JA1WBY
2: 趣味の真空管アンプ & オ-ディオ

 こちらの写真付(R)のMENUに変更しました。
(詳細?毒舌?変な?コメント付きの「May備忘録メニュー」)
No,
01
1998-10
目(?)で見るオーディオ
「サンプリングレートコンバータとは?」

MD用(44.1K)のサンプリングレートコンバータの製作記。XTLを交換すれば48K、32Kも可能。
02 1998-10
目(?)で見るオーディオ
[DAC・D/A コンバータとは?」

上記のモニター用に製作したもの。
03 1999-07
[10 Year old time の製作記]
「ビデオ静止画メモリー」

昔のFM-7に静止画を取り込む為に製作した画像メモリ。
04 2001-04
アンプの製作記@
懐かしい真空管アンプ
[KT-88シングルステレオ真空管アンプ]

30ん年ぶりに製作した三栄無線の真空管アンプキット。
12AU7+12AU7+KT88(S)UL接続 直結3段アンプ 5W
05 2001-10
TU-870改造記T
[6BM8超三結・専用プリント基板の製作]

 (2002-8-10 第26回 三土会で披露)
最近、巷(アングラかな?)で少し人気 のある超3結、真空管アンプを作ろうと思うようになりましたが、TU-870のプリント板を切り貼り したのでは芸?が無いと言うことで新規にプリント基板を自作することになりました。 「TU-870改造記X [6BM8超三結・FETドライブ・プリント基板の製作]」の最終版になるまで 思考錯誤が続きます。
プリント基板はTU-870のものと完全に互換(交換可能に)制を持たせて作成しました。
06 2001-10
TU-870改造記U
[6BM8超三結・トランスOUT-54B57追加]

音質の追求の一つに出力トランスの交換を実施。春日無線の「OUT54B57」に交換しました、 これで音は劇的に(私的には)良くなりました。
07 2002-03
TU-870改造記V
[電解コンデンサー660uF増量へ]

さらに超3のメリットを出す為に電源コンデンサーの追加です。 でも、これがPT板に搭載できる小型で大容量の電解コンは市販品では有りませんでした。が 取りあえず市販品で追加です。チョット底ブタが浮いています。
08 2002-06
TU-870改造記W
[6BM8超三結・電解コンデンサー1000uFへ]

チョット底ブタが浮いています。が気になってより完璧の姿にすべく探索継続。 でも、これがPT板に搭載できる小型で大容量の電解コンは市販品では有りませんでした。 あちこち手を尽くして捜している時、松下電器のカタログに丁度良い規格品がありましたので 仕事のつて?でサンプルを取よせ、丁度良いので多量(XX個)に購入(特注品扱い?かな)しました。 個人では到底使いきれないので広く同好の一般の方々に使用して戴くためにオークションで格安にて提供しました。
09 2002-08
TU-870改造記X
[6BM8超三結・FETドライブ・プリント基板の製作]

超三結のドライブ部分にTR使用とFET使用の2通りがありまして、 ここは両方を試して見たくなりまして作成しまたが、結局は私の耳ではどちらが 良いのか結論は出ませんでした。6BM8のカソード電圧の安定度ではFETの 方が断然安定しています。
10 2002-10
自作ケース(MB-5)加工。 FETドライブ・スイッチング電源使用。
[超三極管接続の真空管アンプの製作記・SW電源バージョン版] 

このころアンプ用のSW電源が発売されまして、早速使用して見ました。 このSW電源使用の実験では問題なく完成、動作しましたが、TVの近くに置いた時にSW電源の立ち上がりに TVにノイズが出ました。チョット常用機には向かないなと思います。 市販の真空管アンプにSW電源が未だに登場しないのは(正確には少ないのはです。)この辺? に問題ありかと思います。出来れば収まりの良い立方体でノイズ皆無品の物が 市販され、そのまま電源トランスと置換え可能のときのにSW電源の夜明けとなりますか?。(技術進歩に期待)
11 2002-11
OPアンプ使用:超簡単 5V外部スイッチング電源使用。
[MMフォノイコライザーアンプの製作記 ・T] 

据置きの大きなプリアンプではこのシリーズの小型の真空管アンプには 不つりあいと言うことで簡単なヘッドアンプの実験です。 MM用だけならAMPに内蔵化と言うのも悪くないと思います。 いつかは実現するかも?。
12 2003-01
アンプの製作記A
電池管(3A5)使用:単3電池2本(3V)で動作。
超簡単[3A5(QRP)モバイルアンプ]

