JA1WBY
「Win版スペアナGigaSt Ver W」組立記(速報版)
2005年07月12日 KIT予約完了
2005年08月07日 KIT到着
2005年08月10日 Kit不足部品到着
2005年08月11日 組立て、バラックで完成
2005年08月12日 1st UP(HP-暫定版)ケースin
2005年08月16日 2nd UP 一部修正&追加
2005年10月10日 3rd UP 測定波形追加

1)まずは概要を・・・・!
これは忘れないようにと、 Giga-Siteさんのパソコン(DOS/V機)使用のキット 「Windows版スペクトラム・アナライザーアダプタ」(第4世代) の製作時の様子をまとめた製作記録です。
(詳細は参考文献のGiga SiteさんのHPをご覧下さい。)
今回も大変な盛況で早くも8月6日に予約終了のアナンスが出ています。


下記は、大好評を示す資料?のひとつです。
 ・・・予約日と予想納期・・・
予約日     予想納期
7月12日  現在フォロ−中です
7月13日  2005年08月末
7月16日  2005年09月末
7月19日  2005年10月末
7月25日  2005年11月末
7月30日  2005年12月末
8月05日  2006年01月末
・・・2005年08月10日 現在となっています。・・・

今回のメイン基板は前回同様の両面PTのグリーンレジスト付きの綺麗なPT板です。 さらに驚くのは前回(Ver3)のRFユニットは中味の改造でしたが 今回はRFユニットのケース(箱)から中のPT基板までがオリジナルの自作品になっていまして驚きです。
SP(スペアナ)、TG(OSC)のユニットが自作品になったおかげでSPユニットが1個になり、また各ユニットが水平置きになってぐっと小型のケースに入るようになりました。
 Gigastさん、なにやら凄い思い入れですね、普通はここまではできません。また高度の技術と、もの凄〜い労力とサービス精神が無ければこの値段では出来ない配布です。 (今回も青山さんに感謝、感謝。是非とも体を壊さないように。)
上記の配布スケジュールが理解できます。



2)今回送られて来た主な部品の写真です。
箱はインパクトのある真黒い外箱のユーパック(230x160x70mm)
その中味は、まずはPT板、なんとスマートなこと。基板はVer 4


左からSP,TG,PT,RS232Cコード,小物部品袋(IC等)、POWER-DC-ADP。


A4の用紙に綺麗に貼られたチップ部品類。


小物部品袋(IC等)の中味。
今回はノイズ発生器用の小さなPT(左下)も添付しています。


新たらしくなった各ユニット。
上からTG、SPユニット
(これはGigast Ver4の心臓部?。
 PTの完成後にはユニットの内側は見えない。)




3)プリント基板に小型部品を取り付けた写真。
 (1:今回は独自にRS232C用のICにもICソケットを使用しました。)



4)そしてPTの組立ての写真(通称バラック)。
今回は各(RF)ユニットが水平?取り付けになったので今までとは雰囲気が違います。
今回はユニットをPT板に直接半田付けするしか選択の余地はない?。 そしてRFユニットのケースもMain基板に半田付です。


前面。何とスマートなスマイル。
ケースは(PT=150x108x22(H)mm)これより大きければ良い。


前回悩んだ、(PT板の組立てから完成までわづか1〜2時間たらずの時間ですが動かなかったらどうしよう?、でも直付けなのだから?どうしようもない〜な。と、とても長い長い不安との葛藤の時間です。)直付だが今回は悩むことは無かった、それしか方法が無いのだから。
そしていよいよ火入れです。
ヤッタ〜い。メデタシめでたし。完成。
だが、その葛藤しなかった分だけ喜びも小さい。

が後はゆっくりと箱を探すことにしましょう。



5)まずケース探し?。そして完成写真。
今、急にはなかなか手ごろの箱が見つかりません、 GigastさんではTC-113を推奨していますがすぐには簡単には手に入りません。 で しかたなく手持ちの MB-4(タカチ740円 110x150x65mm)を加工して使用することにしました。 取り合えずの仮箱となるか?、本命箱?となるかは出来上がり次第です。
1)今回も下記の様にネジ、金具を一切使用しないでケースの加工だけでPT基板を固定して作成できました。
2)安い箱のわりには、「う〜んなかなかカッコいいワイ。」
3)我ながら関心、これなら本命箱だ。
4)多分誰もやらないだろうな、こんな窮屈な最小寸法。
こんなに小さくなって、更に性能UPとは素晴らしい「もの」に出あえた ことに感謝です。

A)まずは正面から。
(ケースはMB-4の苦心?の加工品(高さ約30mmに切断)です。)


B)前面から。
(通電してLEDの確認?)
LEDはPTバラック時の確認用と、ケース用と2個になりました。


C)横から。
苦心の無理やり?のケース加工もバッチリ決まったようです。
電源SWはあとから追加かな。



6)蓋をして完成の写真
中味が見えないのは何とも味気ないことか。
私もあの高価?なGigastプリント基板が見えないのはチョット寂しい?。

1)取りあえずラベル無しだが・・・そのうち?透明ラベル用紙に印刷して。
2)また、これも一段落したら電源も内蔵かな?・・・。

 
7)PC/ATの動作写真
(まあ〜何を見たのか内緒、でもfから解るね。)


7)-2 測定写真追加 (2005/10/10)


8):参考文献

1:Giga-Siteの簡易スペアナ・アダプターの添付の説明書
2:Giga-Site (青山)さんのホームページ
3:その他


前に戻る

All right Reserved, Copyright(C)JA1WBY 2005