JA1WBY
「Win版スペアナGigaSt Ver V」組立記
2004年10月05日 KIT予約完了
2004年11月17日 KIT到着
2004年11月19日 組立て、バラックで完成
2004年11月21日 ケース入れの工作
2004年11月21日 (WEB暫定版)
2004年11月22日  画像縮小
2004年11月22日 1st UP(HP-暫定版)
2004年11月24日 2nd UP(暫定版、一部加筆)
2004年11月26日 3rd UP(完成版)
2004年12月06日 4st UP(完成版、誤記訂正)

1)まずは概要を・・・・!
これは忘れないようにと、 Giga-Siteさんのパソコン(DOS/V機)使用のキット 「Windows版スペクトラム・アナライザーアダプタ」(第3世代) の製作時の様子をまとめた製作記録です。
(詳細は参考文献のGiga SiteさんのHPをご覧下さい。)
(現在はWin版のKit予約終了のアナウンスが出ていて寂しい限りですが、
また、いつか再開されるものと期待致します。)

 前回(Ver2)はまだ大丈夫と思っていたら好評で突然に予約終了してしまったので、 今回は10月4日に配布のアナウンスがありましたのでその日に予約を入れました。  今回も大好評で下記のようにアナウンスされています。
下記は、大好評を示す資料?のひとつです。
 ・・・予約日と予想納期・・・
予約日     予想納期
10月05日  現在フォロ−中です
10月06日  2004年 12月中より
10月07日  2005年  1月中より
10月09日  2005年  2月中より
10月13日  2005年  3月中より
10月25日  2005年  4月中より
・・・2004年10月29日 現在となっています。・・・
今回のメイン基板は両面PTのグリーンレジスト付きの綺麗なPT板です。 さらに驚くのは前回(Ver2)のRFユニットは中味の改造でしたが今回は 中のPT板までがオリジナルになっていまして驚きの連続です。 TGまでもオリジナルのPTが使用されているみたいで個人では中々 ここまではできません。また高度の技術と、もの凄〜い労力とサービス精神が無ければ この値段では出来ない配布です。(青山さんに感謝、感謝。是非とも体を壊さないように。)
上記の配布スケジュールが理解できます。



2)今回送られて来た主な部品の写真です。
 まずはPT板、なんとスマートなこと。Ver 3.2


 そしてRFユニット(青山氏特注品)。上からSP2、SP1,TG


 左から小物部品(IC等)、POWER-DC-ADP、RS232Cコード。


 A4の用紙に綺麗に貼られたチップ部品。
(でも梱包が厳重すぎてバラスのに大変なものもあった。)



3)プリント基板に小型部品を取り付けた写真。
 (1:今回は独自にRS232C用のICにもICソケットを使用しました。
 (2:今回は独自にC108はリード線ピッチの合う物に変更しました。


 プリント基板の裏にチップ部品を取り付けた写真。
(なにやら中ほどにキズが?、いやいやSP2固定用のレジスト剥離です。)



4)そしてPTの組立ての写真(通称バラック)。
今回はRFユニットのツメを切断してRFユニットをPT板に直付けしました。
(PT板のこの部分は今回はうまい?ことに半田メッキ仕上げとなっていました。 RFユニットをPT板に直接半田付けしたのでバッチリ固定しています。
この半田仕上げ部分は多分なんらかの意識(予定?)があってのことなのかな。両面基板なので裏面までレジストが外れていればRFユニットのツメを折らずに穴明けにも対応できたと思いますが?。 今回は裏面のレジストを除去するのが大変なのでPT板の上面で半田付けです。)


PT板の組立てから完成までわづか1〜2時間たらずの時間ですが動かなかったらどうしよう?、でも直付けなのだから ?どうしようもない〜な。と、とても長い長い不安との葛藤の時間です。 でも、Ver2が無ければ多分この決断(直付け)は出来なかっただろうな。
そしていよいよ火入れです。
ヤッタ〜い。メデタシめでたし。完成
後はゆっくりと箱づめ?といきましょう。

5)まずケース探し?。完成写真。
なかなか手ごろの箱が見つかりません、WEBでカタログ探し、ん〜便利な時代に なったものだ。 色々探してやっと見つけたのが下のシャーシ。
タカチの「MB-12」 840円(100x65x200mm)
これは安〜い。エコノミスト向けにぴったり。

下記の補助金具を作成してシャーシの底面には穴を明けないようにしました。 これで後面以外はネジ穴無しで完成です。
安いわりには、う〜んなかなかカッコいいワイ。

A)補助金具 その1
 前面のサポート用に作成した苦心の(特殊)L金具


B)補助金具 その2
 こっちは簡単、後面のサポート用(普通の)L金具
 (PTに取り付け済み、2個)


C)補助金具? その3
 今回はPT板固定に底板との間に間隔管を使用しません。
 PT板は前面の自作のL金具と後面のL金具で固定。
 実際は隙間が充分あるので大丈夫だが保険?のために
 プリント板の絶縁用に秋月の片面PTを両面テープで2段重ね。



6)蓋をして完成の写真
中味が見えないのは何とも味気ないことか。(なぬ?中味も見たい?

1)取りあえず簡単にラベルを印刷して・・・そのうち?透明ラベル用紙に。
2)また、一段落したら電源も内蔵かな?・・・。

 
7)PC/ATの動作写真


8):参考文献

1:Giga-Siteの簡易スペアナ・アダプターの添付の説明書

2:Giga-Site (青山)さんのホームページ

3:その他


前に戻る

All right Reserved, Copyright(C)JA1WBY 2004