コチラは簡単な実験、実用にはほど遠い。
13 2003-05
アンプの製作記B
6DJ8(初段)+1626(VT-137)ST管を使用の簡単2段AMP
 [VT-137 3極管(QRP)シングル・ステレオアンプ ]

簡単な2段AMPの製作。だいたいプリAMP無しで使うことが多い小型のこのAMP シリーズではやはりちょっとゲイン不足であります。 後に解体の運命をたどりました。
14 2003-08
「簡易オーディオアナライザーの製作」 
「Power計 & 歪み率計の製作記」

市販品があるので購入してしまえば簡単だがソコハ暇人?、いや電子工作のHPなのだから ちょっと実験をせねばと。でも実際に作るとなると中々大変だ、が自作することに意義?がある。
15 2003-11
アンプの製作記C
6DJ8(初段+ドライブ段直結)+300B(ST管)使用
[300B 3極管(QRP)シングル・ステレオアンプ]

 (2003-11-22 第41回 三土会で披露)
衝動買いした300Bで「おとなのオモチャ」を製作しましたが誰がこんな回路で 作るだろうか?、だれも思っていないだろうと意表をついたQRP-AMPに仕上げたつもり。 「もの」「音」としては、なかなか良い出来だが私(個人)としてはケースをYM-200に出来なかったのが残念。イツ?かはきっと・・・!。
16 2004-04
アンプの製作記D
12AT7(初段+ドライブ段直結)+1626(VT-137)ST管を使用
[1626 3極管(QRP)シングル・ステレオアンプ]

 (2004-4-26 第46回 三土会で披露)
これは前作のアンプの製作記Bでゲイン不足を感じたので追試したAMP。 Gainもあり、見てくれも良い私の好きな1台。誰にでもお奨めできる(是非とも追試してもらいたい)1品。(器量が良いので嫁いでしまいました。)
17 2004-07
アンプの製作記E
6DJ8(初段)+6DJ8(差動)+6BX7PP(差動)アンプ
[6BX7GT 3極管(QRP)差動ステレオアンプ]

 (2004-9-18 第51回 三土会で披露)
チョット、前から気になっていた真空管の差動AMPの実験。 予備実験では2段AMPではGain不足で3段AMPとなりました。 12AU7,12AT7,6922等の差し換えが可能な1台。チョットアタマデッカチ(PT)が気に 入らないが万能?版(実験)には最適。
18 2004-09
又もや超簡単。1500円のTQWT-SP BOXの実験
[TQWT-SP BOX製作記]

まづ、机上設計(検討)より作るのが先だったSPボックス。 でも、大昔しに処分したJBL、隣の家具屋さんに作ってもらった畳半畳もある超大型、密閉BOX とナショナルの30cm ut'の組合せをチョット思い出した!!!。
19 2004-09
6DJ8(初段)+6DJ8(差動)+6SN7PP(差動)のアンプ
アンプの製作記F [6SN7GT 3極管(QRP)差動ステレオアンプ]

 (2005-1-29 第55回 三土会で披露)
前作のアンプの製作記Eの「チョットアタマデッカチ(PT)が気に入らないが」のリニュア−ル版 として作ったのがこのAMP。 簡単で音も充分満足出きる、6SN7-GT管専用ですがルックスも最高の1品。
アンプの製作記G [6BX7対応・上記FのPT & ヒータ改造後の内部写真]
上記では230VのPT(市販品)を使用していましたがそのPTに190Vのタップを追加した特注品に交換しました。 6BX7対応にAC-DCアダプタ(ヒータ用)を追加しました。
19-2 2010-11
「なかなか便利なのに目立たないのと、
探すのが大変なので単独で見つけ易いようにしました。」
アンプのGain調整自由自在の記事(Pdf版)

アンプの製作記FのGain調整自由自在の記事(Pdf版)
20 2004-10
6DJ8(初段、PK分割)+6BX7PP(差動)(GT管)のエコノミーアンプ
アンプの製作記H [6BX7GT(QRP)差動のステレオアンプ]

