抵抗が挿入できます。(パターンカットが必要)
     3)電解コンデンサーの整理?
     C6の電解コンは入手し易いプリント板用にしました。
     でも 結構高い値段だッた(@580円)(TU-870の物も使用可能)
     4)ドライブ段の変更
     ドライブ段をTRにすることが出来ます。
     (JP5,JP6の変更。パターンカットが必要)
    4:前回までの記事を参考して戴ければ簡単に完成出来ます。

      
     −−製作後の雑感想?。−− テスト中 
    1:音?は前回のTRと同様に3結の音に。素晴らしい音に。
      繊細な音色、深い余韻が感じられ、又、重低音が増しました。
    2:FET版の入力感度はTRタイプより感度が高い。
    3:また、L-CHをFET版に、R-CHをTR版に試作しましたが左右の音量
      を揃えるにはC11の部分にVRの増設が簡単です。
      そしてRX部分にCを付けました
    4:周波数特性もFET板とTR版では微妙に違います。音の違いは?・・
    5:(追試する人がおりましたら是非ここまでの改造をして下さい。
    決して?。損はさせません。音色で。)
    (でも この電解コンデンサー入手がネックになるかも?。
    このコンデンサーを数十個入手 すべく只今交渉中・・・。)
    先頭の特別なお知らせをご覧下さい。

    6:今回もHPを見る人の立場から軽く開くようにと別の記事にしました。
      また、WEB板は解像度を落しています。


    1)おもな使用部品
    A)電解コンデンサー「390uF-400V」(松下電機(株) 2個 (単価 不明?)
    B)新しいプリント基板(FETドライブ版)(自作)1枚
    C)今回は新規作成ですので部品一覧表を参照して下さい。
      (TRドライブにも変更できます。要パターンカット。)
    (注意:これは組立例です。
    これだけで誰にでも完全動作を保証するものではありません。)
    が プリント基板の真空管AMP製作ですからそう敷居は高くありませんので ご安心下さい。

    2)新規に作製したプリント基板の写真
    グリーンレジスト仕上げのこの高級感!。
    (FETドライブの基板の完成例:余剰部品あり。)

    1)FETドライブ版 (こちらは余剰部品無し品の様子)

    2)TRドライブ版  (こちらは余剰部品無し品の様子)

    3)TRドライブとFETドライブPT版の様子 (参考) 

     プリント板を実装した完成写真


    3)TR or FETドライブのプリント板の版下 図面

    今度はミラー化(鏡像)してありますので
    1:このGif画像をダウンロードして保存します。
    2:そしてその画像をPaint Shop Pro7で開きます。
    3:Paint Shop Pro7で
     EPSONのスーパファイン専用紙( M J A 4 S P 1 )に印刷します。
    (印刷も「きれいに印刷」の方を指定します)
    (縮小36%での印刷で原寸大になると思います。が
     TU-870のケースのネジ穴の間隔を測定して微調整して下さい。
     プリンターによっても微調整が必要。)
    (上記以外の画像ソフトをご使用の方は自分で調整して下さい。)
    (寸法はご自分の実機(TU-870)で確認して下さい)

    プリント板寸法図 (参考)


    4)TRドライブ版 : 回路図  (2002/8/30版に 図面差換)
     (注意1:VR01/VR11の調整方法は回路図の記事と同じです。)
     (注意2:電源投入前にVRを=左いっぱいに回しておく。(反時計回り)
          電源=ONしてV1の2pin電圧を見ながら調整(VRを右に回す)
          (指定のVR使用時です)


    5)TRドライブ版 : 部品実装図




    6)FETドライブ版 : 回路図
     (注意1:VR01/VR11の調整方法は回路図の記事と同じです。)
     (注意2:電源投入前にVRを=右いっぱいに回しておく。(時計回り)
          電源=ONしてV1の2pin電圧を見ながら調整(VRを左に回す)
          (指定のVR使用時です)

    7)FETドライブ版 : 部品実装図


    8)部品一覧表(参考) 

    1:まず TRドライブ か FETドライブにするのかを自分で決めて下さい。
      (注意:若干部品構成が違います)
    2:VR3はTU-870のオリジナルのVRを使用することを推奨。
    3:プリント基板上の部品の高さは33mm以下の物でないと
      ケースに内蔵出来ません。
    4:(注意:この価格で購入できることを保証するものでは有りません。)



    9)FETドライブ版 : 周波数特性 L-CH

    10)FETドライブ版 : 周波数特性 R-CH



    15)参考文献
    1)エレキットのTU-870キットの取扱い説明書

    2)手づくり真空管アンプのページ
    手づくり真空管アンプのページ


    前に戻り

    All right Reserved, Copyright(C)JA1WBY 2002