いままでは3段構成のAMPでしたが2段でも充分実用になるアンプをと試作したのが このアンプです。Line-OUT(入力)の時はこのAMPで充分です。
又、小出力のモバイル機器からの直接ドライブ(コントロールAMP未使用の時)では 前期Eより小型のこのPT(特注品200V-0-200V 6.3V-2Ax2 6.3V 0.9A)を使用した3段構成 (6DJ8+6DJ6(差動)+6BX7(差動))が私としてのこのシリーズの最終的な理想アンプになります?!
アンプの製作記I [上記Hの初段管6BL8に変更の実験」(WEB未)
初段管を6BL8に交換した実験です。5極管部は6AU6相当、3極管部は12AU7相当 と謳っているまさにこの回路では理想の球です。が上記と大した差異(利得差等)は感じられず、 ま〜実験するほどでも無かったかなと思わせる、と言うことはかえって6922の偉大さにおどろきです。
21 2004-12
アンプの製作記J
6DJ8+6DJ8(直結2段)+300Bアンプ「WEB上のメリークリスマス用に」
[300B 3極管(QRP)シングルステレオアンプ]
22 この灰色枠のAMPは既に譲渡された物です。




2005-01
アンプの製作記K
12AT7(直結2段)+1626(ST管)アンプ
[1626(ST管)アンプ(QRP)シングルステレオアンプ]

春日の新型のカバー付き出力トランスを使用し、 アンプの製作記DのV-up版なのでWEB非公開です。
23 2005-02
アンプの製作記L
6DJ8+12AU7-6SN7(差動)アンプ
[6SN7(差動)(QRP)シングルステレオアンプ]

当初は6DJ8+6DJ8+6SN7で作ったがチョットGainが高いので6DJ8+12AU7+6SN7 の構成に変更して調整しました。 アンプの製作記Eと同様になりますので資料としては残しますがWEBには非公開と なります。
24 2005-02
アンプの製作記M
12AT7+6V6/6L6/EL34/KT88アンプ
[ユニバーサル(QRP)シングルステレオアンプ]

GT出力管のCHKを兼ねたユニバーサルアンプの製作記です。 無調整で真空管の交換を可能としました。とても便利?です。 これでYM-200シリーズの集大成となります?か。
25x 2005-03
アンプの製作記N
「YM-250使用 Noaml版」・(WEB未)

(本格的に6V6,6L6,EL34,KT88等が差換え可能の譲渡用でWEBには未掲載)
26 2005-06
昔はビットレートコンバータ製作でその付随としてDACを製作したが 今回約9年ぶりのDACの再製作。どうせ作るなら2種類のDACで比較を計画、だがよる 歳には勝てず両方とも簡単に作れるキットを使用することにしました。
CDPからDACの製作記。
& ADコンバータの製作記。

(2005-12-7 「手づくりDAC大集合」で披露)
27 2005-07
アンプの製作記O
TEST AMPの製作記(WEB未)

余剰品で作って見ました、QRPのテスト母艦機
28x 2005-10
アンプの製作記P
YM-300 SRPP+300BS ステレオ
300B Noaml版 AMPの製作記・(WEB未)

(本格的に300Bの音が楽しめる譲渡用でWEB未掲載)
29 2005-11
アンプの製作記Q
YM-200 6922-6922-6SN7 (QRP差動)ステレオ
6SN7 (QRP)AMPの製作記・(WEB未)

(回路の見直しをした6922-6922-6SN7譲渡用でWEB未掲載
30 2006-01
アンプの製作記S
12AT7+1626(VT-137)アンプ(初心者必見。とても参考にナルヨ。)
 [VT-137(QRP)シングルステレオアンプ] pdf版

31
2006-02
DAC兄弟の誕生/競演
DACの製作記 [DAC4兄弟をめざして・・・h版]

 (2006-4-15 第70回 三土会でTR-AMP披露)
 配布された4種類のDAC-PT基板使用の組立て&ケーシング写真集と
 自作PT基板使用のトランジスタアンプ製作記。
32x 2006-06
アンプの製作記R
SRPP+6L6WBG-PP ステレオアンプ
6L6WBG-PP Noaml版 AMPの製作記・(WEB未)

(本格的に6L6WBGの音が楽しめる譲渡用でWEB未掲載)
33x 2006-01
アンプの製作記-21
SRPP+2A3-S ステレオアンプ
2A3-S Noaml版 AMPの製作記・(WEB未)

(本格的に2A3の音が楽しめる実験用でWEB未掲載)
34 2006-10:DAi+DACの製作記
DACの製作記V

(自作PT基板でDACに挑戦。本格的に192K/24Bitの音が楽しめます。)
35 2006-11
アンプの製作記-22
SRPP+6B4G-S ステレオアンプ
6B4G-S Noaml版 AMPの製作記・(WEB未)

 (2007-3-17 第79回 三土会で披露)
(3極管の音が楽しめる。WEB未掲載)
36 2006-12
DAi+DACの製作記
DACの製作記D

 (2006-8-12 第73回 三土会で披露)
(オール自作PT基板でDACに挑戦。本格的に192K/24Bitの音が楽しめます。)
38 2007-05
アンプの製作記-23
6V6pp アンプの製作記-V1

 (2007-5-19 第81回 三土会で披露)
(YM-250・オール自作半導体ドライブPT基板で6V6ppに挑戦。)
39 2007-06
アンプ用電源の製作記-24
簡易アンプ用電源の製作記

(小さなアンプ製作に自由に試作できます。)
40 2007-07
アンプの製作記-25
6BQ5pp アンプの製作記

 (2007-7-21 第82回 三土会で披露)
(YM-200・オール自作半導体ドライブPT基板で6BQ5ppに挑戦。)
41a 2007-09
SP-BOXの製作記。
 更新 2007-12-08
20cm u't使用のSP-BOXの製作記

(小型のSP-BOXでいかに実用的に出来るか?に挑戦。)
41b 2007-10
アンプの製作記-26
6V6pp アンプの製作記-V2

(小型のYM-200シャーシにGT管pp,オール自作半導体ドライブPT基板で挑戦。)
42 2007-10
トーンコントロール-BOXの製作記-1
NF Type T-cont u'tの製作記

(自作のPT基板を使用していかに簡単に出来るか?に挑戦。) (2007.11.15更新)
43 2007-11
トーンコントロール-BOXの製作記-2
DAC & プリアンプの製作記

 (2007-12-15 第87回 三土会で披露)
(24Bit 192K-DAC & 自作のPT基板TCをケーシング。) (2007.12.03更新)
44 2008-01
アンプの製作記-27
「ともしび(ヒータ)の見えるアンプ」
VT-137pp アンプの製作記

 (2008-2-16 第89回 三土会で披露)
(小型の送信管VT-137pp,オール自作半導体ドライブPT基板で挑戦。)(2008.1.23更新)
45 2008-03
F1242A DACの製作記
F1242A-DACの製作記

(24Bit 32K〜192K-DAC) (2008.03.11更新)
46 2008-04
アンプの製作記-28
「ともしびの見えるアンプ」その2。
「P-12」シルバー色バージョン
VT-137pp アンプの製作記

(小型の送信管VT-137pp,オール自作半導体ドライブPT基板で挑戦。)(2008.4.23更新)
47 2008-05
「超格安SP-BOX」の製作記。
「2WAY」バージョン
超格安SP-BOXの製作記

(SP-BOX DIYに挑戦。)(2008.5.17NEW)
48 2008-12
アンプの製作記-29
「ともしびの見えるアンプ」その3。もっと光を!
「P-11」シルバー色バージョン
VT-25s ステレオアンプの製作記

(小型の三極管VT-25s,オール自作半導体ドライブPT基板で挑戦。)(2008.12.15NEW )
49 2009-03
アンプの製作記-30
「手軽に作れるPPアンプ」
「P-12」シルバー色バージョン
6V6pp ステレオアンプの製作記

(汎用?の小型GT管6V6pp,オール自作半導体ドライブPT基板で)(2009.03.31NEW )
50 2009-xx
アンプの製作記-31
「手軽でないPPアンプ」「P-11」シルバー色バージョン
VT-62pp ステレオアンプの製作記 工事中

(懐かしい小型ST管VT-62pp,オール自作半導体ドライブPT基板で)(xxxx )
51 2009-05
アンプの製作記-32
「手軽に作れるPPアンプ」
「P-12」シルバー色バージョン
UY-56pp ステレオアンプの製作記

(2009-8-15 第105回 三土会で披露)
(懐かしい小型ST管56pp,オール自作半導体ドライブPT基板で)(2009.05.15NEW )
52 2009-06
アンプの製作記-33
「プリント基板で手軽に作れるヘットホンアンプ」
HPA 2種類の実験記

(ここではPT基板化で作製)(2009.06.16 NEW )
53 2009-06
アンプの製作記-34
「プリント基板で手軽に作れるLine AMP & ヘットホンアンプ」
VU-Meter付 HPA & Line AMPの実験記

(2009-8-15 第105回 三土会で披露)
(PT基板化で作製)(2009.06.23 NEW )
54 2009-11
アンプの製作記-35
「手軽でないPPアンプ」「P-11」シルバー色バージョン
VT-62pp ステレオアンプの製作記

(懐かしいトリタンの小型ST管、VT-62pp,オール自作半導体ドライブPT基板で)(2009-11)
55 2010-01
アンプの製作記-36
「OTL AMPを手軽に実験」
QRP 6082Wx2 OTLステレオアンプの実験記

オール自作半導体ドライブPT基板で)(2010-01)
56 2010-06
「QRP : OTL-AMPの製作-37(追試)」
QRP : 6082WBx4 OTLステレオアンプの製作記

自作のPT基板で)(2010-06)
57 2010-06
「QRP : VT-137s-AMPの製作-38」
ミニワッタ:12AT7+VT137 ステレオアンプの製作記

平ラグ板使用で)(2010-07)


2010-11
「QRP : VT-137s-AMPの製作-38-2 上記を3段アンプに改造」
高Gainミニワッタ:12AU7+VT137 ステレオアンプの製作記
(i-podからでも鳴らせる(QRP)ステレオアンプ)
58 2010-09
「QRP : VT-137ss-AMPの製作-39」
2SK3301+VT-137pp Mono AMPの試作記

(PT基板使用で)(2010-07)
59 2010-11
「ぺるけ@式「ラインアンプ兼ヘットホンアンプU」
(ラインアンプ兼ヘットホンアンプUのケースIN)

(自作PT基板使用で追試)(2010-11)
60 2011-01
「ぺるけ@式「平衡型ヘットホンアンプV1」
(平衡型ヘットホンアンプV1の製作記)

(Ver3 ができましたのでWEBは削除しました。2011-01-29)

2011-01
「ぺるけ@式「平衡型ヘットホンアンプV3」
(基板改良版:平衡型ヘットホンアンプV3の製作記)

(自作PT基板使用で追試Ver3)(2011-01-29)
61 2011-02
「懐かしいST管で作るCSPPアンプ」
(6F6G-ST使用のCSPPステレオアンプ)

(自作PT基板使用)(2011-02)
62 2011-04
「h_fujiwara」の「電子VR使用のヘットホンアンプV1」
(NJW1159電子VR使用のヘットホンアンプV1の製作記)

(7seg-LED自作PT基板使用で追試)(2011-04-10)
63 2011-08
「実用になるか?、DC/DCコンバータ使用の6DJ8ppアンプ」
「DC/DCコンバータ使用の6DJ8ppアンプの実験記」)

(自作のDC/DCコンバータPT基板使用)(2011-08-25)
64 2012-06
「完成なるか?、全段差動アンプ」
「ES9018DAC&全段差動アンプの実験記」

(自作のPowerPT基板使用)(2012-06-xx)
65 2013-12
「アナログメータ使用のACミリボルトメータ(測定器)」
(AC mV測定器・ぺるけ式のアダプタにもなるの製作記)

(乾電池で動作のポータブル用)(2013-12)
66 2014-09
「静かに?、Aki-DACの製作記」
「Aki-DAC+トランス=アンバランス+バランス出力」)

67 2014-09〜
「最後のFN1242-5 DACの製作記」
「FN1242-5DAC+アンバランス+バランス出力」)

68 2015-01〜
「のんびりと、srpp300B-AMPの製作記」
「-SRPP-300Bs-AMP-V2 制作記」

69 2014-09
「静かに?、input-selcter-v1の製作記」
「input-selcter-v1 制作記」

70 2014-11
「静かに?、00-amp-selctor-v1の製作記」
「amp-selctor-v1 制作記」

71 2014-11
「FET-SADOU-AMP-V3の実験記」
「FET sadou-AMP-v3 実験記」

72 2015-07
「DigiFi-DACのケースINの製作記」
(付録基板のケースの製作記)

73 2016-03
「IC+TR-AMPのPT基板の製作記」
(IC+TR-AMPのPT基板の製作記)

74 2016-03
「FET+TR-AMP(HPA)用のPT基板の製作記」
(FET+TR-AMP(HPA)用のPT基板の製作記)

Home Page Topへ